ルビーとムーンストーンのアンティーク指輪(花、アールデコ1930年代)

ヴァンクリーフ&アーペルを思わせるデザイン化された花 フランスアールデコ後期、1930年代のフランス製。
透明度の高い良質なムーンストーンとルビーでできた、可愛さ満開のルビー、ムーンストーン指輪です。
この指輪のデザイン化された花モチーフは、当時やはり花モチーフの指輪を作っていたヴァンクリーフ&アーペルに通じる世界観です。
ジュエリーの最盛期らしい、完成度の高いジュエリー 1920-30年代のフランスのハイジュエリーは、本当に完成度の高いものが多いです。
この指輪も特に有名ブランドのものではありませんが、ゴールドのフレームと台座や爪がとてもしっかり作られていて、19世紀のアンティークジュエリーにありがちな拙さやレトロな感じがまったく見られません。
今より百年ぐらい前に作られたものなのに、現在の一流メゾンを凌ぐクオリティーの高さにがこの時代のジュエリーの魅力。
こうしたデコラティブでありながらモダンでもある20世紀初頭のジュエリーは、現在に通じる美しさを持ちながらも、現在では作ることができない(つまりこれもまたアンティークジュエリーにしか見つけることのできない)ジュエリーです。
地金はすべて18Kゴールド。
指輪サイズは12号(有料でサイズ直し可)

▼続きを読む
  • 幅:26mm 
    重量:8.2g
  • 販売価格:売り切れました。

ルビーとムーンストーンのアンティーク指輪(花、アールデコ1930年代)

  • 明るい赤の天然ルビーと透明度の高いムーンストーンを贅沢に使っています
  • 直径2.6センチと大ぶりですが、均衡の取れたバランスの良さが付けやすい指輪
  • こうした瑞々しい美しい青いシラーを発するムーンストーンは現在では稀有です
  • 台座や爪、フレームがしっかりできていて、安心して使える丈夫さもあります
  • 裏面からも光が入ります。頭でっかちに見えますがフレームは真ん中にあります
  • ルビーとムーンストーンのアンティーク指輪(花、アールデコ1930年代)
  • ルビーとムーンストーンのアンティーク指輪(花、アールデコ1930年代)
  • ルビーとムーンストーンのアンティーク指輪(花、アールデコ1930年代)
  • ルビーとムーンストーンのアンティーク指輪(花、アールデコ1930年代)
  • ルビーとムーンストーンのアンティーク指輪(花、アールデコ1930年代)
  • ルビーとムーンストーンのアンティーク指輪(花、アールデコ1930年代)
  • ルビーとムーンストーンのアンティーク指輪(花、アールデコ1930年代)
  • ルビーとムーンストーンのアンティーク指輪(花、アールデコ1930年代)

小さな写真をクリックすると大きな写真が切り替わります。

 

ルビーとムーンストーンのアンティーク指輪(花、アールデコ1930年代)

売り切れました。
送料無料!

このジュエリーに似た商品をご希望の方は、メールマガジンのご登録をいただくと、サイト掲載前に新入荷商品としてお知らせいたします。
ご登録は、メルマガ登録からどうぞ!

アンティークエピソード

ムーンストーン(Moon Stone)のアンティークジュエリー

ムーンストーンは古くから重用された宝石で、古代インドで月の光が封印されている「聖なる石」として崇拝されたそうです。
「女性性」を司る石でもあり、古くから女性に愛されてきた宝石です。
月(ムーンストーン)は女性性を司どり、太陽(サンストーン)は男性性を司どるとされてます。
古代インドでは、月の光が封印されている「聖なる石」として崇拝され、愛情に関係した効果が高いといわれてきました。
また中世ヨーロッパにおいては、恋人への最高の贈り物とされました。

ルームーンストーンは、月のエネルギーを宿した神秘的な宝石で、女性特有の月の満ち欠けによる不安感を和らげてくれると信じられています。
また満ち欠けする月のように、変化する感情をコントロールする力があるとも言われています。
古くから女性が持つとリラックスできる、理痛や出産の痛みを和らげると信じられてきました。

