--- アンティーク・エピソード ---アゲート、カルセドニーのアンティークジュエリー

アゲートとは瑪瑙(メノウ)のことです。
日本語の瑪瑙という名前は、石の概観が馬の脳に似ていることからつけられたそうです。
一方英語のAgate(フランス語でもAgate)は、イタリアのシチリア島の同名の川でこの石がとられていたことに由来するそうです。

水晶と同様、「石英」と呼ばれる鉱物の一種です。
微小な水晶の結晶体であるアゲートは、水晶と違って半透明です。
様ざまな色や模様があります。
大きくは、均一の色のものを「カルセドニー」、曲線状の網目や模様が見られるものを「アゲート」、白色の直線的な縞目が見えるものを「オニックス」と分類しています。
色のバラエティも豊富でブルー、ホワイト、グリーン、ブラックなどが存在します。

メノウ古代から愛用されてきた宝石でアンティークジュエリーの中では特にストーンカメオの素材として有名です。
日本でも古くから宝飾品に使われてきましたが、ドイツ、ブラジル、チェコのボヘミア地方などのもアゲートの産地として知られています。
ヨーロッパのアンティークジュエリーにおいても愛用されてきた石で、西洋のアンティークジュエリーに関して言及するときは、メノウというより「アゲート」と呼ぶことのほうが多いかと思います。
もちろんその中身は一緒で、縞状の玉髄のことです。

アンティークジュエリーでは、天然のアゲートの結晶を活かしたジュエリーを見ることがあります。
結晶が風景のようにも見えることから別名「ピクチャードストーン(ピクチャーストーン)」とも言われます。
風景や植物のように見える結晶を活かしたジュエリーです。
下記は当店で過去に販売しましたモスアゲートの18世紀のピクチャードストーンの指輪。

18世紀アゲート指輪(フランス、ピクチャードストーン、銀)

下記もやはりアゲートの結晶を活かしたペンダントです。

アゲートのアンティークペンダント

関連商品

Antique Jewelry シェルシュミディ[Cherche Midi]

シェルシュミディで取り扱うアンティークジュエリーは、全てオーナーが直接フランス、イギリスを主としたヨーロッパで買い付けてきたものです。

シェルシュミディ情報発信

メールマガジン
新着ジュエリー&セール情報をいち早くお届けします
オーナーブログ
シェルシュミディのオーナーブログ。買い付けの様子など
facebook
買い付けたジュエリーを現地からリアルタイムでご紹介
アンティークエピソード集
アンティークジュエリーを購入する上で知っておきたい知識
シェルシュミディ 住所:京都府京都市上京区仲之町276番地D4 電話:075-406-5462
© 2018 Cherche Midi, All Rights Reserved.