フランスジュエリー・アクセサリーのシェルシュミディ

■アンティ-ク鉄の十字架ペンダント(スティ-ル、19世紀初頭)■

極めて珍しい鉄(スティール)の十字架(クロス)
19世紀初頭のフランス製。
フランスで鉄の ・・・続きは下部へ

アンティ-ク鉄の十字架ペンダント(スティ-ル、19世紀初頭)[ジュエリー・アクセサリー]

アンティ-ク鉄の十字架ペンダント(スティ-ル、19世紀初頭)-1[ジュエリー・アクセサリー] 4センチx6.3センチ。クロスのみならず上部モチーフもとても洒落たデザインです

アンティ-ク鉄の十字架ペンダント(スティ-ル、19世紀初頭)-2[ジュエリー・アクセサリー] 両端に割り勘のあるチェーンを使ってこのように着けても素敵です

アンティ-ク鉄の十字架ペンダント(スティ-ル、19世紀初頭)-3[ジュエリー・アクセサリー] クロス内側の花びらが黒色の鉄、お花の中心はまた銀色の鉄が使われてます

アンティ-ク鉄の十字架ペンダント(スティ-ル、19世紀初頭)-4[ジュエリー・アクセサリー] 写真では鉄の美しい色を伝えにくいのですが、色に奥行きがあり陰影があります

アンティ-ク鉄の十字架ペンダント(スティ-ル、19世紀初頭)-5[ジュエリー・アクセサリー] 裏面部分


セール価格:\64,800(税込)

■アンティ-ク鉄の十字架ペンダント(スティ-ル、19世紀初頭)説明■

極めて珍しい鉄(スティール)の十字架(クロス)
19世紀初頭のフランス製。
フランスで鉄のジュエリーが隆盛したのは18世紀後期から19世紀の初頭にかけて。
「フランスの鉄のジュエリー」は数が極めて少ない希少性の高いアンティークジュエリーです。
しかもこのペンダントは十字架がモチーフになっており、十字架の部分だけではなく、上部の紐を付ける部分までが鉄で出来た極めて珍しいものです。
この長方形の上部のパーツのおかげで下部のクロスが豊かに揺れます。
また細いチェーンや紐をこの部分に通すことができるので、首にぴったり添うようにして装着することができます。
何と二色の鉄が使われています
そして特筆すべきなのは鉄の色。
何と2色の鉄が使われています。
黒っぽい鉄と、落ち着いたシルバー色の鉄の2つの鉄が使われています。
2色の鉄が使われたアイアンジュエリーは、当店でも初めての扱いです。
黒い鉄は十字架内側の愛らしい花びらに使われており、独特の世界観が出ています。
「黒い花」まで上品に格調高く見せてしまう類稀なセンスの良さは、さすがフランスブルボン朝です。
鉄のカッティングも素晴らしいです。
シルバー色の鉄の表面には多くのファセットが入っていて、まるでローズカットダイヤモンドのようなカッティングです。
細かに入れられたファセットの一つ一つが光を別方向に反射し、鉄特有の滑らかな光の反射を見せてくれてます。
花びらの黒い部分とあいまって、とても艶かしい魅力があります。
元々はペンダントと言うより胸飾りとして、貴婦人のお洋服に縫い付けて使われていたものだと思います。
注:チェーンは付いていません。

送料:740円(税込み/全国一律)
※1回のご注文で配送地1ヶ所
※1回のご注文金額が21,000円(税込)の場合送料無料。

■アンティ-ク鉄の十字架ペンダント(スティ-ル、19世紀初頭)■


セール価格:\64,800(税込)


前へ |  次へ

■他のジュエリー・アクセサリー■

指輪・リング4 指輪・リング
ネックレス・ペンダント5 ネックレス・ペンダント
ピアス・イヤリング6 ピアス・イヤリング
ブローチ7 ブローチ
ブレスレット8 ブレスレット
バック・他9 バック・他
ハイジュエリー* ハイジュエリー



© 2019 Cherche Midi. All right reserved.