--- アンティークジュエリーについて ---シェルシュ・ミディの取り扱うアンティークジュエリーについて

古いほど良いアンティークジュエリーだと思っていませんか? アンティークジュエリーは古ければ古いものほど良いと思っていませんか?
実はこれは日本アンティーク業界が生んだ大きな間違い。
世界のアンティークジュエリーは大まかに言えばフランスとイギリス、残りをイタリアやロシアが産出しているのにかかわらず 日本のアンティークジュエリーショップのほとんどは、もっとも供給が多いイギリスヴィクトリア時代のアンティークジュエリアンティークジュエリーに偏っています。

日本では評価の高いヴィクトリア期(19世紀前半-後半)のアンティークジュエリー。
実はごく一握りの作品を除けば、その大部分は「デザインが古びている、大ぶりすぎてつけにくい」と 世界的にはそれほど人気がないのが現状です。

  

シェルシュミディが扱う18世紀から20世紀初頭のフランスジュエリー。                    

アールデコジュエリー

シェルシュミディは日本では非常に珍しいフランスのアンティークジュエリーに特化したお店です。

革命前の貴重なブルボン王朝のダイヤモンドジュエリー(18世紀)。

短命ながら洗練された王朝文化が再来しそして儚く散った王政復古時代の格式高いジュエリー(1820-1830)。

非凡な芸術家たちが生んだ独創的なアールヌーボーのジュエリー(1890s)。

最後の貴族文化にふさわしいベルエポック時代の上品で都会的なジュエリー(19世紀末から1914)。

そして幾何学模様やカリブレカットの色石など大胆でモダンなアールデコのジュエリー(1920-1930s)。

特に世界の宝飾史においてもっとも評価が高いのは、20世紀初頭(1900-1920)のフランスのジュエリーで、これらのジュエリーには国際的なオークションで高値がつけられ、世界中のコレクターの憧れの的になっています。
日本のアンティーク界の評価とは、かなりの隔たりがあります。

シェルシュミディはいわゆる骨董品的なレトロさを感じさせるジュエリーというより、見た目にも綺麗で品格のある作品を扱いたいと思っております。
現代の日本人の女性が素敵に身に着けることができ、そして世界的にも評価されているフランスの洗練されたアンティークジュエリーです。

アンティークジュエリー シェルシュミディのこだわり シェルシュ・ミディはアンティークジュエリーの中でも、下記の点にこだわって商品をセレクトしています。

素材へのこだわり
ダイヤモンド、サファイア、オパール、トルコ石・・・、多くの宝石は現在も存在はしています。
しかし鉱山が開発されし尽くした現在では、良質な石が枯渇し高品質の宝石の採掘はごくわずかです。
そして昔であればジュエリーに使用しなかった品質の落ちる宝石を、様々な人口処理を施すことで「美しく」しています。
一方、ごく一握りの富裕層しかジュエリーを持つことのなかった時代に作られたアンティークジュエリーに使われている宝石は、その多くが自然のままの未処理の状態で素晴らしいクオリティーを持っています。
天然無加工のままローズカットやオールドカットでカッティングされた柔らかく強く光るダイヤモンド、エンハンスメント(熱処理)がされていない美しいサファイアやエメラルド、ルビー・・・。
シェルシュミディでは、当時ならではの高いクオリティーを持つ天然宝石、天然真珠など現代では到底手に入れることができない「良い素材」で作られたジュエリーを、選び抜いてご紹介しています。
細工へのこだわり
アンティークジュエリーで特に見ごたえがあるのが、細工です。
現在では見られなくなった宝石のカッティングや溶接方法。
一人の職人が何ヶ月もかけて1つの作品を作る上げることが許された時代だからこそ、肉眼で見えないほどのプラチナのミルミルグレインや金細工を施すことができました。
シェルシュミディでは一つ一つのジュエリーから、宝飾史が垣間見れそうな優れた細工を持つジュエリーを厳選してご紹介しています。
デザイン・スタイルへのこだわり
シェルシュミディでは、日本のアンティークジュエリーの業界でもっともないがしろにされている「デザイン」を仕入れの一つの大きな基準にしています。
同じ時代に同じような素材で作られたジュエリーであっても、その時代のスタイルを端的に表しているもの、つまりデザインに優れ洗練されているジュエリーは、欧米では驚くほど高い評価が付けられています。

逆に「ただ古いということ」「ダイヤモンドがついているかどうか」「宝石の大きさがどれくらいであるかということ」といった観点だけでアンティークジュエリーを選んでしまっているのは もったいないことです。

残念ながら日本のアンティーク市場ではこの「スタイル」という点が見逃されがちです。
しかしそのジュエリーが一つの宝飾品として「スタイルを持ったジュエリーであるか否か」というのはとても重要なことです。
その時代を映しだしているような当時の一流の技術で作られたジュエリーは、その時代でしか作ることができず何世紀を経てもその美しさは衰えることなく更に輝きを増しています。
しかし優れた技術やセンスで作られたジュエリーには、いつの時代になっても新鮮でありつづける「スタイル」があるのです。

アンティークジュエリーは、骨董品であるのと同時にひとつの宝飾品で、美しくなければ意味はありません。
シェルシュミディは現代の日本女性が日常的に、そして特別な時に素敵に身に着けることができる洗練されたアンティークジュエリーをご紹介しています。

関連商品

Antique Jewelry シェルシュミディ[Cherche Midi]

シェルシュミディで取り扱うアンティークジュエリーは、全てオーナーが直接フランス、イギリスを主としたヨーロッパで買い付けてきたものです。

シェルシュミディ情報発信

メールマガジン
新着ジュエリー&セール情報をいち早くお届けします
オーナーブログ
シェルシュミディのオーナーブログ。買い付けの様子など
インスタグラム
新着ジュエリーをいち早く写真でご紹介
facebook
買い付けたジュエリーを現地からリアルタイムでご紹介
アンティークエピソード集
アンティークジュエリーを購入する上で知っておきたい知識
シェルシュミディ 住所:京都府京都市上京区仲之町276番地D4 電話:075-406-5462
© 2018 Cherche Midi, All Rights Reserved.