アンティークシトリンリング(スクエア、フォイルバック、18金ゴールド)

アンティークシトリンリング(スクエア、フォイルバック、18金ゴールド)

  • 販売価格:売り切れました。

アンティークシトリンリング(スクエア、フォイルバック、18金ゴールド)

世界にひとつだけの一点もの

  • アンティークシトリンリング(スクエア、フォイルバック、18金ゴールド)
  • アンティークシトリンリング(スクエア、フォイルバック、18金ゴールド)
  • アンティークシトリンリング(スクエア、フォイルバック、18金ゴールド)
  • アンティークシトリンリング(スクエア、フォイルバック、18金ゴールド)
  • アンティークシトリンリング(スクエア、フォイルバック、18金ゴールド)
  • アンティークシトリンリング(スクエア、フォイルバック、18金ゴールド)
  • アンティークシトリンリング(スクエア、フォイルバック、18金ゴールド)

上の写真をクリックするとアンティークシトリンリング(スクエア、フォイルバック、18金ゴールド)の大きな写真が切り替わります。

アンティークシトリンリング(スクエア、フォイルバック、18金ゴールド)

[通販価格:税込]:売り切れました。

アンティークエピソード[Antique episode]

アンティークジュエリーの技法「フォイルバックとは」

フォイルバックとは、石の裏側(back)に、箔や金属の薄片(foil)を施す手法のことを言います。
この加工を施すことで、光が金属膜に反射してキラキラと輝きます。
なぜかというと、宝石の内部に進入した光は、パビリオンにぶつかったとき反射するか、パビリオンを透過して石の外部へと射出されます。
フォイルバックを施せば、石の内部を進行した光はパビリオン上で金属にぶつかり、反射する光の量が増大、これによって輝きが増すというわけです。
アンティークジュエリーにおいては、ブリリアントカットが考案される前のローズカットダイヤに、用いられることが多かった技法です。
長い年月を経ることで、フォイルの色が変色していることが多く、角度によって見える色合いが異なるのもその味わいです。

アンティークエピソード集 のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

1回のご注文・配送地1ヶ所につき、送料を740円(税込み/全国一律)を申し受けます。
ただし、1回のご注文金額が21,600円以上(税抜20,000円)の場合には送料を無料とさせていただきます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×