四つ葉のダッチローズカットダイヤモンドリング(18金ゴールド)

見応えあるアンティークダッチローズカットダイヤモンド 「アンティークダイヤモンド=ローズカット」のイメージが強いかもしれませんが、一言でローズカットといっても、面の多さや厚みなどその形状は実に様々です。
この指輪のダイヤモンドは、多面体のファセットをドーム状に施した所謂「ダッチローズカット」と呼ばれるローズカットです。
指輪自体は小ぶりですが、ドーム状になった部分に驚くほど盛り上がり、コロリとした愛らしいリングです。
「ダッチローズカット(Dutch Rosecut)」名前の通りオランダが有名ですが、フランスのアンティークジュエリーでもダッチローズカットのダイヤモンドは存在します。
フランスの18金の刻印の一つである「梟(フクロウ)」の刻印が押されています。
フクロウの刻印はフランスに輸入されたジュエリーに押される刻印なのですが、その作風と金のカラットからしてもフランスで作られたものではないかと推定します。
フクロウの刻印は、一般的には輸入品に押される刻印とされていますが、書類などが揃わずはっきりしなかった場合にも押されるからです。
ダイヤモンドの台座下の金の透かしや、ショルダーがなく、細い太さの均一なゴールドフレームにも、この時代のフランス(王政復古時代)の指輪の特徴がよく出ています。
もしかしますと「ダイヤモンドがオランダでカッティングされて、フランスで製造された・・・」等のストーリーがあるのかもしれません、このあたりは色々想像すると面白いです。
形も大きさもばらばらな四つ葉 モチーフは幸運を運ぶ四葉(ヨツバ)。
形も大きさもばらばらな4石のローズカットダイヤモンドが十字に並び、中心にも小さなダイヤモンドが置かれています。
コロリとした、他の指輪にない愛らしさがあります。
ダイヤモンドのセッティングに爪が使われているように見えますが、実際はゴールド枠の中に埋め込むように固定されていて、爪は装飾的なものです。
ホイルバッキング(ダイヤモンドに底辺に箔が置かれている)&クローズドセッティング(宝石の裏側の土台が閉じられている)されていますが、まるで朝露のように、水が滴るような美しいダイヤモンド。
19世紀初頭のフランスあるいは西欧諸国。
18金ゴールド。
指輪サイズは6号。
サイズ直しも可能ですが、現状のサイズを活かして、ピンキーリングのように使っても愛らしいです。

  • 高さ:9mm 
    重量:1.2g
  • 販売価格:売り切れました。

四つ葉のダッチローズカットダイヤモンドリング(18金ゴールド)

世界にひとつだけの一点もの

  • 四つ葉のほうのダイヤモンドの大きさは直径4ミリ程
  • 指輪モチーフは直径9ミリと小さめなので、ピンキーリングにも向きます
  • 小粒な指輪ですが、ダイヤモンドは厚みがありコロンとした愛らしさが魅力
  • ファセットが多くクローズドセッティングとは思えないほどの透明感
  • フレーム後ろにフランスの18金の刻印あり
  • 四つ葉のダッチローズカットダイヤモンドリング(18金ゴールド)
  • 四つ葉のダッチローズカットダイヤモンドリング(18金ゴールド)
  • 四つ葉のダッチローズカットダイヤモンドリング(18金ゴールド)
  • 四つ葉のダッチローズカットダイヤモンドリング(18金ゴールド)
  • 四つ葉のダッチローズカットダイヤモンドリング(18金ゴールド)
  • 四つ葉のダッチローズカットダイヤモンドリング(18金ゴールド)
  • 四つ葉のダッチローズカットダイヤモンドリング(18金ゴールド)
  • 四つ葉のダッチローズカットダイヤモンドリング(18金ゴールド)

上の写真をクリックすると四つ葉のダッチローズカットダイヤモンドリング(18金ゴールド)の大きな写真が切り替わります。

四つ葉のダッチローズカットダイヤモンドリング(18金ゴールド)

