アンティークトルコ石指輪(ダイヤモンド、一文字リング、王政復古)

ワケありですが、チャーミングでお買い得なトルコ石指輪 1820年頃のフランス製。
王政復古時代らしい広く浅くセットされたトルコ石が、円らかで非常にチャーミングな指輪です。
「えっ」と思われるほどリーズナブルなのは、5石あるトルコ石の内、2石に僅かなえぐり傷があるためです。
肉眼では気づかないレベルですが、ルーペで端の方を見ますと確認できます。
割れではなく、えぐれた跡ですからそこから傷が広がるタイプの傷みではありませんが、傷を加味してスペシャルプライスです。
正面ではない小さなえぐり傷、ヨーロッパの方なら「それが何か?これもアンティークの魅力の一部だよ」というレベルです。
とてもお買い得です。
透かしにもなったゴールドの爪が愛らしさの秘密 5石に横に連なったデザインというのは、アンティークトルコ石指輪の中で珍しいものではないのですが、どこかが違います。
前述した面を大きく取ったトルコ石のセッティングはもちろんのこと、トルコ石の四隅にダイヤモンドがまるで星空のようにキラりきらりと光ります。
(合計8石のダイヤモンド)。
ダイヤモンドの留め方が変わっていて、トルコ石の台座から伸びるゴールドの爪を伸ばすことで留められています。
「草茎」を象徴化したような、なだらかな曲線のゴールドの爪。
そしてこの爪の部分は透かしにもなっています。
遊び心溢れる、個性的で工夫を凝らした可愛いセッティングです。
地金は18金ゴールド。
指輪サイズは12.5号です(有料でサイズ直し可)。

  • 高さ:5.5mm 
    重量:2.9g
  • 販売価格:売り切れました。

アンティークトルコ石指輪(ダイヤモンド、一文字リング、王政復古)

世界にひとつだけの一点もの

  • トルコ石は最大のもので直径5ミリ程、空色の爽やかで艶のある石です
  • 横に宝石が連なる着けやすいデザイン、実際傷は肉眼では分かりません
  • 一味違うのが横から見ると「透かし」にもなったゴールドの爪、そしてダイヤモンド
  • 横から見るとこのように草茎模様、英語ではと呼ばれています
  • それぞれの石の大きさに合わせて綺麗に明けられた窓、正確で緻密な作りです
  • アンティークトルコ石指輪(ダイヤモンド、一文字リング、王政復古)
  • アンティークトルコ石指輪(ダイヤモンド、一文字リング、王政復古)
  • アンティークトルコ石指輪(ダイヤモンド、一文字リング、王政復古)
  • アンティークトルコ石指輪(ダイヤモンド、一文字リング、王政復古)
  • アンティークトルコ石指輪(ダイヤモンド、一文字リング、王政復古)
  • アンティークトルコ石指輪(ダイヤモンド、一文字リング、王政復古)
  • アンティークトルコ石指輪(ダイヤモンド、一文字リング、王政復古)

上の写真をクリックするとアンティークトルコ石指輪(ダイヤモンド、一文字リング、王政復古)の大きな写真が切り替わります。

アンティークトルコ石指輪(ダイヤモンド、一文字リング、王政復古)

[通販価格:税込]:売り切れました。

アンティークエピソード[Antique episode]

アンティークトルコ石(ターコイズ)について

トルコ石は古代より愛されて、最も古くから宝飾品に重用されてきた宝石のひとつです。 トルコ石は、古代エジプトではオシリス神とイシス神に捧げられる石でした。
その大空のような水色から、「神聖なる石」とされてきました。
古くから危険や邪悪なエネルギーから持ち主を守ると言われています。
「出世の石」としても有名で、古くから権力者に愛されてきたのも、そうしたトルコ石の力のためだったのかもしれません。
トルコ石には、さまざまな伝説があります。
中でも天然トルコ石には危険が迫ると色が変わり、持ち主に災厄を知らせる力があるといういい伝えは有名です。
色が変わるだけでなく、時には持ち主の身代わりとなって砕け散ることもあったという言い伝えがあります。
邪悪なものや、迫り来る危険から守ってくれるトルコ石は、やがて旅のお守りなどに用いられるようになります。

