モンタナサファイヤ アンティークゴールドバングルブレスレット(アメリカ)

アメリカのアンティークバングルブレスレット 金細工の美しいアンティークバングルブレスレット。
見たところフランスあたりのヨーロピアンジュエリーに見えますが、こちらは休暇中にアメリカで入手しましたアメリカのアンティークジュエリーです。
製作されたのは1920年頃だと思われます。
アメリカでも20世紀初頭以降は美しいジュエリーの数々が作られていますが、これらのほとんどは当時ヨーロッパからアメリカに渡った職人らによって作られています。
そうした事情でデザイン的にもヨーロッパのジュエリーと似たものも多く、刻印がないと識別も難しいことも多いです。
ヨーロッパのジュエリーとの大きな違いの一つは、アメリカのアンティークジュエリーはほぼ9割、14金ゴールドで作られているという点です。
ヨーロッパでもオーストリアやドイツ、オランダなどはスタンダードの金位が14金でしたので、アメリカのジュエリーだけの特徴でもないですが、一つの目安ではあります。
このバングルブレスレットは良い意味でヨーロピアンテイストのジュエリーです。
ヨーロッパの伝統的な金細工技術を受け継ぎ、葉っぱのようなハートのようなモチーフが連なります。
この葉っぱのモチーフの部分も端の枠の部分も表面部分にはミルグレインが打たれていて、触れると心地よいギザギザとした触感があります。
重量もあり堅牢に作られたバングルですので、日常生活に取り入れていただくのにぴったりです。 矢車草色のモンタナサファイヤ このバングルを仕入れる決め手になったのが3石のブルーサファイヤです。
いわゆるサファイヤ色に比べて明るい色調のコーンフラワー(矢車草)色です。
これは当時、アメリカのモンタナ州だけで採れたモンタナサファイヤの典型的な色です。
モンタナサファイヤは1879年にモンタナ州の鉱山で見つかり、ティファニー社の副社長でもあったクンツ博士によって絶賛されます。
世界中の人々を虜にしましたが、鉱山はすでに枯渇し閉山されてしまっています。
まさに一時期のアンティークジュエリーでしか見ることの出来ない幻の宝石ですし、アンティークジュエリーでも滅多に見ることがありません。
当時も相当流通量が少なかったはずです。
バングルの内側が5.6センチx6.5センチです。
外側が6.2センチx7センチです。
アンティークジュエリーのバングルは大きすぎることも多いのですが、このバングルは日本女性によく合うサイズ感です。
14カラットゴールド。
20世紀初頭のアメリカ製。
内寸は18.5センチになります。

  • 幅:62mm 
    高さ:70mm 
    重量:10.5g
    商品の状態:良好
  • 販売価格:売り切れました。

モンタナサファイヤ アンティークゴールドバングルブレスレット(アメリカ)

  • バングルの幅は5ミリと太すぎない一方、華奢すぎない堅牢さがあります
  • 重量はしっかりありますが透かしが入っているため重く見えません
  • 艶のあるコーンフラワー色のブルーサファイヤ、石の直径は3ミリ強です
  • 横から見ますとバングル自体にかなり厚みがあることが分かります
  • 14KTの刻印が内側に入ってます
  • モンタナサファイヤ アンティークゴールドバングルブレスレット(アメリカ)
  • モンタナサファイヤ アンティークゴールドバングルブレスレット(アメリカ)
  • モンタナサファイヤ アンティークゴールドバングルブレスレット(アメリカ)
  • モンタナサファイヤ アンティークゴールドバングルブレスレット(アメリカ)
  • モンタナサファイヤ アンティークゴールドバングルブレスレット(アメリカ)
  • モンタナサファイヤ アンティークゴールドバングルブレスレット(アメリカ)
  • モンタナサファイヤ アンティークゴールドバングルブレスレット(アメリカ)
  • モンタナサファイヤ アンティークゴールドバングルブレスレット(アメリカ)
  • モンタナサファイヤ アンティークゴールドバングルブレスレット(アメリカ)
  • モンタナサファイヤ アンティークゴールドバングルブレスレット(アメリカ)

小さな写真をクリックすると大きな写真が切り替わります。

 

モンタナサファイヤ アンティークゴールドバングルブレスレット(アメリカ)

売り切れました。
送料無料!

