アンティークダイヤモンドリング(ベルエポック時代フランス、18Kゴールド)

小ぶりで可愛いダイヤモンドリング 19世紀末-1900年頃のフランス製。
ベルエポック時代のフランスらしい上品な指輪で、可憐で繊細なダイヤモンドリングです。
この時代こうした華奢な指輪は、主に若い女性用に作られました。
大きい石の付いた指輪や、あまりにゴージャスな大ぶりの指輪はちょっと苦手という、若い女性に特にお薦めのダイヤモンドリングです。
可憐でも高級感があるのがベルエポック期の指輪 可憐で小ぶりな指輪というと、「貧相な感じなの?」と心配される方がいますが、決してそうではありません。
この時代の指輪は、現在の鋳型で作った指輪とはまったく異なり、細工がとても細かく凝っているのが特徴です。
細くても小ぶりでも高級感がでるのはそのためです。
この指輪も、台座一面に張り巡らされたホワイトゴールドの粒金とミルグレインが、肉眼では把握できないほどの細かさ。
手元に光が差すような、キレイで趣味の良いダイヤモンドリングですので、プレゼントにもお薦めです。
指輪サイズは8号(有料でサイズ直し可能)

  • 重量:1.5g
  • 販売価格:売り切れました。

アンティークダイヤモンドリング(ベルエポック時代フランス、18Kゴールド)

世界にひとつだけの一点もの

  • ダイヤモンドが2ミリ強の高めの台座によってドーム上に持ち上げられています
  • 細身の指に合いそうな指輪ですので、日本女性にはとてもお薦めです
  • ホワイトゴールドの粒金とミルグレインを見てください(拡大してこの細かさ)
  • 華奢なようでフレームは案外しっかりしているので安心です。裏もキレイです
  • 正面はWGとダイヤ、側面はYGと、この切り替わりも当時らしいです
  • アンティークダイヤモンドリング(ベルエポック時代フランス、18Kゴールド)
  • アンティークダイヤモンドリング(ベルエポック時代フランス、18Kゴールド)
  • アンティークダイヤモンドリング(ベルエポック時代フランス、18Kゴールド)
  • アンティークダイヤモンドリング(ベルエポック時代フランス、18Kゴールド)
  • アンティークダイヤモンドリング(ベルエポック時代フランス、18Kゴールド)

上の写真をクリックするとアンティークダイヤモンドリング(ベルエポック時代フランス、18Kゴールド)の大きな写真が切り替わります。

アンティークダイヤモンドリング(ベルエポック時代フランス、18Kゴールド)

[通販価格:税込]:売り切れました。

アンティークエピソード[Antique episode]

蛇をモチーフにしたアンティークジュエリー(スネークモチーフのアンティークジュエリー)

蛇をモチーフにしたジュエリーの起源は古代エジプトにまで遡ります。
旧約聖書のアダムとイブが蛇にそそのかされ禁断の果樹を食べてエデンの園を追放されたのは有名な話です。
蛇は脱皮することから、再生力、生命力、不死、豊穣のシンボルとして崇められてきました。
ルネサンス以降の美術では「時の神の持ち物」とされてきました。

ジュエリーのモチーフとして蛇が流行したのは特にイギリス。
ヴィクトリア時代中の19世紀中頃から流行します。
女王ヴィクトリアが愛したということで、 様々なジュエリーのモチーフとなりました。
隣国のフランスでもイギリス程は数は見られませんが、19世紀中後期から蛇をモチーフにしたジュエリーが作られました。

スネークリングには、 蛇を 一匹で巻いたものも、二匹で巻いたものもあります。

下記は一匹で巻いたスネークリング。

アンティークスネークリング ルビー(1920年頃 アールデコ 蛇)

下記は二匹で巻いたスネークリングです。
リングの正面で顔を絡ませ、互いの尻尾の上に乗せています。

アンティークスネークリング ルビー(1920年頃 アールデコ 蛇)

また蛇のモチーフを使用したジュエリーは金運がアップするとも言われています。
そのスネークリングのデザインにもよりますが、男性にもお薦めのアンティークジュエリーです。

アンティークエピソード集 のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

1回のご注文・配送地1ヶ所につき、送料を740円(税込み/全国一律)を申し受けます。
ただし、1回のご注文金額が21,600円以上(税抜20,000円)の場合には送料を無料とさせていただきます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×