昔のトルコ石と現在のトルコ石は、別の石と言ってよいほど大きく価値が異なります。
トルコ石は、硬度がダイヤモンドを10(最強)の十段階にて換算して4〜7程。
天然強度が5〜7のトルコ石は全体の生産量の1割から2割ほどしかとれないのです。
もちろん宝石を用いる人がごく一部の人に限られた昔、アンティークジュエリーに使われているトルコ石には、まずこうした超良質のトルコ石が使われています。
しかし現在、流通しているトルコ石は、4以下の物が大半。
硬化剤の入った樹脂を含浸していることがほとんどです。
柔らかすぎる為にそのままの状態では宝石として成り 立たないのです。
現在流通しているトルコ石のほとんどは、液体プラスチックと共に青い塗料を入れて気圧をかけていたり、一度石を粉にして、樹脂、塗料を混ぜて固め直していたりされています。
トルコ石の色艶が違うのは当然で、別の宝石と考えるべきです。

また産地も大きく異なります。
アンティークジュエリーで用いられている昔のトルコ石は主にイラン産です。
トルコ石と呼ばれていますが、トルコで産出されたわけではありません。
イラン産のものがもっとも良質であると言われています。
一度、仕入れの際にアンティークのイラン産トルコ石でとても大粒で球体のトルコ石を数珠のようにつなげたネックレスを見せてもらったことがあるのですが、その美しさには言葉を失いました。
またその高価さにも言葉を失いました(笑)。
そのネックレスに使われていたような直系1センチを超すようなボリュームのアンティーク・イラン産トルコ石は、目が飛び出るほどお値段も高くなるのです。
現在トルコ石はそれほど高価なイメージはないかもしれませんが、良質な昔のイラン産(あるいは中東産)のものはそれだけの高い価値を持つ宝石です。

下記は1950年頃とアンティークと呼ぶほど古い時代のジュエリーではないですが、ルネ・ボワヴァン(Rene Boivin)製作の素晴らしい大粒のトルコ石を用いたネックレスです。
数年前にパリで開催されたクリスティーズのオークションカタログからの抜粋です。
こうした大粒の良質なかつてのトルコ石の値段の高騰はまさに止まることを知りません。

ルネボワヴァン

色は青から緑の色を持つ不透明な鉱物で、強い空色のものがもっとも価値があるといわれています。
水色は大地を潤す水を象徴し、心に健全さを取り戻す力があるのだとか。
もっとも美しい色は、ロビンエッグカラー、「こまどりの卵の殻の色をした空青色とされています。
この空青色の主因は、主成分として含まれるCu(銅)ですが、その他Fe(鉄)の含有や多孔質の程度により、緑がかったものから白がかったものまで色調には多少の個体差が見られます。

アンティークジュエリーにおいて、トルコ石は大小さまざまなサイズのものが指輪、ネックレス、ブレスレット、ピアスあらゆるジュエリーに取り入れられてきました。
特に19世紀のパリュール(ジュエリーのセット)などでは圧巻の作品が見られます。
下記は当店で販売済みのネックレス、指輪、ピアスのセットです。

トルコ石アンティークネックレス

トルコ石アンティークネックレス

真珠とトルコ石のアンティークリング

またモチーフとしてはその可憐な水色を生かして勿忘草(forget me not)に見立てられることが多かった宝石です。
下記は当店で販売済みのわすれな草の指輪です。

アンティークターコイズ指輪(勿忘草forget me not 19世紀初頭)

勿忘草

アンティークエピソード集 のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

1回のご注文・配送地1ヶ所につき、送料を740円(税込み/全国一律)を申し受けます。
ただし、1回のご注文金額が21,600円以上(税抜20,000円)の場合には送料を無料とさせていただきます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×