フランスジュエリー・アクセサリーのシェルシュミディ

■1750年パズルリング■

実に興味深い、18世紀のジュエリーの中でもとりわけ古い18世紀半ばの1750年にまで遡る指輪です。
・・・続きは下部へ

1750年パズルリング[ジュエリー・アクセサリー]

1750年パズルリング-1[ジュエリー・アクセサリー]

1750年パズルリング-2[ジュエリー・アクセサリー]

1750年パズルリング-3[ジュエリー・アクセサリー]



売り切れ

■1750年パズルリング説明■

実に興味深い、18世紀のジュエリーの中でもとりわけ古い18世紀半ばの1750年にまで遡る指輪です。
何と指輪の中に1750年とか書かれています。
「パズルリング」と呼ばれて、アンティークジュエリーでも「early times」に作られたタイプのジュエリーの一つとしてこのようなパズルリングは文献でも出てきます。
片側が18カラットゴールドで、片側が銀製。
写真でゴールドの輪の方に丸い凸部、銀の輪の方に同じ大きさの穴が見えると思います。
これをあわせて閉じて着けることができるようになった仕掛けのリングです。
こちらのリングはプロほど好きなリングなので、仕入れをしてそのまま手に着けていたら皆に(皆さんディーラー)うらやましがられました(笑)

リングの内側に書かれている文字は少し読みにくいのではっきりしないところがありますが。
銀の方:M A CHIMAY(パリの南西部の街の名前のよう) 26 8 1715 (1715年8月26日)
ゴールドの方:VICTOR RIQUET(男性の名前) CARAMAN(女性の名前)
こうしたパズルリングは結婚の記念に作られたものですので、この日この街で二人が結婚したということでしょう。

指輪サイズ9号(サイズ直し不可)。

追記
数人の方から、日常的に使うことができるか?といったご質問を頂いております。
もともとこうした結婚指輪は日常的に身に着けるように作られたものですので基本的に問題ございませんが、その場合は、ほとんど着けっぱなしといったお使い方が望ましいです。
と言いますのもこちらのリングは2つのリングをあわせて1つのリングとして着ける仕組みになっていますが、2つのリングを合わせる穴と凸部の状態は良いもののとても古い時代のシンプルな作りです。
頻繁にリングをばらしてまた一緒にして・・・といった作業を繰り替えされすより、ずっとその状態のまま指にされているといった感じになると思います。

買い付け後のメルマガ会員様向けの先行案内で販売済み。
メルマガのご登録はこちらからどうぞ。
シェルシュミディのメールマガジン登録

送料:740円(税込み/全国一律)
※1回のご注文で配送地1ヶ所
※1回のご注文金額が21,000円(税込)の場合送料無料。

■1750年パズルリング■


売り切れ


前へ |  次へ

■他のジュエリー・アクセサリー■

指輪・リング4 指輪・リング
ネックレス・ペンダント5 ネックレス・ペンダント
ピアス・イヤリング6 ピアス・イヤリング
ブローチ7 ブローチ
ブレスレット8 ブレスレット
バック・他9 バック・他
ハイジュエリー* ハイジュエリー



© 2018 Cherche Midi. All right reserved.