アールデコ ボンブリング(ダイヤモンド、ゴールドとプラチナ)

アールデコリングの代名詞であるボンブリング アールデコジュエリーを代表する指輪デザインの一つにボンブリングがあります。
特に1920-1930年代にとても人気のあった指輪デザインで、ボンブリング(bomb ring)という名称は「砲弾の頭部のような」という意味から来ています。
フランス語ではドームリングと呼ぶこともあります。
センターのダイヤモンドはオールドヨーロピアンカットで、無色のそれは上質な石が使われています。
石の留め方も完璧で、全周に繊細なミルが打たれています(ミルグレーヴィング)。
センターストーンを8つの小さなダイヤモンドが囲んでいますが、こちらはローズカットにされています。
センターストーンの四方の流れるような透かしが秀逸で、この部分で様式化した花を描いています。 これほど美しい透かしのボンブリングは初めて目にします その少し物騒な名前とは裏腹に、ボンブリングは美しい繊細な透かしがポイントになる指輪デザインです。
ドーム状に盛り上がったフェイスに、それは美しい透かしが立体的に入れられています。
透かしはプラチナを削って作りますから、言うまでもなく非常ハイレベルな宝飾技術が必要で、最もジュエリー製作の技術が高く発達したといわれた時代にふさわしい作品です。
この指輪はベース部分が18Kホワイトゴールドでできていて、指輪の上部の透かし部分がプラチナでできています。
繊細なレースのような透かしにはやはりプラチナが向いています。
どこに触れてもシルキーに滑らかで、着け心地が抜群です。
時代を駆け抜けたダイナミックなデザインと共に繊細な細工を楽しんでいただけます。
1920-1930年頃のフランス製。
指輪サイズは12.5号(有料でサイズ直し可)。

  • 高さ:13mm 
  • 販売価格:売り切れました。

アールデコ ボンブリング(ダイヤモンド、ゴールドとプラチナ)

世界にひとつだけの一点もの

  • なだらかでふっくらと丸みを帯びたドーム状のベゼル
  • 指全体にエレガントに広がる、ボリューム感が心地良いです
  • 透かし部分はすべてプラチナ、そしてあらゆる外枠にミルグレービング
  • センターのダイヤモンドは直径5ミリ弱、とても綺麗な石が使われてます
  • フランスの18金の刻印、透かし部分はすべてプラチナです
  • アールデコ ボンブリング(ダイヤモンド、ゴールドとプラチナ)
  • アールデコ ボンブリング(ダイヤモンド、ゴールドとプラチナ)
  • アールデコ ボンブリング(ダイヤモンド、ゴールドとプラチナ)
  • アールデコ ボンブリング(ダイヤモンド、ゴールドとプラチナ)
  • アールデコ ボンブリング(ダイヤモンド、ゴールドとプラチナ)
  • アールデコ ボンブリング(ダイヤモンド、ゴールドとプラチナ)
  • アールデコ ボンブリング(ダイヤモンド、ゴールドとプラチナ)
  • アールデコ ボンブリング(ダイヤモンド、ゴールドとプラチナ)
  • アールデコ ボンブリング(ダイヤモンド、ゴールドとプラチナ)
  • アールデコ ボンブリング(ダイヤモンド、ゴールドとプラチナ)

上の写真をクリックするとアールデコ ボンブリング(ダイヤモンド、ゴールドとプラチナ)の大きな写真が切り替わります。

アールデコ ボンブリング(ダイヤモンド、ゴールドとプラチナ)

[通販価格:税込]:売り切れました。

アンティークエピソード[Antique episode]

アンティーク ボンブリング(bomb ring)とは

ボンブリング(bomb ring)とは、ベゼルが丸みを帯びてふっくらとしたデザインのリングを指します。
フランス語ではドームリングとも呼ばれます(ベゼルの形がドーム状だからです)。
ボンブリングというユニークな名称は「砲弾の頭部のような」という意味から来ています。
1920-1930年代のアールデコ期にとても人気のあった指輪デザインです。
下記は当店扱いのプラチナとホワイトゴールドのボンブリング。
丸みを帯びたベゼルに、精緻な透かしが施されています。
アールデコの特にプラチナを用いたドームリングにはこのような、見事な透かしが施されたものがあります。

アールデコ ボンブリング
上記はプラチナの透かしでエレガントなドームリングでしたが、ボリュームのあるふっくらとしたデザインを生かした、コロンとした愛らしいリングも作られています。
例えば下記は当店で販売済みのボンブリング。
先ほどのボンブリングとほぼ同時代に作られています。
「星」は特にアールデコ期に作られたボンブリングで度々モチーフにされました。
アンティークボンブリング

またボンブリングの中には膨らみが控えめなものもあります。
下記は当店で販売済みのやはり1930年代のボンブリングですが、ふっくらと膨らんではいますがショルダーがなく、より広範囲になだらかに膨らんでいるデザインです。

アンティーク星のボンブリング(ダイヤモンド、1930年頃)

ボンブリングといえば圧倒的にダイヤモンドを宝石として用いたものが多いですが、下記のような例外もございます。
やはりアールデコ期のボンブリング、ダイヤモンドの代わりに用いられているのはカボションカットのオパールです。
当店にて販売済み。

アンティークボンブリング(オパール、銀製、1920年代アールデコ)

アンティークエピソード集 のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

1回のご注文・配送地1ヶ所につき、送料を740円(税込み/全国一律)を申し受けます。
ただし、1回のご注文金額が21,600円以上(税抜20,000円)の場合には送料を無料とさせていただきます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×