[通販価格:税込]:売り切れました。

アンティークエピソード[Antique episode]

ローズカットダイヤモンド、ダッチローズカットのアンティークジュエリー

ローズカットのダイヤモンドは、ブリリアンカットが主流となっている現在においては珍しい存在で、「アンティークジュエリー」ならではの味わいのあるものとして人気があります。
ローズカットとは、底辺が平らでドーム上にもりあがった上部に三角形のファセットカットが施されたカッティングのことです。
表面に細かなファセットが入っていて、ダイヤモンドの上部にテーブル(平らな面)がなく、バラのつぼみが開いたように見えます。
フランスでローズカットのダイヤモンドジュエリーは特に18世紀から19世紀半ばのジュエリーに見られますが、ブリリアンカットが19世紀半ばに登場してからも完全になくなるわけではなく、特に小さなダイヤモンドでは度々用いられ続けます。
ダイヤモンドのカッティングは大まかに言いますと
「ポイントカット→テーブルカット→ローズカット→ブリリアンカット」と変遷していきます。

ところでローズカットダイヤモンドはアンティークジュエリーの代名詞のように語られることが多いですが、現代でもカッティングそのものは可能です。
「ローズカットダイヤモンドだから必ずしもアンティークジュエリー」とは限らないということぜひ気に留めておかれてください。

またローズカットダイヤモンドはブリリアンカットのように「どこから見ても輝くよう計算されたカッティング技法」ではありませんので「ローズカットダイヤモンドは光らない」とおっしゃる方もいます。
しかし良質なローズカットダイヤモンドは控えめな輝きながらも、綺麗に煌きます。

また驚かれるかもしれませんが、一言で「アンティークダイヤモンドのローズカット」と言っても、実はローズカットも何種類かありそれぞれ異なります。 例えば下記は「ダッチローズカット(Holland cutting)」と呼ばれるものです。
dutchrosecut.jpg ダッチローズカットブレスレット
ダッチローズカットは普通のローズカットよりカット面数が多く、ダッチローズカット・ダイヤモンドは、優れたカットの石が使われていることが多いです。
ちなみにその名前からも分るようにダッチローズカットはオランダで生まれましたが、オランダに限らずフランスなどのアンティークジュエリーでも見られます。
ダッチローズカットはよくローズカットの見本のように示されていますが、実際のアンティークジュエリーではもっとファセット面が少なく簡略化されたローズカット(「シンプルローズカット」と呼ばれることもあります)の方がむしろ多く見られます。

シンプルローズカット
シンプルローズカット
18世紀ダイヤモンドピアス

他にも底がちょっと厚みがあるものとか、上部がドーム状にふくらんでいるもの等々、ローズカットも色々違いがあります。


ローズカットは主に17世紀半ばから19世紀半ばにかけてジュエリーに用いられます。
17世紀半ば以前はダイヤモンドはテーブルカットや原石に近いダイヤモンドが用いられており、1850年以降はオールドヨーロピアンカット(ブリリアンカットの一種)が登場します。
しかしながらその後も特に脇石などの小さめのダイヤモンドにはローズカットが施されることも多く、「ローズカット」と言うカッティングだけからそのジュエリー(あるいはダイヤモンド)の年代を特定することは難しいです。
もちろんダイヤモンドのカッティングは年代を特定する大事な要素の一つには違いありません。
18世紀のローズカットと19世紀のローズカットには違いも見られます。
一般的に18世紀のローズカットのカッティングは19世紀のそれよりずっと平坦で、またダイヤモンドももっと中に黒い内包物の見られるものが多いです。

アンティークエピソード集 のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

1回のご注文・配送地1ヶ所につき、送料を740円(税込み/全国一律)を申し受けます。
ただし、1回のご注文金額が21,600円以上(税抜20,000円)の場合には送料を無料とさせていただきます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×