アンティークダイヤモンドリング(ローズカット、5石の一文字リング)

さり気ない、しかし他で見つからない指輪 19世紀後期のフランス製。
ダイヤモンドが6石横に連なったリングです。
パッと一目見た感じは「シンプルでさり気ない」と言う印象を受ける指輪です。
しかしこの指輪の構造は珍しく、そして凝っています。
台座部分をホワイトゴールドだけにして、フレームはイエローゴールドに。
フレームがまっすぐで所謂ショルダーがなく、そのまま台座へとつながっています。
そして台座裏にはまたイエローゴールドが薄く張られています。
ショルダーのない指輪でこれだけ台座が長いデザインも面白いです。
緻密に作りこまれたすっきりとしたライン。
「シンプルに垢抜けて見えるものほど、実は凝っている」というジュエリーの好例です。
厚みのあるローズカットダイヤモンド ダイヤモンドは6石、すべてローズカットにされています。
直径2.5ミリ程で大きくはないダイヤモンドですが、遠目に見ても凛とした存在感があります。
なぜならダイヤモンドにかなりの厚みがあるからです。
厚みを生かして、凹凸が深く取られたローズカットになっています。
ダイヤモンドの石自体は台座にかなり深く埋め込まれていますが、この豊かなカッティングは上からみた時も非常に存在感があります。
またダイヤモンドは、1石ずつカッティングも同一ではありません。
特に石の中で一番高く盛り上がっている位置が少しずつ異なります。
そのちょっとゴツゴツとした形状の違いが、比較的平坦なこの指輪に立体感を与えていて、生き生きと美しく見えます。
毎日さり気なく使える指輪こそ、他にない「良いもの」を選びたいですね。
地金は18金ゴールド。
指輪サイズは12号(有料でサイズ直し可)。

  • 高さ:3mm 
    重量:1.8g
  • 販売価格:売り切れました。

アンティークダイヤモンドリング(ローズカット、5石の一文字リング)

世界にひとつだけの一点もの

  • 19世紀のダイヤモンドなので内包物はありますが透明度の高いダイヤモンドです
  • 縦幅が3ミリと浅めに、さり気なく身に着けることができます 
  • 19世紀のダイヤモンドでも良い石はこのように光ります
  • キューレットの位置や盛り上がりが石ごとに微妙に異なることで、表情が豊か
  • ショルダー部分がなく、すっきりとしたデザイン、シンプルなようでいて珍しいです
  • アンティークダイヤモンドリング(ローズカット、5石の一文字リング)
  • アンティークダイヤモンドリング(ローズカット、5石の一文字リング)
  • アンティークダイヤモンドリング(ローズカット、5石の一文字リング)
  • アンティークダイヤモンドリング(ローズカット、5石の一文字リング)
  • アンティークダイヤモンドリング(ローズカット、5石の一文字リング)
  • アンティークダイヤモンドリング(ローズカット、5石の一文字リング)
  • アンティークダイヤモンドリング(ローズカット、5石の一文字リング)
  • アンティークダイヤモンドリング(ローズカット、5石の一文字リング)

上の写真をクリックするとアンティークダイヤモンドリング(ローズカット、5石の一文字リング)の大きな写真が切り替わります。

アンティークダイヤモンドリング(ローズカット、5石の一文字リング)

[通販価格:税込]:売り切れました。

アンティークエピソード[Antique episode]

アンティーク一文字リング

「一文字リング」とはアンティーク指輪のデザインの一つです。
ダイヤモンド等の宝石が一列に入ったタイプの指輪の事を指します。
大抵の場合は横一列に、指の上に乗る分だけ宝石がセッティングされています。
ダイヤモンドの一文字リングはアンティークジュエリーにおいて、特にイギリスのアンティークジュエリーにおいてよく見られるデザインですが、フランスのアンティーク指輪でも存在します。
使われているダイヤモンドの数は色々で5石のものが多いですが、時々8石と指のかなり横のほうまでダイヤモンドが乗っている指輪も見られます。
この一文字リングはアンティーク指輪にしては珍しく、比較的長い時代にわたって少しずつデザインを変化させながら作り続けられた指輪デザインですが、一番作られたのは1880年-1900年頃です。
日常的に使いやすく日本女性にも人気があるタイプのアンティーク指輪です。
また縦幅は短く横に長いデザインですので、重ねづけもしやすいところがポイントです。
アンティーク一文字リングはダイヤモンド以外でも、ブルーサファイア、トルコ石が5石並んだもの、ルビー5石が並んだもの、ガーネット5石並んだものなどが存在します。
フランスでは、川に水が流れるように宝石を並べたものは「リヴィエール」と呼ばれることがあります。
リヴィエールとは元々フランス語で、「川」とか「流れ」といった意味を持ちます。
「リヴィエール」は、いろいろなことわざにも使われるフランス語です。

「一文字リング」の指輪デザインは(もちろんまったく同じ形や同じレベルの細工ではありませんが)現代ジュエリーでも存在するようで、現代ジュエリーでも同じ呼称のようです。
アンティーク指輪のデザインはクロスオーバーリングにしても一文字リングにしても後年に影響を残し、現代でも似たようなデザインのジュエリーが製作されているものもあります。
逆に言えば現代の洋服やジュエリーの元になっているのが、特にベルエポックの時代の頃のファッションやジュエリーなのです。

アンティークエピソード集 のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

1回のご注文・配送地1ヶ所につき、送料を740円(税込み/全国一律)を申し受けます。
ただし、1回のご注文金額が21,600円以上(税抜20,000円)の場合には送料を無料とさせていただきます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×