--- アンティーク・エピソード ---ポールポワレ(Paul Poiret)からギャルソンヌルックへの変遷

20世紀初頭のパリファッションは「ポールポワレ」を抜きに語ることはできません。
ポールポワレ(paul poiret)20年代初頭に活躍したファッションの王様です、。
1879年にパリに生まれ、1901年からオートクチュールの創始者であるウォルトのメゾンに入ります。
1903年、自身のメゾン、「ポール ポワレ(Paul Poiret)」を設立。
1910年代にかけて多くのデザイナーや技術者を組織化して、女性用ズボン、香水、プリント地、カーテンなどのデザインをプロデュースしていきます。

ポールポワレが提唱していたファッションは、コルセットから解放された、自然な体にあう服。
自然なままの肉体(プリミティブ)を想定して、旧来より大胆で自由な色や形で洋服を作って、名プロデューサーとなったのです。
1911年には、動きやすさを追求してデザインした「キュロットスカート」を発表。
その他、ランプシェード型のチュニックなど次々と革命をもたらします。

下記はイラストレーターPaul Iribeが描いた「ポールポワレのドレスより(from Les Robes de Paul)」の挿絵で、1908年に描かれたものです。
ちなみにPaul Iribeは一時期ココシャネルの恋人でもありました。
ポールポワレ

第一次世界大戦画終わると、第一次世界大戦によって外へ働きに行くことを強いられた女性たちは、大きな社会進出を遂げます。
1920年代になるとファッションは更にモダンになり、ポールポワレの打ち出していたファッションもコルセットを外したとは言え、機能性の面でやや時代遅れとなっていきます。
「ギャルソンヌルック」と呼ばれる、より大胆でモダンなファッションに変化していきます。
長い髪は耳下で揃えられます。
変化したのは髪型だけではなく、女性のファッションが大きく変化します。
お洋服はもちろんのこと、この時代に多く作られたのが女性の化粧小物や喫煙道具、バッグ等。

1920年のピアスは、たいてい縦長でストンと落ちるスタイルのものが多いです。
これはもちろん当時のお洋服や流行と関係しています。
ピアスが長くなったのは、髪が短くなったから。
当時のウエストラインを落としたストンとしたドレスに、髪はボーイッシュに短く、ピアスで首元を主張するのが粋でした。
下記は当店で販売済みのアールデコのピアス(1920年代)。
クリソプレーズとダイヤモンドの超ロングピアス(1920年頃フランス、クリソプレーズ、18金ゴールド)

ネックレスもやはり長くなり、ペンダントや飾り房をつけて長さを出すことをしていました。

ところで20世紀初頭以前はまだ写真がありません。
それゆえ、ファションプレートといういわばファッションの挿絵を描くプロがいました。
雑誌ができる前は、こうしたファッションプレートが新聞に掲載され、お洒落な上流階級はそれを切り取ってスクラップにしていたそうです。
20世紀初頭からアールデコにかけてのモダンファッションを知るのに、ジョルジュ・バルビエのイラストはお薦めです。

下記はジョルジュ・バルビエの1912年のイラストです。
ジョルジュバルビエとは当時のイラストレーターで、当時の著名なファッション誌(ガゼット・ドゥ・ボントン、1912-1925年発行)にファッションプレートを描いていました。

ジョルジュ・バルビエ

1920年代に入るとジョルジュ・バルビエのイラストもよりボーイッシュでアールデコの影響が強く出たファッションになっていきます。
下記は1920年頃のファッションを描いたバルビエの「Les Belles Sauvagesses de 1920」。
20世紀初頭のファッションの変遷を感じることができますね。

ジョルジュ・バルビエ

関連商品

Antique Jewelry シェルシュミディ[Cherche Midi]

シェルシュミディで取り扱うアンティークジュエリーは、全てオーナーが直接フランス、イギリスを主としたヨーロッパで買い付けてきたものです。

シェルシュミディ情報発信

メールマガジン
新着ジュエリー&セール情報をいち早くお届けします
オーナーブログ
シェルシュミディのオーナーブログ。買い付けの様子など
インスタグラム
新着ジュエリーをいち早く写真でご紹介
facebook
買い付けたジュエリーを現地からリアルタイムでご紹介
アンティークエピソード集
アンティークジュエリーを購入する上で知っておきたい知識
シェルシュミディ 住所:京都府京都市上京区仲之町276番地D4 電話:075-406-5462
© 2018 Cherche Midi, All Rights Reserved.