アンティークルビーリング(ダイヤモンド、1930年頃、イギリスアンティーク、プラチナ製)

美しい大粒の赤色ルビー 1930年頃のイギリス製。
ややピンク帯びた明るい赤色のルビーが魅力的な指輪です。
内包物などが少なく透明感がある良質で綺麗なアンティークのルビー。
6ミリもの大きさがあり、とても瑞々しい天然のルビーです。
これだけの大きさなの今回割りとリーズナブルにお出しできているのは、ルビーの横脇に一箇所2ミリ程のえぐり傷があるためです。
正面から見たときはほとんど見えない部分で、その部分だけめくれたようなえぐり傷であるため、他の箇所にもヒビが入って広がっていくような傷ではありません。
天然本来のこれだけ美しい色のアンティークルビー、一度は手に入れられたいと思われている方に朗報です!
プラチナとダイヤモンドのイリュージョンセッティング 周囲には10粒のこちらも非常に透明度の高い美しいダイヤモンドがセットされています。
現代のジュエリーにも近いあまりレトロな感じがしない指輪ですが、ダイヤモンドが台座にものすごく深く入れ込まれていたりと、この時代らしい特徴もしっかり出ています。
台座部分はプラチナ。
ダイヤモンドがイリュージョンセッティングされていて、美しいダイヤモンドが更に煌きを増しています。
ダイヤモンドは全てオールドヨーロピアンカットになっていて、よく見ると台座の形に合わせて、ダイヤモンドの中で微妙に大きさが異なっているのが面白いです。
大粒なもので直径4ミリ、小粒なもので直径3ミリほどです。
台座がお花の形になっており、台座裏が透かしになっているところもやはりアンティークならではの味わいです。
20世紀初頭、「新しい時代」の幕開けを告げる洗練されたデザインとアンティークならではの細工の細かさの両方がよく同居したリングです。
地金は18カラットゴールドとプラチナ。
指輪サイズは10号(有料でサイズ直し可)。

  • 幅:11mm 
    高さ:12mm 
    重量:3.9g
  • 販売価格:売り切れました。

アンティークルビーリング(ダイヤモンド、1930年頃、イギリスアンティーク、プラチナ製)

世界にひとつだけの一点もの

  • 台座全体がお花の形をしていて外縁には細かなミルグレインが打たれています
  • 発色の良い自然な赤色のルビーが印象的、ダイヤモンドも良質でよく輝きます
  • ダイヤモンドとプラチナが一体化したような独特のイリュージョンセッティング
  • 2手に分かれ、ベゼルの上下に繋がったフレーム、間にモチーフが入ってます
  • 台座裏は独特の透かし細工が施されてい横などから見たときにワンポイントに
  • アンティークルビーリング(ダイヤモンド、1930年頃、イギリスアンティーク、プラチナ製)
  • アンティークルビーリング(ダイヤモンド、1930年頃、イギリスアンティーク、プラチナ製)
  • アンティークルビーリング(ダイヤモンド、1930年頃、イギリスアンティーク、プラチナ製)
  • アンティークルビーリング(ダイヤモンド、1930年頃、イギリスアンティーク、プラチナ製)
  • アンティークルビーリング(ダイヤモンド、1930年頃、イギリスアンティーク、プラチナ製)
  • アンティークルビーリング(ダイヤモンド、1930年頃、イギリスアンティーク、プラチナ製)

上の写真をクリックするとアンティークルビーリング(ダイヤモンド、1930年頃、イギリスアンティーク、プラチナ製)の大きな写真が切り替わります。

アンティークルビーリング(ダイヤモンド、1930年頃、イギリスアンティーク、プラチナ製)

[通販価格:税込]:売り切れました。

アンティークエピソード[Antique episode]

アンティークルビーの魅力

今日宝石といえばまず無色透明のダイヤモンドを浮かべる人が多いですが、ジュエリーの歴史の中でダイヤモンドが宝石の王座を占めるようになったのは僅か数百年前のことです。
古代の人の心を捉えたのは、美しい色を持つカラーストーン。
特にエメラルド、トルコ石、ガーネット、ルビー、サファイアです。
これらのカラーストーンは、カッティング技術が未発達な時代もその美しい色のために珍重されてきました。
後年になってもルビーは「王位」を象徴する石として、ダイヤモンド以上に好まれてきました。
五大宝石のひとつルビーは、サファイアなどと同じで鉱物名はコランダム。
コランダムの内、赤色のものを宝石名でルビーと呼んでいます。
「ルビー」という名前の由来はラテン語で、赤を意味する「ruber」から来ています。

下記は当店で販売済みのルビーの一文字リング。
アンティークルビー一文字指輪(非加熱ルビー、ローズゴールド)

1880年頃に良く作られたモデルで、ササビーズで非常に類似した指輪が出展されていました。

ササビーズルビーリング
ルビーは欲望、情熱、権力の象徴であり、ルビーはまたその「愛と情熱を表す明るい赤色」が恋人たちの別れを防ぐ宝石であると語り継がれてきました。
その他、戦士を守り、勇気と忍耐を与えるとか。
病気を治す、家や所持品を守る、富と幸運をもたらすと信じられてきました。
これはルビーの燃えるような赤色に不滅の炎が宿るとされ、そこから満ち足りた気持ちと愛情を与えると信じられてきたからです。
アンティークジュエリーで使われたルビーは古くはスリランカ(セイロン)産、そしてルネサンスの頃までにビルマ(ミャンマー)産ルビーが用いられるようになります。
他の多くの宝石と異なり、ルビーこの時代に発見さえたビルマの特にモゴーク地方の鉱山がその後800年に渡り重要な産地であり続けました。
アンティークジュエリーでもビルマ産のルビーが主流ですが、それ以外でも数は少ないですが例えばロシアデ産ルビーなども稀に見ることがあります。
下記はササビーズに出展されていた1910年頃にロシアで製作されたロシアンルビーとダイヤモンドのペンダントです。

