フランスジュエリー・アクセサリーのシェルシュミディ

■ア-ルヌ-ヴォ-のダイヤモンドピアス(宿り木、螺旋、ゴ-ルド)■

螺旋状のモチーフに描かれた希少なヤドリギのモチーフ
19世紀末から1900年頃にかけて作られ ・・・続きは下部へ

ア-ルヌ-ヴォ-のダイヤモンドピアス(宿り木、螺旋、ゴ-ルド)[ジュエリー・アクセサリー]

ア-ルヌ-ヴォ-のダイヤモンドピアス(宿り木、螺旋、ゴ-ルド)-1[ジュエリー・アクセサリー] 螺旋の中に宿木。外枠にはお花が描かれてアールヌーボーらしい構図です

ア-ルヌ-ヴォ-のダイヤモンドピアス(宿り木、螺旋、ゴ-ルド)-2[ジュエリー・アクセサリー] 円形が1.2センチ、縦幅が全体で3.4センチ。透かしが多いので着けやすいです

ア-ルヌ-ヴォ-のダイヤモンドピアス(宿り木、螺旋、ゴ-ルド)-3[ジュエリー・アクセサリー] メインモチーフ上は葉模様、ココにもダイヤモンドがあるように見えますが粒金

ア-ルヌ-ヴォ-のダイヤモンドピアス(宿り木、螺旋、ゴ-ルド)-4[ジュエリー・アクセサリー] フランス18金刻印のみならず、反対面に工房印も残っています。こちらは工房印

ア-ルヌ-ヴォ-のダイヤモンドピアス(宿り木、螺旋、ゴ-ルド)-5[ジュエリー・アクセサリー] ラインの細かさは裏を見るとよく分かりますね。この部分も枠はYGです


売り切れ

■ア-ルヌ-ヴォ-のダイヤモンドピアス(宿り木、螺旋、ゴ-ルド)説明■

螺旋状のモチーフに描かれた希少なヤドリギのモチーフ
19世紀末から1900年頃にかけて作られたフランスのアンティークジュエリーの中でも、アールヌーボーの特色が出たジュエリーは僅かです。
忘れてならないのはアールヌーボーは当時、カウンターカルチャーであったと言う点。
この時代のごく一部の作品だけが「アールヌーボーのジュエリー」なのです。
真円の螺旋の中にヤドリギが描かれています。
「再生」「永遠」のシンボルであるヤドリギはアールヌーボーで好まれた代表的なモチーフの一つです。
しかし実際にヤドリギがモチーフになったジュエリーは決して多くはなく、シェルシュミディでも宿木がモチーフになったアンティークピアスは初めてです。
宿木は中心に向かって窪みがつけられていて、その主脈部分にはくっきりとしたラインが出るよう作られています。
そして宿木の縁、そして螺旋状の縁等、あらゆる縁に、ミルグレイン(縁のギザギザ)が細かく入られています。 【光を取り込んで更に輝くピアス
このピアスの作りはとても凝っています。
柔らかな曲線の螺旋や宿木はゴールドを削りだすことで作り出しています。
鋳型でこのような形を作るのではなくゴールドを削り上げて、ここまで細いラインを出すことは珍しいです。
緻密なミルグレインは本来プラチナに向いていて、もしかして少し早いけれど例外的にプラチナが使われているのでは?と思いましたが、検査をして見ましたらやはりホワイトゴールドでした。
全体の枠や留め具はすべてイエローゴールドです。
粒金細工のために至る所にダイヤモンドが埋め込まれているように見えますが、ダイヤモンドが入っているのは留め具へとつながる細長い楕円形のモチーフの中心に左右各1石。
メインモチーフでは左右各5箇所で、中心部分とそこからX字のように伸びた先端4箇所です。
特に一番外側の螺旋の四箇所に描かれたお花の中心には、巧みにゴールドで凹凸がつけられていいて、ダイヤモンドが入っているように見えますがこれは粒金です。
その稀で独創的なアールヌーボーならではの図柄の中で、粒金やダイヤモンドがキラリキラリと煌く様。
手にして見ていても美しいですが、実際に身に着けて揺れて光を取り込むと更に魅力的です。
ダイヤモンドそのものは決して大きくありませんが、ピアス全体が伸びやかな曲線の中で煌く、とても美しいピアスです。
1890-1900年頃のフランス製。
18金ゴールド。

送料:740円(税込み/全国一律)
※1回のご注文で配送地1ヶ所
※1回のご注文金額が21,000円(税込)の場合送料無料。

■ア-ルヌ-ヴォ-のダイヤモンドピアス(宿り木、螺旋、ゴ-ルド)■


売り切れ


前へ |  次へ

■他のジュエリー・アクセサリー■

指輪・リング4 指輪・リング
ネックレス・ペンダント5 ネックレス・ペンダント
ピアス・イヤリング6 ピアス・イヤリング
ブローチ7 ブローチ
ブレスレット8 ブレスレット
バック・他9 バック・他
ハイジュエリー* ハイジュエリー



© 2019 Cherche Midi. All right reserved.