--- アンティーク・エピソード ---琥珀(アンバー)のアンティークジュエリー

アンティークジュエリーとして珍しい素材に琥珀(こはく)のジュエリーがあります。
琥珀は古代の松柏科の植物樹脂が、地質学的な時間を経て硬化した石のことです。
有名な琥珀の産地はバルティック沿岸ですが本源はロシアで、比重の低い琥珀(こはく)は海水によって対岸のデンマークやノルウェー、さらにはイギリスの東海岸まで運ばれそこで発見されました。
琥珀には透明から半透明まで見られます。
また産出されたときには明るい黄色のこはくも、時間がたつと飴色に変わっていきます。
アンティークジュエリーにセットされたものは、赤味の強い朱色になっています。
琥珀は純粋な鉱物ではなく樹脂が化石化したものなので、採取する場所は鉱物類とは性格が大きく異なります。
琥珀には、当時のアリや蚊などの虫や植物の破片を含んだままの物もあります。
こうしたものを一般に「虫入り琥珀」と呼んでいます。
映画「ジュラシックパーク」では、架空の設定として、琥珀に閉じ込められた蚊から恐竜の血液を採取し、その中に含まれているDNAから恐竜を蘇らせていました。
いわば保存状態の良い化石でもあるわけです。
琥珀には帯電効果があることから良い気を引き付け、また黄金色の色合いも加わり、金運、財運、人気運が良くなると言われています。
また邪気ばらいの効果もあるとされ、子供が持つと病気にかかりにくく、大人が持てば健康と長寿につながるとされています。

関連商品

Antique Jewelry シェルシュミディ[Cherche Midi]

シェルシュミディで取り扱うアンティークジュエリーは、全てオーナーが直接フランス、イギリスを主としたヨーロッパで買い付けてきたものです。

シェルシュミディ情報発信

メールマガジン
新着ジュエリー&セール情報をいち早くお届けします
オーナーブログ
シェルシュミディのオーナーブログ。買い付けの様子など
facebook
買い付けたジュエリーを現地からリアルタイムでご紹介
アンティークエピソード集
アンティークジュエリーを購入する上で知っておきたい知識
シェルシュミディ 住所:京都府京都市上京区仲之町276番地D4 電話:075-406-5462
© 2018 Cherche Midi, All Rights Reserved.