アンティークガーネットエタニティーリング(1840年頃、トランジションスタイル)

全周をガーネットがぐるり、変遷の時代のエタニティーリング 1840年頃のフランス製。
このリングを初めてご覧になられた方は皆様、一様に驚かれます。
こんな珍しいコンセプトのリング、他にないですからね。
全周にガーネットがずらりと並んだ、言わば「ガーネットのエタニ 作られたのは1840年頃のフランスです。
王政復古の直後で、第二帝政が始まる前のちょうど「変遷の時代」で作られました。
王政復古のデザインの影響も見られる一方で、第二帝政のマニッシュな印象を受けるのはそのためです。
このような1つのスタイルからもう1つのスタイルへと変遷する時代に作られたジュエリーを「トランジションスタイル」と呼ぶことがあります。
皆さんがはっとするのも当然で、それだけ珍しいジュエリーなのです。
11粒の力強い赤色のガーネット 使われているガーネットも特徴的です。
まず色がかなり濃い赤色です。
そして濃いのに、色調としては明るいです。
ボヘミアンガーネットはもっと石榴色をしていますので、この色調は当時のフランス産のガーネットです。
裏がクローズドになっていますので、実際の石の色より暗く見えますが、光のあたるところを見ますとかなり明るい赤色でボヘミアンの色合いとは異なります。
(写真は光を当てて撮影しますので、自然光下で見るより明るい色調で映っています。)
強いエネルギーを感じるしっかりとした良質な力強いガーネットです。
1石ずつかなりの厚みがあり凸状になっており、エタニティーリングとしても斬新なデザイン。
フレームもしっかりとしたボリュームがあるためマニッシュな印象を与える一方、ゴールドの色は少しピンクを帯びたローズゴールドで。
1石ずつハンドメイドで作られたゴールドの台座は対照的に薄く繊細で、ハンサムな指輪でありながら、貴族的な上品さも兼ね備えています。
時代の変遷の中で作られたこのリングは、移り変わる時代の中でも逞しく生きぬく力を私たちに与えてくれそうです。
ガーネットは身を守る宝石として古くから愛されてきましたし、お守りのように着けていたくなる指輪です。
地金は18金ゴールド。
指輪サイズは11号(サイズ直しは不可)。

  • 高さ:5mm 
    重量:4.1g
  • 販売価格:売り切れました。

アンティークガーネットエタニティーリング(1840年頃、トランジションスタイル)

世界にひとつだけの一点もの

  • 光が当たることで本来の明るい赤色が良く見えてきます
  • まるで数珠のような指輪、太さは5ミリ弱。お守りになってくれそうなリング
  • 裏がクローズドでフレームもボリュームがあり、指輪の厚みは4ミリ程と厚めです
  • ガーネットは直径5ミリ弱、そして厚みもあり立派な石が使われています
  • 1石ずつ形をあわせて作られた台座、側面に金彫りの模様が入っています
  • アンティークガーネットエタニティーリング(1840年頃、トランジションスタイル)
  • アンティークガーネットエタニティーリング(1840年頃、トランジションスタイル)
  • アンティークガーネットエタニティーリング(1840年頃、トランジションスタイル)
  • アンティークガーネットエタニティーリング(1840年頃、トランジションスタイル)
  • アンティークガーネットエタニティーリング(1840年頃、トランジションスタイル)
  • アンティークガーネットエタニティーリング(1840年頃、トランジションスタイル)
  • アンティークガーネットエタニティーリング(1840年頃、トランジションスタイル)
  • アンティークガーネットエタニティーリング(1840年頃、トランジションスタイル)

上の写真をクリックするとアンティークガーネットエタニティーリング(1840年頃、トランジションスタイル)の大きな写真が切り替わります。

アンティークガーネットエタニティーリング(1840年頃、トランジションスタイル)

[通販価格:税込]:売り切れました。

アンティークエピソード[Antique episode]

トランジションスタイルのアンティークジュエリー

このリングもそうなのですが、ある時代からまた次の時代へ。
スタイルの過渡期に作られたジュエリーのことをよく「Transition style トランジションスタイル」と呼ぶことがあります。
この指輪の場合は、王政復古の時代から第二帝政に向けての時代の変遷ですが、他の時代の狭間に作られたジュエリーに対しても使います。
めまぐるしく世界が変化した時には芸術様式も目覚ましく変化します。
王政復古の貴族的な文化から、ナポレオン3世が台頭してくる第一帝政へと向かっていく時代もやはり激動の時代でした。
貴族的な雰囲気と少し騎士的なマニッシュな雰囲気。
両者とも一目でそれと分かる特徴を持っています。
アールヌーヴォーとアールデコの時代も然りです。
アールヌーボーの終焉ののちにアールデコの時代が訪れるのですが、アールヌーヴォーのスタイルが、ある日突然アールデコに変わったわけではありません。
やはりそこにはスタイルの過渡期が存在し、数は少ないですが両方の特徴が見れるジュエリーも存在するのです。

アンティークエピソード集 のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

1回のご注文・配送地1ヶ所につき、送料を740円(税込み/全国一律)を申し受けます。
ただし、1回のご注文金額が21,600円以上(税抜20,000円)の場合には送料を無料とさせていただきます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×