天然真珠とローズカットダイヤモンド クロスオーバーリング(フランス 19世紀後期)

ハーフ真珠とローズカットダイヤモンド、19世紀ならではの組み合わせが愛しい指輪 1900年頃に流行するクロスオーバーリングの変形の一つですが、1900年より少し前の、19世紀後期に作られた作品だと推定できます。
天然真珠はハーフカットされています。
大小さまざまな大きさの真珠が3石使われていますが、それぞれかなり色合いが異なるのも面白いです。
特に一番大きいハーフパールがブルーグレイを帯びた珍しい色、艶があり神秘的です。
ダイヤモンドはこちらも大小様々ですが、いずれもローズカットされています。
指輪そのものが細身で小さめなのですが、ダイヤモンドは意外に大きさがあり、最大の石は直径3.5-4ミリ程あります。
しかもこうした複数のローズカットを用いたジュエリーでは、ローズカットダイヤモンドが破片のように薄いことが多いのですが厚みもあり、そのため深みのあるシンチレーションが出ています。
石と石の間をあけず、愛らしさを凝縮させたようなデザイン。
さりげなく良質な宝石がセットされていて、日本人好みの作品です。
3石x3石のクロスオーバーリング 小ぶりながらデザインの良さも目を引きます。
クロスオーバーリングの変形で、フランスではこの時代2石のみを用いた「トワエモワ」と呼ばれるクロスオーバーリングが流行しますが、その応用になります。
上下に3石ずつをあしらった面白い指輪デザインです。
真珠とダイヤモンド、それぞれ最も大きな石でクロスさせています。
ダイヤモンドの台座はホワイトゴールドで、真珠の台座はイエローゴールド(少しピンクを帯びたローズゴールド)にしているところも、凝っています。
この作りは表面から肉眼で見ているとほとんど気づかず、裏面から見たときに初めて気づくことでしょう。
フランス製。
18金ゴールドであることは確認できていますが、1.7グラムと2ミリに満たないので刻印は押されていません。
(2ミリ以下でも押されることもありますが、免責されるため押されない確率的に高くなります)。
指輪サイズは11.5号(有料でサイズ直し可)。

  • 高さ:6.5mm 
    重量:1.7g
  • 販売価格:売り切れました。

天然真珠とローズカットダイヤモンド クロスオーバーリング(フランス 19世紀後期)

世界にひとつだけの一点もの

  • 縦幅が6.5ミリ程の比較的小ぶりで繊細さが感じられる指輪です
  • クロスしている部分が長いので、一見二連のリングのようにも見えます
  • 上部の大きな艶のあるハーフ真珠が印象的です
  • 地金はフランス、ベルエポック時代らしい明るいローズゴールドです
  • ダイヤモンドと真珠の台座の色を変えてることは、私も後ろを見て気づきました
  • 天然真珠とローズカットダイヤモンド クロスオーバーリング(フランス 19世紀後期)
  • 天然真珠とローズカットダイヤモンド クロスオーバーリング(フランス 19世紀後期)
  • 天然真珠とローズカットダイヤモンド クロスオーバーリング(フランス 19世紀後期)
  • 天然真珠とローズカットダイヤモンド クロスオーバーリング(フランス 19世紀後期)
  • 天然真珠とローズカットダイヤモンド クロスオーバーリング(フランス 19世紀後期)
  • 天然真珠とローズカットダイヤモンド クロスオーバーリング(フランス 19世紀後期)
  • 天然真珠とローズカットダイヤモンド クロスオーバーリング(フランス 19世紀後期)
  • 天然真珠とローズカットダイヤモンド クロスオーバーリング(フランス 19世紀後期)
  • 天然真珠とローズカットダイヤモンド クロスオーバーリング(フランス 19世紀後期)

上の写真をクリックすると天然真珠とローズカットダイヤモンド クロスオーバーリング(フランス 19世紀後期)の大きな写真が切り替わります。

天然真珠とローズカットダイヤモンド クロスオーバーリング(フランス 19世紀後期)

[通販価格:税込]:売り切れました。

アンティークエピソード[Antique episode]

アンティーククロスオーバーリング「トワエモワ」「トリロジーリング」

1900年頃のフランスで作られた代表的な指輪デザインに「トワエモワ(toi et moi )」と呼ばれる指輪デザインがあります。
直訳しますと「あなたと私」。
フランス、ベルエポック時代に流行したクロスオーバーリングです。
同じ大きさの二つの宝石が縦または斜めに向かいあうようにセットされています。
基本的に対称のデザインで、セットされている宝石もそれぞれ同じ種類が使われていることが多いです。
下記は当店で販売済みのブルーサファイヤのトワエモワ クラスターリング。

ブルーサファイヤアンティークリング(ダイヤモンド、トワエモワ)

ダイヤモンドx真珠」「ダイヤモンドx色石」のトワエモワリングもよく作られました。
新鉱山の発見で宝飾史上最も美しいダイヤモンドが手に入った時代ですので、美しいクオリティーのダイヤモンドが印象的なリングが多いです。
下記は当店で販売済みの真珠とダイヤモンドのクロスオーバーリング。

 ダイヤモンドと真珠のアンティーク指輪(クロスオーバーリング、トワエモワ)

また「ブルーサファイアとルビー」といった色石同士の組み合わせのリングも見られます。
下記はやはり当店で販売した「ルビーサファイアのトワエモワリング」。

ルビーサファイアのアンティーク指輪(トワエモワクロスオーバーリング、ダイヤモンド)

ベルエポックの豊な時代を反映して、細工も繊細で貴族的で上品な作品が作られました。
2つの宝石は「男性と女性」を象徴しているのでしょう。
クロスする宝石が愛し合う恋人たちのイメージと重なります。

またクロスオーバーの変形に、トリロジーリング(Ring Trilogy)があります。
これは名前の通り、宝石が3石連なった指輪のことです。
多くの場合、同じ大きさの宝石が縦一列、あるいは横一列になります。
「トワエモワ」が2石のリングに対して、「トリロジーリング」は3石と言う違いです。
トリロジーリングも、同じ宝石で3石並んでいるものもあれば、2石のダイヤモンドが1石のルビーを囲んだもの、3石すべてが別々の宝石など色々なパターンがあります。
下記のように横に連なったリング。

オーストラリア産オパールアンティーク指輪(ダイヤモンド、トリロジーリング)

縦に連なったリング等、色々なパターンがあります。

天然パールとダイヤモンドのリング(バイカラー、フランス)

アンティークの指輪デザインには色々な呼称が付いていて、時には似たデザインが製作された国によって異なる名称で紹介されている場合もあります。
大切なのはもちろん名前ではなく、それらのリングの細工やラインが美しいかということです。
3石のトリロジーリングは2石以上にバランスが大切になります。

アンティークエピソード集 のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

1回のご注文・配送地1ヶ所につき、送料を740円(税込み/全国一律)を申し受けます。
ただし、1回のご注文金額が21,600円以上(税抜20,000円)の場合には送料を無料とさせていただきます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×