カボションカットオパールとダイヤモンドのクラスターリング(お花)

直径1センチの贅沢なカボションカットオパール ぷっくりとしたカボションカットオパールが印象的な指輪です。
オパールは何と直径1センチ程。
斑模様がしっかり出た乳白色のオパールです。
色も水色、緑、赤色が入り、底部のほうからはうっすらと赤色が挿すのが美しいです。
当時であっても、これだけの大きさのあるオパールは少ないもの。
ましてこれだけ厚みがありカボションカットされたオパールは、私もこれまで他に見たことがありません。
満開の花を描きながらも、ロマンティックすぎることなくロックな雰囲気を持っています オパールをぐるりと取り囲んでいるのは、10粒のダイヤモンド。
19世紀らしい少し無骨なローズカットダイヤモンドですが、脇石と思えないほど意外にも大きさがあり、ドキッとします。
それぞれのダイヤモンドの形はかなり異なり、それぞれにあわせて銀の台座に留められています。
この外周のダイヤモンドは、「満開の花」のようにしっかり開いています。
花びらがいっぱいに開いたアンティークジュエリーは、意外に少ないですが、華やかで良いですね。
銀の台座はよく見ますと、それぞれの間が微妙にそれぞれ異なっていることに気づきます。
おそらくこれは故意にやっています。
オパールは真円に見えますが完全な真円ではなく、それをなるべく綺麗な円形に見せるための工夫であったと思われます。
オパールをダイヤモンドが囲み、指輪のフェイス幅が1.8センチにもなる、ボリュームのある指輪です。
お花をモチーフにしたアンティークジュエリーは、女性にとって永遠の憧れですが可愛らしいものが多いですね。
この指輪は良い意味でフェミニンすぎず、少しロックに、大人の女性のカジュアルに使える指輪です。
19世紀後期-1900年頃のフランス製。
銀と18金ゴールド。
指輪サイズは13号(有料でサイズ直し可)。

  • 幅:18mm 
    高さ:19mm 
    重量:5.5g
  • 販売価格:売り切れました。

カボションカットオパールとダイヤモンドのクラスターリング(お花)

世界にひとつだけの一点もの

  • 直径1センチの贅沢なオパール。
  • インパクトがありながらシックに決まる、可愛いのにどこかカッコよさもあります
  • 横幅だけでなく、厚みも8.5ミリ程あります
  • 銀の台座に深く埋め込まれカットもラフですが驚くほど透明なダイヤモンド
  • フェイスの地金は銀で裏面がヴェルメイユ、フレームは18金です
  • カボションカットオパールとダイヤモンドのクラスターリング(お花)
  • カボションカットオパールとダイヤモンドのクラスターリング(お花)
  • カボションカットオパールとダイヤモンドのクラスターリング(お花)
  • カボションカットオパールとダイヤモンドのクラスターリング(お花)
  • カボションカットオパールとダイヤモンドのクラスターリング(お花)
  • カボションカットオパールとダイヤモンドのクラスターリング(お花)

上の写真をクリックするとカボションカットオパールとダイヤモンドのクラスターリング(お花)の大きな写真が切り替わります。

カボションカットオパールとダイヤモンドのクラスターリング(お花)

[通販価格:税込]:売り切れました。

アンティークエピソード[Antique episode]

アンティークジュエリーで見られる宝石のカボションカット

唐突ですが、宝石の価値っていったい何でしょうか?
昔からダイヤモンドやサファイアなどの宝石は、多くの人を惹き付けてけてきた魅力があります。
その一つの基準は、宝石は「希少価値」があるから貴重といえます。
しかし多くの人間がその価値を理解して、それを手に入れる手段を手に入れ始めるのとすればするほど、上質の宝石は枯渇が進んでしまうのです。
現在ではほとんどの宝石は、天然のままではなく、加熱処理や放射線を当てるなどの人工処理が施されています。
「天然宝石」と唄っていながら、天然のままの状態の宝石はとても少ないです。
アンティークジュエリーに使われている石は、まだ上質の石が豊富にあった時代だけに、今のような高度な人工処理などする必要はありませんでした。

下記のピアスのガーネットは、カボションカットがなされていますね。

カボションガーネットのアンティーククラスターピアス(真珠)

カボションカットとは宝石のカット法の一つで、紀元前からあるカット方法です。
石を丸い山形に整えて研磨し、光の反射ではなく石そのものの光沢、つやと美しさを活かすカット技法です。
多数の面をカットしたファセットカットにはない、アンティークジュエリーならではの雰囲気が魅力があります。
語源ははラテン語の頭(カボ)からきています、
翡翠などの半透明な宝石やトルコ石などの不透明な宝石に施すことが多いですが、透明な石に対してもスター効果、遊色効果、などの光学的効果を求めて施されることがあります。
オパールは半透明の遊色効果を持つ石ですので、カボションカットが好まれる代表的な宝石のひとつです。
下記は当店で販売済みの翡翠の指輪で、やはり翡翠はカボションカットにされています。

アンティーク翡翠指輪(ひすい、ダイヤモンド、クラスターリング)

下記はカボションカットされたオパールの指輪です。

大粒オパールのアンティークリング(オーストラリア産カボションカットオパール)

光の反射に頼らない分、資質の良い宝石が必要になります。
アンティークジュエリーではブルーサファイアなどの透明石でカボションカットにされたものも数は少ないですが見つけることができます。
下記は珍しいエメラルドのカボションカットです。

カボションカットエメラルドのアールデコ指輪(1920-1930、フランス)

しかしカボションに出来る宝石はそれが透明石であればなお更、きわめて質の良い宝石が必要になります。
現在では人口処理なしのままではまず不可能です。

アンティークエピソード集 のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

1回のご注文・配送地1ヶ所につき、送料を740円(税込み/全国一律)を申し受けます。
ただし、1回のご注文金額が21,600円以上(税抜20,000円)の場合には送料を無料とさせていただきます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×