ベルエポックゴールドブレスレット(ローズカットダイヤモンド)

ベルエポック時代の正統派デザイン フランス、ベルエポック時代の特徴がよく出たブレスレットです。
ベルエポック時代には、都会的でありながら、過去のフランスの宮廷ジュエリーの伝統を受け継いだ王道を行く貴族的なデザインのジュエリーが好まれました。
私が個人的に現代の日本女性に最も似合うアンティークジュエリーを見つけやすいと思うのが、このベルエポック時代のフランスのジュエリーです。
前世紀より都会的なデザイン、そして宝飾技術の進化に伴い現代生活でも気を使わずお使いいただけるジュエリーが多いのです。
メインモチーフ部分の形が立体的です。
2つのトライアングルのパーツをパズルのパーツのように、組み合わせています。
ゴールドの線を捻り曲げることで作り上げています。
ゴールドの線はかなり太さがありますのが、中は一部空洞になっています。
実際、見た目よりは軽量です。
堅牢さを出しながらも、重過ぎないところも着けやすいです。 プラチナ製の星の台座] ブレスレットの各モチーフの真ん中が星の形になっていて、この部分が何とも言えず可愛いです。
星の台座には、当時実用され始めたばかりのプラチナが用いられています。
その真ん中に小さなローズカットダイヤモンドがセットされていて、「夜空に浮かぶ星」のようです。
ゴールドのパーツを7つつなげていて、すべてにこの星の台座とダイヤモンドがセットされています。
どこを見ても可愛いブレスレットですし、このようなゴールドのチェーンブレスレットでここまで手をかけて宝石をセットしている例は珍しいです。
1900年頃のフランス製。
18カラットゴールド。
現状長さが19.5センチと、かなり長めです。
お客様の手首の長さによりますがモチーフを1つだけとり、18カラットゴールドのパーツを上部につけてお揃いのペンダントを作ることも可能です。
ご相談ください。

  • 幅:195mm 
    重量:11g
    商品の状態:良好
  • 販売価格:341,000円(税込み)

ベルエポックゴールドブレスレット(ローズカットダイヤモンド)

  • 2つの三角パーツを入り組ませ、その交じる所に星型の台座を置いてます
  • 立体的でゴールドワイヤーの隙間から素肌が見えて着けた時一層美しいです
  • プラチナの星型の台座の外側にはミルグレインが打たれています
  • モチーフの間をつなげるパーツも面白い立体的な形です
  • フランス18金の刻印あり
  • ベルエポックゴールドブレスレット(ローズカットダイヤモンド)
  • ベルエポックゴールドブレスレット(ローズカットダイヤモンド)
  • ベルエポックゴールドブレスレット(ローズカットダイヤモンド)
  • ベルエポックゴールドブレスレット(ローズカットダイヤモンド)
  • ベルエポックゴールドブレスレット(ローズカットダイヤモンド)
  • ベルエポックゴールドブレスレット(ローズカットダイヤモンド)
  • ベルエポックゴールドブレスレット(ローズカットダイヤモンド)
  • ベルエポックゴールドブレスレット(ローズカットダイヤモンド)
  • ベルエポックゴールドブレスレット(ローズカットダイヤモンド)
  • ベルエポックゴールドブレスレット(ローズカットダイヤモンド)

小さな写真をクリックすると大きな写真が切り替わります。

 

ベルエポックゴールドブレスレット(ローズカットダイヤモンド)

341,000円  [通販価格:税込]
送料無料!

アンティークエピソード

ベルエポック時代のアンティークジュエリー

ベルエポック時代とは ベルエポック時代はフランス語でよき時代(Belle epoque)という意味です。
厳密には1910-1914年の5年間を指しますが、もっと広義に19世紀末から第一次世界大戦勃発(1914年)までのパリがもっとも繁栄した華やかな時代とその文化を回顧して使われることもあります。

戦争のない平和な時代で、商業は隆盛して社交界は夜毎パリをにぎわすまさにその名の通り美しい(belle)時代(epoch)でした。
ベルエポック時代のフランスの隆盛は、「フランスの奇跡」とまで言われています。
と言いますのも、この頃フランスは先の敗戦(普仏戦争)から10年ちょっとしか経っていないのです。
しかし既に敗戦を忘れるぐらい明るさを取り戻していました。