透き通った下地に美しい青色のシラー効果が拡がるムーンストーンは、見る角度によって幻想的なブルーの色合いが広がる非常に美しい宝石です。

ネグリジェネックレス

ムーンストーンの最大の特徴は、、シラーと呼ばれる青白い光の反射にあります。
ムーンストーンのシラーがどうやって生み出されるかと言いますと、以下の原理になります。

ムーンストーンは「カリウムを多く含む正長石の層」と「ナトリウムを多く含む曹長石の層」が交互に重なり合ってできています。
ムーンストーンに光が入ると、入った光は性質の異なるものが相互に重なる階層構造によって「干渉」を受けることになります。
この干渉によって光の散乱が起こり、ムーンストーンの表面下にふわりとした青白い光が浮かび上がります。
曹長石の層が薄いと青い光が強く、逆に層が厚いと白い色が強くなります。

ムーンストーンのジュエリーはイギリスのアンティークジュエリーにおいての方が比較的よく見つかりますが、フランスでも数は少ないですがムーンストーンのアンティークジュエリーが作られます。

下記は当店で販売済みの20世紀初頭のフランス製、ムーンストーンのドラップリーネックレス。
透き通った下地に美しい青色のシラー効果が拡がっているのを見て頂けるでしょう。

アンティークムーンストーンネックレス(ブルーサファイヤ、アールデコ、1920年頃)

アンティークムーンストーンのジュエリーは1900年頃まではムーンストーンは大変に希少な石だったこともあり、1900-1920年の頃に作られたものが多いです。
下記は1910年頃のイギリス製のムーンストーンネックレスです(販売済み)。

ムーンストーンのネックレス(1910年頃 イギリス 15金ゴールド)

ムーンストーンのアンティークジュエリーはネックレスが多いですが、指輪でもオリジナリティある作品が作られました。
下記はイギリス製、ムーンストーンに彫りが入っています。

ムーンストーンリング(イギリスヴィクトリアン、彫り物)

ルビーとムーンストーンのアンティーク指輪(花、アールデコ1930年代)

最良のムーンストーンでは、青い光が按配よく入ります。
現代ではアンティークムーンストーンのような天然で半透明の美しいシラーのムーンストーンは見られません。
そのためアンティークムーンストーンを初めてご覧になられたお客様には必ず「この美しい石は何の宝石ですか?」と聞かれることが多いです。
これはなぜかと申しますとアンティークジュエリーで用いられているムーンストーンは当時、主にスリランカやインドで採れました。
これらの国の良質なブルームーンストーンはとっくに採掘しつくされてしまったのです。
現代、流通するムーンストンの大半はタンザニア産のものです。
しかしこれは正確な鉱物名は「ペリステライト」。
かつてのインドやスリランカのムーンストーン(月長石)とは異なるのです。
同じ長石グループに属する石ですが、かつての本来のムーンストーンとは組成が異なるのです。
同じようなクオリティーや美しさが望めないのは当然なのです。

またこのタンザニア産ムーンライト(ペリステライト)も近年では、採掘つくされてきているようで、ペリステライトさ絵そのままで宝石に出来るようなクオリティーのものは極めて少なくなってきているそうです。
いかに天然本来のムーンストーンが貴重なものか、アンティークのムーンストーンがどうしてこれだけ今のムーンストーン(と呼ばれているもの)と色合いが異なるのか、お分かりいただけることでしょう。

アンティークエピソード集のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×

Antique Jewelry シェルシュミディ[Cherche Midi]

シェルシュミディで取り扱うアンティークジュエリーは、全てオーナーが直接フランス、イギリスを主としたヨーロッパで買い付けてきたものです。

シェルシュミディ情報発信

メールマガジン
新着ジュエリー&セール情報をいち早くお届けします
オーナーブログ
シェルシュミディのオーナーブログ。買い付けの様子など
インスタグラム
新着ジュエリーをいち早く写真でご紹介
facebook
買い付けたジュエリーを現地からリアルタイムでご紹介
アンティークエピソード集
アンティークジュエリーを購入する上で知っておきたい知識
シェルシュミディ 住所:京都府京都市上京区仲之町276番地D4 電話:075-406-5462
© 2018 Cherche Midi, All Rights Reserved.