アンティークダイヤモンドエタニティーリング(ローズカット、結婚指輪)

アンティークならではのローズカットのエタニティーリング] 20世紀初頭,1910-20年頃のフランス製。
ダイヤモンドが全周にセットされたフルエタニティーリングです。
エタニティーリング自体は現代でも作られる指輪デザインですよね。
でも初めて本格的に作られ始めたのは20世紀初頭のフランスに於いてです。
その後、アメリカなどにも渡り、日本でも指輪の定番の一つになりました。
しかしもちろん現代の完全に鋳造で作られたエタニティーリングとは作りが別物のように異なります。
当時のエタニティーリングは、まずフレームを作ったら、ダイヤモンドの形にあわせて1石ずつ窓を糸鋸でくりぬいていたのです。
ダイヤモンドがずらりと並んでいても、一様な感じがせず表情豊かなのです。
裏から見ると一目瞭然ですが、ダイヤモンドも一石ずつ微妙に形や大きさが異なるのです。
こんなこと、現代ジュエリーでは絶対にありえませんから。
またダイヤモンドはすべてローズカットです。
これもやはりアンティークならではですね。
30粒以上のダイヤモンドが並び華やかなのに、飽きが来ずに目立ちすぎない。
こんな指輪こそ本来、エタニティーリングとしてずっと愛用すべきなのです。
ダイヤモンド以上に素晴らしい金細工 アンティークエタニティリングの魅力は、ダイヤモンド以上に、フレーム上下の細工にあります。
フレームの上部にも下部にも、2ミリほどの葉っぱのモチーフがぎっしりと、そして寸分の狂いもなく刻まれています。
そしてやはりすごいなと思うのが、葉っぱと葉っぱの間にどこにも隙間もなければ、途中で葉っぱが切れているところもないのです。
当たり前ですがきちんと計算されているんですよね。
この部分は、人からあまり見えなくても何より見に着けている自分の目に入り、そして指を動かす時にちらりと他の人にも見えるところが粋です。
細やかな細工、美しいダイヤモンド、派手ではないのに華やかさのあるリング。
実はアンティークのフルエタニティーリングは、フランス現地でも滅多に見つけることはなく、これまで何回かいろんな方からリクエストを頂いたにもかかわらず初めての入荷です。
地金はすべて18金ゴールドになります。
サイズ13.5号、お直し不可です。

  • 高さ:3.5mm 
    重量:3.2g
  • 販売価格:売り切れました。

アンティークダイヤモンドエタニティーリング(ローズカット、結婚指輪)

  • ダイヤモンドは2.5-3ミリ、1石でメインになれる石が30粒以上使われている贅沢
  • 指輪自体の幅は3.5ミリ程、細すぎず太すぎず毎日でも着けやすいサイズです
  • 石の裏の窓を見ると、ハンドメイドのしっかりとした作りであることが分かります
  • 味わい深いローズカット、内包物は少しありますが透明感がありよく光ります
  • 細かく緻密な金細工がこの年代のエタニティならではの醍醐味です
  • アンティークダイヤモンドエタニティーリング(ローズカット、結婚指輪)
  • アンティークダイヤモンドエタニティーリング(ローズカット、結婚指輪)
  • アンティークダイヤモンドエタニティーリング(ローズカット、結婚指輪)
  • アンティークダイヤモンドエタニティーリング(ローズカット、結婚指輪)
  • アンティークダイヤモンドエタニティーリング(ローズカット、結婚指輪)
  • アンティークダイヤモンドエタニティーリング(ローズカット、結婚指輪)
  • アンティークダイヤモンドエタニティーリング(ローズカット、結婚指輪)

小さな写真をクリックすると大きな写真が切り替わります。

 

アンティークダイヤモンドエタニティーリング(ローズカット、結婚指輪)

売り切れました。
送料無料!

このジュエリーに似た商品をご希望の方は、メールマガジンのご登録をいただくと、サイト掲載前に新入荷商品としてお知らせいたします。
ご登録は、メルマガ登録からどうぞ!

アンティークエピソード

アンティークエタニティーリング(エタニティリング)

現在でも「エタニティーリング」と呼ばれて愛されている指輪デザインの歴史は古く、フランスでは18世紀のジュエリーに既にエタニティリングを見つけることが出来ます。
この指輪デザインのことをフランス語では「Alliance(結婚指輪=マリッジリング)」と呼びます。
この「alliance」という言葉は元々は、「同盟」とか「協定」といった意味のフランス語で、そこから転じて「結婚」、「結婚指輪」を指します。

下記は当店で販売済みの18世紀のエタニティリング。
緑石はペーストガラスです。

18世紀エタニティリング(緑ガラスペースト、結婚指輪)

アンティークのエタニティーリングはダイヤモンドだけでありません。
古くは上記のようなペーストガラスも用いられましたし、下記はマルカジットを用いたエタニティリングです。(19世紀初頭)

アンティークエタニティーリング(マルカジット、銀製、19世紀初頭フランス)"

エタニティリングはまた、20世紀初頭にアメリカ人に愛されオーダーされた指輪デザインです。
フランスのアンティークジュエリーでもこの頃に作られたエタニティーリングが数としてはもっとも多いです。
そのため、フランスでは「Alliance Americaine(アメリカの結婚指輪)」とも呼ぶことも多いです。
半周だけ宝石が巡らさせたものは、半分と言う意味の「Demi」が前について「Demi-alliance」と呼ばれています。

フルエタニティーダイヤモンドリング(フランス、20世紀初頭)。

アンティークダイヤモンドエタニティーリング(ローズカット、結婚指輪)

セミエタニティーリング(フランス、20世紀初頭)。

アンティークダイヤモンドエタニティーリング(ローズカット、結婚指輪)

ダイヤモンド以外の宝石もエタニティーリング(セミエタニティーリング)に用いられました。

下記はガーネットのフルエタニティリング(フランス、1840年頃)。

アンティークガーネットエタニティーリング(1840年頃、トランジションスタイル)

そしてフランスだけでなく、下記はロシア製作のトルコ石をあしらったエタニティーリング。

アンティークトルコ石エタニティ指輪(ロシア、花冠)

下記のように2つのまったく同じサイズのエタニティリングをあらかじめ重ねづけするように作ったリングも作られました。
これは今日では別々に着けることもでき、とても重宝ですね。

ルビーとダイヤモンドのアンティークセミエタニティーリング

アンティークのエタニティリングは当店でもよくお問い合わせを頂きますが、そもそも数が少ないのに加えて、フルエタニティリングの場合はサイズ直しができないのが難しいところです。
指にぴったりの特にフルエタニティのアンティークリングで気に入られたものを見つけられたときは、迷わずにご購入をお薦めいたします!

アンティークエピソード集のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×

Antique Jewelry シェルシュミディ[Cherche Midi]

シェルシュミディで取り扱うアンティークジュエリーは、全てオーナーが直接フランス、イギリスを主としたヨーロッパで買い付けてきたものです。

シェルシュミディ情報発信

メールマガジン
新着ジュエリー&セール情報をいち早くお届けします
オーナーブログ
シェルシュミディのオーナーブログ。買い付けの様子など
インスタグラム
新着ジュエリーをいち早く写真でご紹介
facebook
買い付けたジュエリーを現地からリアルタイムでご紹介
アンティークエピソード集
アンティークジュエリーを購入する上で知っておきたい知識
シェルシュミディ 住所:京都府京都市上京区仲之町276番地D4 電話:075-406-5462
© 2018 Cherche Midi, All Rights Reserved.