フランスジュエリー・アクセサリーのシェルシュミディ

■アンティ-クシトリン指輪(1800年頃 フランス)■

線のリング(bague de fil)
「線のリング(bague de fil)」と呼ばれる ・・・続きは下部へ

アンティ-クシトリン指輪(1800年頃 フランス)[ジュエリー・アクセサリー]

アンティ-クシトリン指輪(1800年頃 フランス)-1[ジュエリー・アクセサリー] レモン色のような爽やかな黄色の石の奥の方から、あめ色のような色が挿します

アンティ-クシトリン指輪(1800年頃 フランス)-2[ジュエリー・アクセサリー] 潔い一粒のカラーストーンは意外なほど現代の装いにもマッチします

アンティ-クシトリン指輪(1800年頃 フランス)-3[ジュエリー・アクセサリー] 表面の飾り爪が良い装飾になっています

アンティ-クシトリン指輪(1800年頃 フランス)-4[ジュエリー・アクセサリー] 台座も爪もイエローゴールドのみで、銀は用いられていません。

アンティ-クシトリン指輪(1800年頃 フランス)-5[ジュエリー・アクセサリー] 丸みのある台座に線のように細いフレームが対照的に映えます


売り切れ

■アンティ-クシトリン指輪(1800年頃 フランス)説明■

線のリング(bague de fil)
「線のリング(bague de fil)」と呼ばれる、とても古い時代の指輪です。
作られたのは1800年頃、王政復古の時代初期(19世紀初頭)。
18世紀のブルボン王朝時代の宮廷文化の復興が見られた時代です。
つまり200年以上前に作られた指輪になります。
当店でもここまで古い時代に遡るジュエリーは、滅多に出てきません。
このような「線のリング(bague de fil)」はシトリン、ガーネット、あるいはトパーズで作られましたが、それ以外ではあまり見かけません。
またフランスでのみ作られた指輪様式のようで、隣国イギリスの同時期のアンティークジュエリーには見られません。
1800年頃のフランスは政治情勢が短期間で変化し、この頃のジュエリーは英仏に類似点は少ないです。
ショルダーがなく、フレームの太さが均一の独特の指輪デザインで、一方で宝石は表面積を広めに取っています。
短い年月の間にしか作られなかったこと。
またとても古い時代に遡るため、市場でも見つけずらい希少な指輪デザインの一つです。 【色艶のすばらしいアンティークシトリン
シトリンの石そのものがとても魅力的なリングです。
一見明るいレモン色のように見えますが、石の底の方からは飴色を帯びた橙色が挿します。
シトリンは、縦幅1.2センチx横幅9ミリ、満足感のある大きさです。
このような色石一粒をシンプルに、しかしアンティークならではのセッティングが楽しめる指輪は最近ご要望を多く頂きます。
丸みを帯びた裏面は、見たときの愛くるしさはもちろん、触れたときも年月を経た滑らかさがあり心地よいです。
シトリンはその全体をゴールドでお椀のように包み込むようにクローズドセットされています。
宝石の表面に小さなゴールドの爪が施されていますが、これは飾り的な要素が強いです。
18カラットゴールド。
指輪サイズは13..5号(有料でサイズ直し可)。

送料:740円(税込み/全国一律)
※1回のご注文で配送地1ヶ所
※1回のご注文金額が21,000円(税込)の場合送料無料。

■アンティ-クシトリン指輪(1800年頃 フランス)■


売り切れ


前へ |  次へ

■他のジュエリー・アクセサリー■

指輪・リング4 指輪・リング
ネックレス・ペンダント5 ネックレス・ペンダント
ピアス・イヤリング6 ピアス・イヤリング
ブローチ7 ブローチ
ブレスレット8 ブレスレット
バック・他9 バック・他
ハイジュエリー* ハイジュエリー



© 2018 Cherche Midi. All right reserved.