ロシアンルビー

1)ルビーの色を決めるもの
一言に「赤色のコランダムをルビーと呼ぶ」と言っても、ルビーには黒っぽい赤色のもの、ピンクっぽいもの、さまざまな色相があります。
ルビーの赤色の原因となっているのは、ルビーの成分の酸化クロムに起因しています。
酸化クロム以外にもルビーは酸化鉄、酸化チタンなどが含まれていて、これらの量が色調の要因となっています。
酸化鉄の量が増えるにしたがって黒味が増し、また酸化チタンの含有量が増えるにしたがって、紫味が強くなる傾向があります。
ビルマ北部は翳りの原因となる鉄分の含有率が低い、地質学的に興味深い土地であると言われています。
下記は当店取り扱いのルビーリング。
ビルマルビーと言えば「ピジョンブラッド」が有名ですが、このような彩度の高い華やかなピンク帯びた赤もビルマ産ルビーの特徴です。

ビルマ産アンティークルビー指輪

下記は数年前にササビーズに出展されていました20世紀初頭のルビーリング。
上記のリングと同じ頃に製作されたリングで、やはりルビーの色が非常に酷似しています。

ササビーズピンクルビーリング
2)現代行われているルビーの人口処理と加熱
いくつかの限られらた確実な産地からしかルビーが採られていなかった時代では、色調である程度の産地が想定することが可能でした。
しかしながら現在ではルビーを高温を加熱して、透明度も良くしたりすることが日常的に行われています。
例えば余分な黒色などを除去して、いわゆる「ルビーらしい色」に近づけるよう人工的な調整が行われています。
近年では、アフリカやアジアの様々な地域で次々と新しい鉱山が発見されておりそれほど品質の良くないルビーに関しても加熱処理、あるいは人為的にフラクチャーなどを埋める充鎮などで「トリートメント」が施されているため、現在のルビーでは「本来の色」は見ることができないものがほとんどです。
こうした人工的なトリートメントは代表的なものに「石をガラスによって補填する」、「石を染める」等があります。
ルビーの加熱に関しては、現在のような高温での加熱処理が始まったのは戦後1970年頃になります。
ルビーの加熱というのは、一般的に1600度の高熱を用いた加熱のことを指します。
鉱山から採掘したルビーを研磨したり、適度な温度で加熱して切り出す処理は、数千年前から行われており、これはよく言われるルビーの加熱やトリートメントとは異なります。
石の価値を下げるものでもありません。
鉱山から採掘したばかりのルビーを本当になにもしなければ、例えば下記のような輝かないルビーになります。

アンティークルビーネックレス(14Kゴールド、金細工、ハンドメイド)

近代に始められた人口処理はルビーの価値を下げるもので、これらの技術はそのアンティークルビーはもし途中で取り替えられたと言うことがない限りは、施されていません。
実際に取替えられたと思われるケースは私も何度か見たことがありますのでアンティージュエリーでも注意は必要ではありますが・・・。

3)合成ルビー(シンセティックルビー)
1920-1940年頃のジュエリーではハイクラスな作品にも時々、シンセティックルビーが用いられていることがあります。
これはルビーのパーティング(中心から外側へ向かう力)する特性から、技術的に天然ルビーを四角くカッティングすることが困難であったからであると考えられます。
アールデコ期にはスクエアカットのルビーが好まれて用いられましたが、ベルヌイ技法による合成ルビーが全ての石あるいは時々一部分に用いられていることがあります。
(当店ではもちろん全ての石を外部の宝石鑑別書に委託の上、鑑別してもらい、合成の場合にはその旨をわかりやすく正確に記載させていただいております)
当時は合成ルビーにこうしたスクエアカッティングを施すのにも、天然ルビーを使う以上のコストがかかったそうです。
特に1940年代は、ージャスなハイジュエリーでも合成ルビーが使われているケースが度々見られます。
これは戦火近づく中、極東からの輸入が困難になったということも関係しているでしょう。

下記は当店扱いの40年代のシンセティックルビーのカクテルリング。
カクテルリング(フォーティーズ、シンセティックルビー、ダイヤモンド)

4)ルビーと類似する色を持つ、レッドスピネル
一方アンティークジュエリーでルビーに類似する宝石として忘れてならないのは、 レッドスピネルです。
特に中世ではレッドスピネルはルビーと同等のプレステージを持っていました。
例えば大英帝国王冠のた「黒太子のルビー」は実は後年になりルビーではなくスピネルであることが判明しました。
もっともコランダムとスピネルは混同されており18世紀までであり、18世紀以降の貴重なジジュエリーでは、レッドスピネルが使われているケースはほとんど見るこ4とがありません。

黒太子のルビー
5)近年ますます高まるナチュラルルビーの価値。
「king of precious stones(貴石の王様)」と呼ばれ、長きに渡って多くの人々の垂涎の的でしたが近年、ナチュラルルビーの価格の上昇はもはや天井なしといったところです。
下記はかつてカルティエが製作した25.59カラットのビルマ産ルビーのリング。
2015年5月のササビーズのオークションで何と約36億5200万円で落札されています。

カルティエサンライズルビー

アンティークエピソード集 のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

1回のご注文・配送地1ヶ所につき、送料を740円(税込み/全国一律)を申し受けます。
ただし、1回のご注文金額が21,600円以上(税抜20,000円)の場合には送料を無料とさせていただきます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×