ルビーサファイアのアンティーク指輪(トワエモワクロスオーバーリング、ダイヤモンド)

ルビーとサファイアの夢の競演 1890−1900年頃のフランス製。
「トワエモワ(あなたと私)」と呼ばれる当時流行したクロスオーバーリング。
ルビーとサファイアという同じコランダム系の宝石を使った、夢のような指輪です。
「トワエモワ」は当時よく作られたモデルですが、だいたいはダイヤモンド2つとか、ダイヤモンドと真珠あるいは片方が色石の組み合わせが多いです。
「ルビーとサファイア」という組み合わせは当店でも初めて見ます。
コランダムの2大スターの夢の競演です。
宝石の教本に出てきそうなぐらい、良色のサファイアとルビー 現在と異なり、当時はルビーもサファイアも天然無加工で使っています。
そのため、これほど鮮やかにルビーらしい色、サファイアらしい色のものは、とても少ないです。
当店の鑑別士さんも絶賛の、ものすごく鮮やかな赤と青。
しかもともに4ミリx4.5ミリと非常に大粒です。
通常の指輪でしたら、1石だけでメインの宝石になり、それでこれぐらいのお値段がついていそうです。
しかもルビーサファイア共に10個ずつのローズカットダイヤモンドで埋め尽くされ、それぞれのモチーフの大きさは直径9ミリ。
ボリュームがありながら、デザインは可愛らしいので、とても着けやすい指輪です。
地金は18Kゴールド。
指輪サイズは12号(有料でサイズ直し可)

  • 高さ:18mm 
    重量:4.1g
  • 販売価格:売り切れました。

ルビーサファイアのアンティーク指輪(トワエモワクロスオーバーリング、ダイヤモンド)

世界にひとつだけの一点もの

  • ボリュームがありながら、可愛らしさもあり、大人も満足できる珍しいトワエモワ
  • 赤と青の色の組み合わせは目にも鮮やかで、着けていて気持ちが上がります
  • ルビーもサファイアも大粒で最高と呼ばれる色味。状態も良く素晴らしいです
  • 大粒のモチーフですが絶妙なクロスカーブで柔らかい雰囲気の指輪です
  • 7ミリと厚みもあり立体的。宝石側面の透かし細工もキッチリ作りこまれています
  • ルビーサファイアのアンティーク指輪(トワエモワクロスオーバーリング、ダイヤモンド)
  • ルビーサファイアのアンティーク指輪(トワエモワクロスオーバーリング、ダイヤモンド)
  • ルビーサファイアのアンティーク指輪(トワエモワクロスオーバーリング、ダイヤモンド)
  • ルビーサファイアのアンティーク指輪(トワエモワクロスオーバーリング、ダイヤモンド)
  • ルビーサファイアのアンティーク指輪(トワエモワクロスオーバーリング、ダイヤモンド)
  • ルビーサファイアのアンティーク指輪(トワエモワクロスオーバーリング、ダイヤモンド)

上の写真をクリックするとルビーサファイアのアンティーク指輪(トワエモワクロスオーバーリング、ダイヤモンド)の大きな写真が切り替わります。

ルビーサファイアのアンティーク指輪(トワエモワクロスオーバーリング、ダイヤモンド)

[通販価格:税込]:売り切れました。

アンティークエピソード[Antique episode]

アンティーククロスオーバーリング「トワエモワ」「トリロジーリング」

1900年頃のフランスで作られた代表的な指輪デザインに「トワエモワ(toi et moi )」と呼ばれる指輪デザインがあります。
直訳しますと「あなたと私」。
フランス、ベルエポック時代に流行したクロスオーバーリングです。
同じ大きさの二つの宝石が縦または斜めに向かいあうようにセットされています。
基本的に対称のデザインで、セットされている宝石もそれぞれ同じ種類が使われていることが多いです。
下記は当店で販売済みのブルーサファイヤのトワエモワ クラスターリング。

ブルーサファイヤアンティークリング(ダイヤモンド、トワエモワ)

ダイヤモンドx真珠」「ダイヤモンドx色石」のトワエモワリングもよく作られました。
新鉱山の発見で宝飾史上最も美しいダイヤモンドが手に入った時代ですので、美しいクオリティーのダイヤモンドが印象的なリングが多いです。
下記は当店で販売済みの真珠とダイヤモンドのクロスオーバーリング。

 ダイヤモンドと真珠のアンティーク指輪(クロスオーバーリング、トワエモワ)

また「ブルーサファイアとルビー」といった色石同士の組み合わせのリングも見られます。
下記はやはり当店で販売した「ルビーサファイアのトワエモワリング」。

ルビーサファイアのアンティーク指輪(トワエモワクロスオーバーリング、ダイヤモンド)

ベルエポックの豊な時代を反映して、細工も繊細で貴族的で上品な作品が作られました。
2つの宝石は「男性と女性」を象徴しているのでしょう。
クロスする宝石が愛し合う恋人たちのイメージと重なります。

またクロスオーバーの変形に、トリロジーリング(Ring Trilogy)があります。
これは名前の通り、宝石が3石連なった指輪のことです。
多くの場合、同じ大きさの宝石が縦一列、あるいは横一列になります。
「トワエモワ」が2石のリングに対して、「トリロジーリング」は3石と言う違いです。
トリロジーリングも、同じ宝石で3石並んでいるものもあれば、2石のダイヤモンドが1石のルビーを囲んだもの、3石すべてが別々の宝石など色々なパターンがあります。
下記のように横に連なったリング。

オーストラリア産オパールアンティーク指輪(ダイヤモンド、トリロジーリング)

縦に連なったリング等、色々なパターンがあります。

天然パールとダイヤモンドのリング(バイカラー、フランス)

アンティークの指輪デザインには色々な呼称が付いていて、時には似たデザインが製作された国によって異なる名称で紹介されている場合もあります。
大切なのはもちろん名前ではなく、それらのリングの細工やラインが美しいかということです。
3石のトリロジーリングは2石以上にバランスが大切になります。

アンティークエピソード集 のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

1回のご注文・配送地1ヶ所につき、送料を740円(税込み/全国一律)を申し受けます。
ただし、1回のご注文金額が21,600円以上(税抜20,000円)の場合には送料を無料とさせていただきます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×