アンティークインタリオ指輪(ライラック色のアメジスト、イニシャル)

アメジストに彫られたJ字 1850年頃のフランス製。
透明度のある素晴らしいアメジストいっぱいに、Jの文字が彫られたインタリオの指輪です。
もちろんこれはこの指輪の持ち主の頭文字だったのでしょう。
Julie, Juliette、フランスでも「J」で始まる女性のファーストネームは多いですが、日本語でもJunkoなど、該当する女性も多いですし、考えましたら「Japan」でもありますね。
ライラック〜紫色の澄み切ったアメジスト そしてアメジストが澄み切っているのと同時に、まるで水が滴り落ちるような麗しい艶を持っています。
大きさは1センチx1.3センチと大粒で表面は文字を入れるのでフラットで裏側にファセットが入っています。
これだけの大きさのアメジストで、フラットで全くの無傷。
色も、現代のアメジストより少し淡く、ライラックの色と現代のいわゆるアメジスト色の中間のような柔らかい紫です。
地金はよく見る18Kよりおそらくやや純度が高いのでしょう、もう少し純金に近い金色で、鮮やかにアメジストを彩ります。
両サイドのショルダーは、葉っぱの形になっています。
流れるようなラインの美しい葉っぱがベゼルにつながり、アメジストとJ字以外はほとんど何の装飾もない指輪に華やぎを添えています。
指輪のサイズは14.5号(有料でサイズ直し可)。

  • 幅:10mm 
    高さ:13mm 
    重量:3g
  • 販売価格:売り切れました。

アンティークインタリオ指輪(ライラック色のアメジスト、イニシャル)

世界にひとつだけの一点もの

  • 澄み切ったアメジストに鮮やかに浮かび上がるJ。デコラティブな字体も素敵です
  • あまりの透明感に下の肌の色も移りこみます。淡い紫が肌の色にも馴染みます
  • 光を当てると文字部分の凹んだ、その彫りの美しさをいっそう堪能できます
  • なだらかな流れるような曲線の葉。金彫りと粒金も施された手の込んだ細工です
  • インタリオは裏から見ても楽しいです。優れた指輪は実に後姿も完璧なのです
  • アンティークインタリオ指輪(ライラック色のアメジスト、イニシャル)
  • アンティークインタリオ指輪(ライラック色のアメジスト、イニシャル)
  • アンティークインタリオ指輪(ライラック色のアメジスト、イニシャル)
  • アンティークインタリオ指輪(ライラック色のアメジスト、イニシャル)
  • アンティークインタリオ指輪(ライラック色のアメジスト、イニシャル)
  • アンティークインタリオ指輪(ライラック色のアメジスト、イニシャル)
  • アンティークインタリオ指輪(ライラック色のアメジスト、イニシャル)
  • アンティークインタリオ指輪(ライラック色のアメジスト、イニシャル)

上の写真をクリックするとアンティークインタリオ指輪(ライラック色のアメジスト、イニシャル)の大きな写真が切り替わります。

アンティークインタリオ指輪(ライラック色のアメジスト、イニシャル)

[通販価格:税込]:売り切れました。

アンティークエピソード[Antique episode]

アンティークカメオ、インタリオのジュエリー

カメオやインタリオといった彫り物のジュエリーの歴史は古く、カメオ彫刻の技術は実に古代エジプト(紀元前3000年頃)まで遡ります。
カメオやインタリオといった彫り物のジュエリーは、古代ギリシャ、古代ローマ時代へと受け継がれていきます。
そしてルネサンス期、17世紀、18世紀と発展をし、宝飾彫刻技術の最後の繁栄は、ナポレオン1世の登位からナポレオン3世の治世で終焉します。
フランスのアンティークジュエリーでは、イギリスほどカメオやインタリオのアンティークジュエリーはそれほど多くありませんが、第二帝政時代はフランスの宝飾史でその数少ない彫り物のジュエリーが比較的よく見られる時代です。
現在市場に出ているアンティークインタリオでは、19世紀初-中期にフランスないしイギリスで作られたものが多いです。
フランスの彫り物のアンティークジュエリーで素晴らしいのは、センスのよい彫り物のジュエリーが見られるところです。

インタリオとは沈み彫りの総称です。(浮き彫りを施したものはカメオ)。
インタリオは元々は、印章(シール)と呼ばれる手紙等の封蝋に押すスタンプ(ファブ)などに施されました。
それから指輪やペンダント、ブローチにされるようにんらいます。
アンティークインタリオでよく使われる宝石は、ガーネット、カルセドニー、アメジスト、コーネリアン、アーゲート、オニキス、ロッククリスタル等です。
難易度は、その宝石の特質や硬度によって異なります。
例えばシトリンやアメジストといった水晶系の宝石は結晶化された宝石なので本来、彫刻は難しい宝石です。
シェルやストーン、また金や銀に直接施されることもありました。
強度が低いガラスなどに施した珍しいインタリオもあります。

2008年に箱根の彫刻の森美術館で「カメオ展」が開かれたのですが、この時カメオはもちろんのこと非常にバリエーション豊かなインタリオも展示されていました。
展示会はもちろんもう既に終了してしまっていますが、その時に「カメオ展 宝石彫刻の2000年」というカタログが販売されて、彫りものがお好きな方はこれだけ彫りモノのアンティークジュエリーを網羅した本は日本に他にないと思いますので、手に入れることが出来たらお薦めいたします。

アンティークエピソード集 のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

1回のご注文・配送地1ヶ所につき、送料を740円(税込み/全国一律)を申し受けます。
ただし、1回のご注文金額が21,600円以上(税抜20,000円)の場合には送料を無料とさせていただきます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×