--- アンティーク・エピソード ---男性にも愛されるアンティークジュエリー

現代では、「ジュエリー=女性向けの市場」というイメージが強いですが、ジュエリーは西洋において、18世紀までは男性のものでもありました。
男性が宝飾品を身につけるということは、権威の象徴だったのです。
女々しいことではなく、むしろ地位と男らしさを表すものでした。
その証拠にフランソワ1世やナポレオンなどの昔のフランスの権力者たちの肖像画には、かならずといってよいほど金や豪華な布が一緒に描かれています。
アンティークジュエリーは現代モノのジュエリーに比べて落ち着きがあり、男性でもコツをつかめば楽しんでいただける奥深い世界です。
男性にお薦めのアンティークジュエリーとしましては、そもそも男性用に作られたシュバリエなどのアンティーク指輪。
あるいは1930-40年頃に女性用でも少し大きめの指輪が作られますから、そうしたものを着けていただくのも洒落ています。
日本の男性は指が西洋人と比べますと細く、少し大きめのアールデコの指輪はとてもよく合います。
またペンダントもあまり甘すぎないモチーフのもものは男性にもお使いいただけます。
宝石でいいますと青色が爽やかなブルーサファイヤや、またガーネットは身につけると社会的に出世するとも言われた宝石ですのでお薦めです。
アンティークのガーネットは実に色々な色合いがありますので、ピンクなどではなく少し濃い目の赤色のガーネットを選んでいただけましたら、違和感なくなじみます。
実際に当店ではロケットペンダントやカフスボタンなども男性のお客様がご自分用にご購入してくださったケースがいくつもございます。
色々迷われる方は是非お気軽にご相談ください。

関連商品

Antique Jewelry シェルシュミディ[Cherche Midi]

シェルシュミディで取り扱うアンティークジュエリーは、全てオーナーが直接フランス、イギリスを主としたヨーロッパで買い付けてきたものです。

シェルシュミディ情報発信

メールマガジン
新着ジュエリー&セール情報をいち早くお届けします
オーナーブログ
シェルシュミディのオーナーブログ。買い付けの様子など
facebook
買い付けたジュエリーを現地からリアルタイムでご紹介
アンティークエピソード集
アンティークジュエリーを購入する上で知っておきたい知識
シェルシュミディ 住所:京都府京都市上京区仲之町276番地D4 電話:075-406-5462
© 2018 Cherche Midi, All Rights Reserved.