1900年代渦巻きダイヤモンドリング(トゥルビヨン、1900年頃のフランス)

1900年代のオリジナルデザイン、渦巻き型の指輪 フランス1900年頃に作られた「トゥルビヨン(渦巻き)」と呼ばれる、個性的なデザインの指輪。
文字通りWGで渦を巻いたような形を作っています。
細かなホワイトゴールドの粒金細工が見事です。
トゥルビヨンはこの時代を象徴する指輪デザインです。
短命に終わったため数が少なく、大変探されているアンティーク指輪のひとつです。
自然なYGとWGのミックス フランスでは1900年頃(ベルエポックの頃)に作られたジュエリーはYGとWGをミックスさせているものが多いですが、この指輪もフレームがYGでモチーフ部分がWGで作られています。
真ん中に小粒ながら美しいローズカットダイヤが埋め込まれています。
個性的なデザインなのに、着けやすいのも魅力です。
指輪サイズは9号(有料でサイズ直し可能)。

  • 重量:2g
  • 販売価格:売り切れました。

1900年代渦巻きダイヤモンドリング(トゥルビヨン、1900年頃のフランス)

世界にひとつだけの一点もの

  • 文字通り渦を巻いたような形。これだけの曲線を作るのは難易度が高いです
  • 個性的なのに不思議と合わせやすいところも魅力的。現在にはないデザイン
  • ダイヤモンドも透明度が高くとてもキレイです。ローズカットされています
  • 縁にはミルグレインが。肉眼では見えないほど細かな作業が施されています
  • 横から見ると渦巻き部分にちょっとだけ高さが付いているのが分かります
  • 1900年代渦巻きダイヤモンドリング(トゥルビヨン、1900年頃のフランス)
  • 1900年代渦巻きダイヤモンドリング(トゥルビヨン、1900年頃のフランス)
  • 1900年代渦巻きダイヤモンドリング(トゥルビヨン、1900年頃のフランス)
  • 1900年代渦巻きダイヤモンドリング(トゥルビヨン、1900年頃のフランス)
  • 1900年代渦巻きダイヤモンドリング(トゥルビヨン、1900年頃のフランス)
  • 1900年代渦巻きダイヤモンドリング(トゥルビヨン、1900年頃のフランス)
  • 1900年代渦巻きダイヤモンドリング(トゥルビヨン、1900年頃のフランス)

上の写真をクリックすると1900年代渦巻きダイヤモンドリング(トゥルビヨン、1900年頃のフランス)の大きな写真が切り替わります。

1900年代渦巻きダイヤモンドリング(トゥルビヨン、1900年頃のフランス)

[通販価格:税込]:売り切れました。

アンティークエピソード[Antique episode]

アンティークダイヤモンド指輪のお手入れ

アンティークジュエリーの中でもアンティークダイヤモンドの指輪はもっとも使用頻度が高いジュエリーではないでしょか?
よく「アンティークダイヤモンド指輪のお手入れはどうしたらいいのですか?」と聞かれます。
地金が18金ゴールドかプラチナで、セットされている宝石がダイヤモンドのみといった比較的シンプルな素材で出来ているアンティークダイヤモンド指輪でしたらお手入れは簡単です。
市販のジュエリークリーナーより負荷がなく簡単な方法に、台所用の中性洗剤で洗ってしまうと言う方法があります。
台所用の中性洗剤を歯ブラシにつけ、歯ブラシでダイヤモンド部分を優しく軽くこすり、水に流すと綺麗にとれます。
あとは水でよく流し、自然乾燥させればOK。 注意点はあまりごしごしやりすぎないこと。
軽い力で簡単に汚れはとります。
また他の宝石がついている場合、地金が違う金属の場合もこの方法は避けましょう。
ダイヤモンドは油汚れしやすい宝石で、使用していくうちにくすんできたなと思ったら時は、表面に油が付着してしまっていることが多いのです。
こうした素材のアンティークダイヤモンド指輪でしたら、現代のジュエリーとお手入れはさほど変わらないとういことになります。
ただ現代のジュエリーショップでよくアフターサービスで提供されている超音波洗浄機には絶対にかけないでください。
アンティークジュエリーはやはり細工が命ですので、リスクを伴う場合があります。

アンティークエピソード集 のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

1回のご注文・配送地1ヶ所につき、送料を740円(税込み/全国一律)を申し受けます。
ただし、1回のご注文金額が21,600円以上(税抜20,000円)の場合には送料を無料とさせていただきます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×