フランスジュエリー・アクセサリーのシェルシュミディ

■サヴォワのクレオ-ルピアス(フランス地方アンティ-クジュエリ-)■

歴史的な面白みがある、サヴォワ地域のアンティークジュエリー
サヴォワ(Savoie) 地域の ・・・続きは下部へ

サヴォワのクレオ-ルピアス(フランス地方アンティ-クジュエリ-)[ジュエリー・アクセサリー]

サヴォワのクレオ-ルピアス(フランス地方アンティ-クジュエリ-)-1[ジュエリー・アクセサリー] このような花模様の金細工が左右とも両面に施されています

サヴォワのクレオ-ルピアス(フランス地方アンティ-クジュエリ-)-2[ジュエリー・アクセサリー] 横1.9センチ、縦2.4センチ。大きさはありますが薄いので重くはありません

サヴォワのクレオ-ルピアス(フランス地方アンティ-クジュエリ-)-3[ジュエリー・アクセサリー] フープの形、棒状や球体のゴールドパーツなどサヴォワの典型的デザインです

サヴォワのクレオ-ルピアス(フランス地方アンティ-クジュエリ-)-4[ジュエリー・アクセサリー] 前側の球状部分に針を収めます

サヴォワのクレオ-ルピアス(フランス地方アンティ-クジュエリ-)-5[ジュエリー・アクセサリー] ひし形で打たれているのがフランスの工房印になります


売り切れ

■サヴォワのクレオ-ルピアス(フランス地方アンティ-クジュエリ-)説明■

歴史的な面白みがある、サヴォワ地域のアンティークジュエリー
サヴォワ(Savoie) 地域のアンティークフープピアス。
サヴォワはフランス南東部のスイスと隣接するアルプス山岳地域です。
私たちディーラーには一目でサヴォワ地域のジュエリーであることが分かります。
この地域でなぜ特有のジュエリーが生まれたかといえば、サヴォワ(サヴォイア)公は、18世紀にはサルデーニャ王も兼ね歴史的にイタリアと歩みを共にしたこともあり、この地域一帯を裕福なサヴォワ(サヴォイア)家が支配していたからです。
フランスに統治されるのは1860年と遅いです。
フランスの中で、歴史的に美しいジュエリーが作られた地であることで知られています。
「サヴォワのジュエリー」として特に有名なのが、「ジャネット十字(croix Jeannette)」そしてこのようなクレオールタイプのピアスです。
手作業で彫金された花模様
サヴォワのクレオールピアスには、必ずと言っていいほど花が彫金されています。
この彫金はもちろん手作業で行われており、その独特かつ伝統的な技法を楽しむことができます。
サヴォワのクレオールピアスはサイズは直径が1.2センチから大きいものは4センチに達したと言われています。
このピアスの横幅は1.9センチ。
針は後ろから前に通しますが、このピアスのように両面に模様が入っている場合には、フープタイプのピアスですので前から後ろに通してもデザイン的には違和感はありません。
「ゴールドの球体部分」に針を収めます。
この球体のパーツも全てではないものの、サヴォワのクレオールピアスによく見られる特有のデザインです。
19世紀後期のフランス製。
18カラットゴールド。

送料:740円(税込み/全国一律)
※1回のご注文で配送地1ヶ所
※1回のご注文金額が21,000円(税込)の場合送料無料。

■サヴォワのクレオ-ルピアス(フランス地方アンティ-クジュエリ-)■


売り切れ


前へ |  次へ

■他のジュエリー・アクセサリー■

指輪・リング4 指輪・リング
ネックレス・ペンダント5 ネックレス・ペンダント
ピアス・イヤリング6 ピアス・イヤリング
ブローチ7 ブローチ
ブレスレット8 ブレスレット
バック・他9 バック・他
ハイジュエリー* ハイジュエリー



© 2018 Cherche Midi. All right reserved.