--- アンティーク・エピソード ---ジェイド(翡翠 ヒスイ)のアンティークジュエリー

翡翠(ひすい)は、深緑の半透明な宝石。
東洋は中南米で古くから人気があり金以上に珍重され、古くは玉(ぎょく)と呼ばれていました。
翡翠は、不老不死および生命の再生をもたらす力を持つと信じられており、古代においては遺体全体を玉で覆うことが行われました。
かの秦の始皇帝の遺体も玉で覆われていたとされています。
鉱物学的には「翡翠」は化学組成の違いから「硬玉(ヒスイ輝石)」と「軟玉(ネフライト)」に分類されます。
中国で現在安く売られている翡翠はほとんどが軟玉ですが、軟玉は中国以外では宝石とされず、西洋のアンティークジュエリーに使われているのも硬玉です。

翡翠は「深緑の宝石」という印象が強いですが、実は翡翠には半透明、白、桃、薄紫、赤橙等々、様々な色があります。
翡翠が様々な色を持つのは石に含まれる不純物や他の輝石の色のためです。
翡翠の緑色には2つの系統あり、鮮やかな緑のものはクロムが原因で、もう一つの落ち着いた緑は二価鉄によるものです。
緑の次に人気の高い「ラベンダー翡翠」は、チタンが原因でやや青みがかっています。
またミャンマー産のものは鉄が原因であり紅紫色が強いと言われています。

ヒスイはアンティークジュエリーでは20世紀初頭、特にアールデコ期に非常に愛された宝石です。

下記は1920年頃のイギリス製。
翡翠の色もよくまさに1920年代のオリエンタリズム、アールデコの逸品です。

翡翠と吹きガラスのロングネックレス

少しオリエンタル(東洋)を感じさせる翡翠。
特にカルティエはこの時代、ヒスイを大胆に取り入れたオリエンタリズムを西洋的に昇華させたそれは美しいジュエリーの数々を生み出したことで知られています。

下記は1933年製作のカルティエの翡翠とルビー、ダイヤモンドのネックレス。
数年前にササビーズに出展されています。

カルティエ 翡翠

(c) Sothebys All Rights Reserved.

関連商品

Antique Jewelry シェルシュミディ[Cherche Midi]

シェルシュミディで取り扱うアンティークジュエリーは、全てオーナーが直接フランス、イギリスを主としたヨーロッパで買い付けてきたものです。

シェルシュミディ情報発信

メールマガジン
新着ジュエリー&セール情報をいち早くお届けします
オーナーブログ
シェルシュミディのオーナーブログ。買い付けの様子など
facebook
買い付けたジュエリーを現地からリアルタイムでご紹介
アンティークエピソード集
アンティークジュエリーを購入する上で知っておきたい知識
シェルシュミディ 住所:京都府京都市上京区仲之町276番地D4 電話:075-406-5462
© 2018 Cherche Midi, All Rights Reserved.