このジュエリーに似た商品をご希望の方は、メールマガジンのご登録をいただくと、サイト掲載前に新入荷商品としてお知らせいたします。
ご登録は、メルマガ登録からどうぞ!

アンティークエピソード

アンティークバングルブレスレット

バングル(bangle)とは本来、金、銀、ガラスなどで作られた飾り輪、腕輪のこと(足首飾りも含む)を指していました。
そこからブレスレットのように手首にはめるジュエリー(=バングルブレスレット)を指すようになりました。

バングルは西欧では、古くから好まれてきたジュエリーのひとつです。
古くから銀製やゴールド製のバングルが多く作られました。
下記は当店で販売済みのでフランスのアンティークバングルです。
王政復古時代(19世紀初頭)の作品です。

アンティークゴールドバングル(王政復古 ジョージアン ルビー 天然真珠)

アンティークバングルで特によく見る宝石はガーネットです。
全周にガーネットが敷き詰められたものもありますし、表から見える約半分に敷き詰められたものがあります。
下記は当店で販売済みの全周にガーネットが施されたバングルです。

アンティークリボンブレスレット(ガーネット、蝶結び、バングル)

アンティークバングルで特に王道なのがフランスのアールヌーボー期に作られた金細工が施されたゴールドバングルです。
太さも細身のものや幅の広いもの、金細工の模様も様々です。
ヨーロッパのディーラーさんなどは一見似たこのようなゴールドバングルを好んで重ねづけされていることが多いです。

アンティークゴールド金細工バングル(1900年頃 フランス製)

アンティークバングルブレスレット(アールヌーボー 18ctゴールド 金細工)

また特に王政復古時代の頃、一見線のように見える非常に細身なバングルも作られました。
側面で幅を持たせて堅牢さを出しています。

オパールとエメラルドのアンティークバングルブレスレット

アンティークバングルはイギリス、フランスを始めロシアやアメリカなどでも作られました。
下記はロシア製のアンティークバングルです。

ロシアンアンティークジュエリー 蛇のゴールドバングル

下記はアメリカ製のアンティークバングルです。

モンタナサファイヤ アンティークゴールドバングルブレスレット(アメリカ)

バングルは構造上どうしても留め具の部分に負荷がかかりますから、「耐久性」の面からも特にアンティークジュエリーでお探しになることをお薦めいたします。
ハンドメイドで作りこまれているため、現代ジュエリーでは壊れがちな留め具部分も100年以上たってもパチンときっちり閉まることが多いです。
また万が一修理が必要な場合にも、アンティークバングルの場合には可能なことがほとんどです。
一方の現代のジュエリーは鋳型で作っているため、部分的に修理を施すと言うことが難しいです。
大事に使っていただけたら何年も何十年も使い続けることができます。

ところで腕時計やバングルの長さについて、手首の長さに対してどれぐらいの尺のものが良いかお悩みになる方も多いようです。
時計の場合、手首の寸法プラス1-1.5センチに調整することが多いです。
この場合は余裕はそれほど出ない状態でわりとピッタリとした装着感になります。
少し大きめに着けられたいときはプラス2センチ程などでも良いです。
またブレスやバングルの場合は、一般的に腕時計よりもう少し遊びが出たほうが綺麗ですので、もう少し大きめが良いです。
模様や素材等にもよりますが、バングルをカットして短くすることも可能な場合もございます。
ご相談ください。

アンティークエピソード集のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×

Antique Jewelry シェルシュミディ[Cherche Midi]

シェルシュミディで取り扱うアンティークジュエリーは、全てオーナーが直接フランス、イギリスを主としたヨーロッパで買い付けてきたものです。

シェルシュミディ情報発信

メールマガジン
新着ジュエリー&セール情報をいち早くお届けします
オーナーブログ
シェルシュミディのオーナーブログ。買い付けの様子など
facebook
買い付けたジュエリーを現地からリアルタイムでご紹介
アンティークエピソード集
アンティークジュエリーを購入する上で知っておきたい知識
シェルシュミディ 住所:京都府京都市上京区仲之町276番地D4 電話:075-406-5462
© 2018 Cherche Midi, All Rights Reserved.