ジュエリーを持つ社会的階層としては従来からの貴族層に加えて、産業によって富を得たブルジョワ層が入ってきます。
ベルエポック時代のジュエリーには、こうしてパリを中心に洗練された都市文化を謳歌していたブルジョワジーたちの好みが反映されるようになります。

ベルエポックゴールドブレスレット ローズカットダイヤモンド

ベルエポック時代とアールヌーボー ベルエポック時代のフランスは、伝統固守と革新志向が混沌と共存しています。
若く革新的なアーティストたちがナンシーを中心に「皆のための芸術」という新芸術運動(アールヌーボー)を起こしていたのに対し、当時のパリの貴族やブルジョワ層は、18世紀末のマリーアントワネットなどの貴族スタイルに憧れを抱いていたのです。

一方のアールヌーボーのジュエリーは芸術性の高い、ある意味で実験的な装飾様式といえます。
有機的なラインやアンシメトリーなラインなど、時代としてはベルエポック時代に属しますがまるでその真逆をいくような先鋭的なデザインと職人を中心とした動きがその本質です。

アールヌーボーの工房が現在の「デザイナージュエリーブティックの先駆け」で、グランメゾンが現在の「ブランドブティックの先駆け」だったと言えます。
デザイナーブティックが斬新で奇をてらったようなデザインを追及したのと対照的に、グランメゾンは、その正当性を活かした正統派の貴族的な大ぶりのジュエリーを得意としました。

アールヌーボーを除けば、ベルエポック時代に作られたアンティークジュエリー、中世ルネサンススタイルとガーランドスタイルの貴族的な影響が残る、むしろ古典的なものでした。

下記はベルエポック時代のガーランド模様のペンダントネックレスです。
貴族的でエレガントな美しいラインが特徴的です。
ベルエポック時代のアンティークジュエリーは、アンティークならではの細工の細やかさや素材の良さに、こうした都会的なセンスの良さが加わり、現代女性にもとても着けやすい垢抜けたジュエリーが多いです。

エンジェル(天使)エナメルゴールドペンダント(取り外し可能ブローチ)

リュシアン・ファリーズ(Lucien Falize)
ベルエポック時代を代表するジュエラーに、リュシアン・ファリーズ(Lucien Falize)がいます。
リュシアンは当時の偉大な宝飾芸術家ファリーズ家の2代目。
伝統的な貴族スタイルを好んだベルエポックの傾向の例に漏れず、中世色の強いジュエリーを残しています。
下記は数年前にササビーズに出展された、リュシアンファリーズの1880年頃の作品です。

リュシアンファリーズ

ベルエポック時代のゴールド
ベルエポック時代のアンティークジュエリーのゴールドは特徴的な色をしているものを見つけることがあります。

あえて言えば「18金イエローゴールド」になるのですが、今日のイエローゴールドとピンクゴールドの間ぐらいの明るめのイエローゴールドの色です。
この特徴的なゴールドの色を「ローズゴールド」と呼ぶ人もいます。

アンティークゴールドの色味は現在のゴールドと色あいが微妙に異なることが多いです。
これはなぜかと言いますとアンティークジュエリーでは、度々工房で金の調合まで行っていたからです。
そのジュエリーにあわせて同じイエローゴールドでも少しピンクを強めにしたり、ホワイトゴールドがグレイ帯びていたり、まさにゴールドの調合からオーダーメイドで作られていたのです。

サンジャック貝(帆立貝)アンティークゴールドロケットペンダント

アンティークエピソード集のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×

Antique Jewelry シェルシュミディ[Cherche Midi]

シェルシュミディで取り扱うアンティークジュエリーは、全てオーナーが直接フランス、イギリスを主としたヨーロッパで買い付けてきたものです。

シェルシュミディ情報発信

メールマガジン
新着ジュエリー&セール情報をいち早くお届けします
オーナーブログ
シェルシュミディのオーナーブログ。買い付けの様子など
facebook
買い付けたジュエリーを現地からリアルタイムでご紹介
アンティークエピソード集
アンティークジュエリーを購入する上で知っておきたい知識
シェルシュミディ 電話:050-5361-7915
© 2018 Cherche Midi, All Rights Reserved.