--- アンティーク・エピソード ---印章のアンティークジュエリー(シール、フォブ、シグネットリング)

アンティークジュエリーの中でコレクターにとても人気があるアイテムのひとつに、シール(印章)があります。
もともとは頭文字や紋章を封印のために蝋(ろう)に押して用いた印章のことです。

宝飾史上最も古いシールは紀元前2000年頃にまで遡ります。
「シグネットリング」と呼ばれる者を時の権力者たちは、用いました。
刻んだのは名前のモノグラムや紋章、その人に関連する何らかのシンボルです。
こうしたシグネットリングは手紙に封をするときに送り主が分かるように、本当にその人物からの文書であることが分かるための真偽を証明する役割がありました。
下記はイギリス、ヴィクトリアアルバート美術館に所蔵されている紀元前1400-1500年頃の古代エジプトのシグネットリングです。
シグネットリング
(c)Victoria & Albert Museum

シール(印象)はインタリオ(陰刻)の高度な技術と、華麗な金細工の装飾が魅力です。
古代からリングとして作られたシールですが、アンティークジュエリーの市場で一般的に見つかるのはに、19世紀前半-中期のイギリスで作られたものが多いです。

フランスのアンティークジュエリーでも数は少ないですが19世紀に、ロマンティックな言葉が刻まれたシールペンダントや指輪が作られます。
愛の言葉が刻まれたものもあります。

下記の当店で販売済みのシールには
「plus loin plus serre(離れれば離れるほど(心は)近くに)」というロマンティックな愛の言葉と、約束の輪っ子のような紐を持つ二つの手が陰刻で彫られています。

アンティーク印章ペンダント(栗鼠、コーネリアン、シール)

アンティーク印章ペンダント(栗鼠、コーネリアン、シール)

シール(印章)は数が少ないアンティークジュエリーですのでなかなか出会えないのですが、刻まれた文字を判読したりと楽しみが多いアンティークジュエリーの一つです。

またやはり印章が施されたジュエリーにフォブ(シール)もあります。
フォブとは懐中時計の鎖に着ける装飾品です。

フォブ(fob):懐中時計の鎖につける装飾品
シール(seal):印章
シグネットリング(Signet ring):その歴史は古代まで遡る、指輪の形になったシール。

イギリスでは特にジョージアンの時代に、高価な懐中時計にあわせて立派なフォブが製作されました。
この時代の懐中時計ですので、フォブも元々男性のために作られた装身具ですが、元々懐中時計のチェーンを通していた金の輪ににチェーンを通せば、女性用のペンダントトップとして簡単に使うことができます。

フォブは宝石(コーネリアン等)が嵌められていることが多く、そこに紋章などをインタリオで彫ります。

シールは指す対象が広い言葉で、アンティークでも例えば下記のようなデスクシールも含みます。

シトリン アンティークデスクシール

関連商品

Antique Jewelry シェルシュミディ[Cherche Midi]

シェルシュミディで取り扱うアンティークジュエリーは、全てオーナーが直接フランス、イギリスを主としたヨーロッパで買い付けてきたものです。

シェルシュミディ情報発信

メールマガジン
新着ジュエリー&セール情報をいち早くお届けします
オーナーブログ
シェルシュミディのオーナーブログ。買い付けの様子など
facebook
買い付けたジュエリーを現地からリアルタイムでご紹介
アンティークエピソード集
アンティークジュエリーを購入する上で知っておきたい知識
シェルシュミディ 住所:京都府京都市上京区仲之町276番地D4 電話:075-406-5462
© 2018 Cherche Midi, All Rights Reserved.