アンティーククッションシェイプダイヤモンド指輪(イエローゴールド、1910年頃)

ほぼスクエア、あまりに美しいクッションシェイプのダイヤモンド 1910年頃のフランス製。
先日の「ダイヤモンド二連リング」と同じく、ダイヤモンドに特別なこだわりを持たれたディーラーさんから仕入れました。
やはりダイヤモンドの綺麗さが格別です。
ダイヤモンドはアンティークならではの醍醐味の一つであるクッションカット。
クッションカットダイヤモンドのお見本のような非常に綺麗なカッティングです。
ダイヤモンドの直径は4ミリですが、ほぼ四角形であることから、通常の円形の直径4ミリのダイヤモンドよりボリュームがあります。
またこのダイヤモンド、大粒なだけでなく後ろから見ますとちょっと驚くほど厚みがあります。
原石がどのような形であったかは想像できないのですが、普通のオールドヨーロピアンカットであったら、もっと表面積を大きく取れたのではないでしょうか。
何とも贅沢なダイヤモンドの使い方で、そしてトップクオリティーのダイヤモンドなのですからもう言うことはありません! まさに一生愛せるダイヤモンド指輪です 全体のスッキリ感は、正面から見たときにダイヤモンドの台座が一切見えないからです。
ダイヤモンドの厚みを生かして、石の下部をゴールドの枠が包んでいます。
それでいて裏から見ますとダイヤモンドのキューレットが台座の底面近くまで来ていますから、やはりバランス的に厚みがあるのです。
ボリュームのあるダイヤモンドとは対照的に、細身の指輪デザインが洒落ています。
特にダイヤモンドの両側は、フレームがきゅっと絞り込まれてスリムなラインに、そして石の両側面部分にはスリットが絶妙なラインで入っています。
華奢なようでいて、側面には堅牢さを出すためにしっかりと厚みが取られていることが分かります。
女性なら誰でも好きな指輪でしょう。
ちょっと贅沢な大人の普段使いにぴったりのリング。
若い頃につけていた指輪は、数十年すると物足りなくなることも多いですが、こちらの指輪はダイヤモンドがゴージャスですので50代になっても60代になっても、20代の頃と変わらず愛用できるでしょう、まさに一生愛することのできる指輪です。
地金は18金ゴールド。
指輪サイズは12.5号(有料でサイズ直し可)。
アンティーククッションシェイプダイヤモンド指輪の動画も撮っておりますのでご覧ください。

  • 高さ:4mm 
    重量:1.6g
  • 販売価格:売り切れました。

アンティーククッションシェイプダイヤモンド指輪(イエローゴールド、1910年頃)

世界にひとつだけの一点もの

  • オールドマインカット(クッションカット)された クリアーなダイヤモンド。 現代のブリリアンカットダイヤモンドとは 現代のブリリアンカットダイヤモンドとは明らかに違う輝きが印象に残ります
  • ダイヤモンドの無色透明さは、この写真がよくイメージが出ていると思います
  • ダイヤモンドの両側に絞りが入っていていわゆるショルダーがなく端正なライン
  • 正面から見るとスレンダーなラインですが、側面にはしっかり厚みがあります
  • 裏面の窓は真四角ではなく、上下をより広く取ることで更に光を取り込んでます
  • アンティーククッションシェイプダイヤモンド指輪(イエローゴールド、1910年頃)
  • アンティーククッションシェイプダイヤモンド指輪(イエローゴールド、1910年頃)
  • アンティーククッションシェイプダイヤモンド指輪(イエローゴールド、1910年頃)
  • アンティーククッションシェイプダイヤモンド指輪(イエローゴールド、1910年頃)
  • アンティーククッションシェイプダイヤモンド指輪(イエローゴールド、1910年頃)
  • アンティーククッションシェイプダイヤモンド指輪(イエローゴールド、1910年頃)
  • アンティーククッションシェイプダイヤモンド指輪(イエローゴールド、1910年頃)
  • アンティーククッションシェイプダイヤモンド指輪(イエローゴールド、1910年頃)

上の写真をクリックするとアンティーククッションシェイプダイヤモンド指輪(イエローゴールド、1910年頃)の大きな写真が切り替わります。

アンティーククッションシェイプダイヤモンド指輪(イエローゴールド、1910年頃)

[通販価格:税込]:売り切れました。

アンティークエピソード[Antique episode]

アンティークダイヤモンドのカット「クッションシェイプ(オールドマインカット)」とは

アンティークダイヤモンドには、現代のブリリアンカットとは異なるアンティークジュエリー特有のダイヤモンドのカッティングがいくつか見られます。
その中の一つがクッションシェイプカット(クッションカット)です。
なぜ「クッション」と言うかというと、まるでクッションのような形だからです。

ラウンド・ブリリアンカット(円形)のオールドヨーロピアンカットとは異なるオールドカットの中で、ガードルのアウトラインが丸と四角が混ざったようなシェイプのカットと言います。
「クッションシェープド・ブリリアント」とか「アンティーククッションカット」とも呼ばれます。
日本では「オールドマインカット」と呼ぶ業者さんの方が多いかもしれません。

クッションシェイプダイヤモンドピアス(イエローゴールド、1900年頃)

円形とスクエアの混ざったような形のダイヤモンドカットです。
このクッションシェイプカット(オールドマインカット)のダイヤモンドは、クラウンに厚みがあるのが特徴です。

クッションシェイプダイヤモンドのアンティークピアス(大粒、お花)

厚みがあるゆえに、光を当てた時にダイナミックなシンチレーションを楽しむことが出来ます。

またクッションシェイプダイヤモンドの真ん中は、まるで穴が開いているように見えるると思いますが、これはクッションシェイプカットがキューレットの先端をカットしているからです。

ビジュードプロヴァンス アルルの指輪(オールドマインカット クッショシェイプダイヤモンド)

まるで「座布団」のような形で、長いアンティークの歴史の中でも限られた時代にしか見えない希少なカッティングです。
フランスでは特に19世紀後期から1930年代までのダイヤモンドジュエリーの一部に見ることが出来ます。
クッションシェイプのダイヤモンドには質で厚みのある石が使われたことが多く、美しいダイヤモンドジュエリーが多いです。

アンティークエピソード集 のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

1回のご注文・配送地1ヶ所につき、送料を740円(税込み/全国一律)を申し受けます。
ただし、1回のご注文金額が21,600円以上(税抜20,000円)の場合には送料を無料とさせていただきます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×