シンセティックルビーのタンクリング(1940年代、ダイヤモンド、フランス)

気高く威厳のあるタンク(戦車)とポン(橋)のタンクリング 1940年代のフランス製。
戦車の形を捉えた「タンク」と呼ばれるデザインのルビーリング。
ゴールドの円柱から金の棒が波状に広がり、その先端に4つの合成ルビーがあしらわれています。
そしてその金の棒の上を更に、ホワイトゴールドにパヴェセッティングされたダイヤが橋のように覆っています。
アイデア、技術ともに卓越していて、当時の一流ジュエラーの技が光ります。
たっぷり使用されたゴールドとダイヤがフォーティーズスタイル地金はすべて18Kです。
全体がイエローピンクとピンクゴールドの間のような色味で、ダイヤモンドの台座にホワイトゴールドを使用しています。
この指輪は手にしただけで他の指輪にはないずっしりした重さがあります。
それもそのはず、なんと総計8グラムもあるのです!
合成ルビーを使っているのは、戦争により極東からのルビーの流入が阻まれた40年代の社会事情をよく表しています。
独創的なデザインが40年代らしいスタイリッシュなルビーリングです。
指輪サイズは12号(サイズ直しは有料で可能)。

  • 重量:8g
  • 販売価格:売り切れました。

シンセティックルビーのタンクリング(1940年代、ダイヤモンド、フランス)

世界にひとつだけの一点もの

  • パヴェセッティングされたダイヤモンドが橋(pont)のようにかかっています
  • とても個性的な指輪デザイン。上下逆向きに付けても違った表情にになります
  • 波のように伸びる金の棒。視線はその先端のルビーに自然に流れます
  • 美しい宝石のセッティング。斬新なデザインと高い宝飾技術を兼ね備えてます
  • 肉厚なゴールド。この時代以外これほどゴージャスな指輪は作られません
  • シンセティックルビーのタンクリング(1940年代、ダイヤモンド、フランス)
  • シンセティックルビーのタンクリング(1940年代、ダイヤモンド、フランス)
  • シンセティックルビーのタンクリング(1940年代、ダイヤモンド、フランス)
  • シンセティックルビーのタンクリング(1940年代、ダイヤモンド、フランス)
  • シンセティックルビーのタンクリング(1940年代、ダイヤモンド、フランス)
  • シンセティックルビーのタンクリング(1940年代、ダイヤモンド、フランス)
  • シンセティックルビーのタンクリング(1940年代、ダイヤモンド、フランス)

上の写真をクリックするとシンセティックルビーのタンクリング(1940年代、ダイヤモンド、フランス)の大きな写真が切り替わります。

シンセティックルビーのタンクリング(1940年代、ダイヤモンド、フランス)

[通販価格:税込]:売り切れました。

アンティークエピソード[Antique episode]

1940年代のカクテルジュエリーと戦後エステートジュエリー

どこまでを「アンティークジュエリー」と呼び、どこからを「ヴィンテージジュエリー」と呼ぶのか。
「アンティークは100年以上たったもの」という定説はありますが、今日ではジュエリーに関しては1930年代のアールデコまでを含んで「アンティークジュエリー」と呼ぶのが一般的です。
1930年代と言いますと厳密に言えば100年を経ていないですが、ジュエリーの素材や製造過程、デザインがその時代特有のものか、量産を目的としたジュエリーか否かがアンティークとヴィンテージを分けるひとつの基準で、それが1930年代で分かれると考えられいます。
それでは1940年以降のジュエリーに価値がないかというとそういう訳ではありません。
特に1940年代のジュエリーには戦火の迫る中、その時代にしかない特徴的なデザインで高く評価されています。
1940年代というと、第二次世界大戦を思い浮かべる人が多いようです。
1940年代ジェエリーというと、「戦争中にジュエリーなんて作っていたのですか?」と質問をされることがあります。
40年代ジュエリー(フォーティーズスタイル)とは正確に言うと、1939-1943年当たりに作られたジュエリーを指します。
40年代前半というのが、フォーティーズジュエリーが正確に指すところです。

1940年代のジュエリーの特徴はまず肉厚なイエローゴールドです。
フランスは1930年代が「白いジュエリーの時代」でとホワイトゴールドやプラチナを中心に白い地金のジュエリーが流行しますが一転し、重量のあるイエローゴールドをたっぷり使ったジュエリーが多いです。
戦争の足跡が聞こえていたこの時代プラチナは軍需金属とされたため、イエローゴールドへの回帰が高まっていたと言う社会背景もあります。
「フォーティズスタイル」と呼ばれる重厚感のある40年代のジュエリー。
その代表的な指輪が、バックルやベルトなどをモチーフにダイヤモンドやルビーなどの色石を配したこのカクテルリング、カクテルブレス、カクテルウォッチです。
角柱、円柱、台形、渦巻きなどを幾何学的モチーフで装飾したこのようなリングは、ディナーパーティより気軽なカクテルパーティで用いられました。
戦時中は夜にパーティができず、カクテルジュエリーといって昼間できるスタイルのジュエリーが流行します。

下記は当店で販売済みのカクテルブレスレット。
チャームにそれぞれ仕掛けが施された、遊び心溢れるジュエリーです。

イエローゴールドタンクブレスレット(1940年代のカクテルジュエリー、ロケット、ミニチュア)

下記はやはり当店にて販売済みの同時代のカクテルウォッチ。
カバーを開くと時計が出てくるやはりサプライズのある、遊び心あるジュエリーです。

カクテルジュエリーアンティークウォッチ

イヴニングドレスやカクテルドレスにこのような見栄えのする豪華なジュエリーで華を競いました。
カクテルリングの他、タンクと呼ばれる四角張ったボリューム感じのある指輪、ポン(橋)、ヌー(結び目)といった特徴的な指輪デザインも生み出されました。
下記は当店扱いの40年代のカクテルリング。
1940年代のカクテルジュエリーのルビーは時々、シンセティックルビー(合成ルビー)がハイクラスのジュエリーにも用いられています。
これはやはり戦争の影響で極東からの物流が滞っていたと言うことも関係しています。

カクテルリング(フォーティーズ、シンセティックルビー、ダイヤモンド)

物騒な時代背景と対照的に40年代のジュエリーは、肉厚で華やかな明るい作品が多いです。
コスチュームのさきがけを作った1940年代ジュエリーは「20世紀アンティーク」と呼ばれることもあります。

ちなみに50年代にもこのようなカクテルリングに似た指輪が作られますが、ボリュームが更にアップしていきます。
フランス現地では、50年代の非常に肉厚で大ぶりな指輪も近年大変人気があり大胆なデザインがとてもかっこよいのですが、特に指輪は私たち日本人にはちょっと驚くほど大きめのものも多いです!
下記は当店扱いの1940-1950年頃製作推定のブローチ。
ネヴィンテージお花のブローチ
裏面がクリップになっているのも特徴的です。

フランスをはじめ欧米ではこの20年来、1940-1950年代のジュエリーに対する歴史的評価が確立しています。
特に近年評価が急騰しているのが、戦後1940-70年代のグランメゾン(ブランド)の製作したジュエリーです。
この時代にヴァンクリーフアーペルやカルティエが製作したジュエリーは、近年世界中の名だたるオークションで驚くほど高価に取引されています。
その値上がりのすざまじさは一説には、2008年の頃と比べて5倍ほどあがったものもあるそうです。
専門書も立て続けに出るなど、フランスをはじめ西欧で今一番「熱い」ジュエリー。
欧米のセレブリティが近年こぞって手に入れようとしているのがこの時代のグランメゾンのジュエリーです。
アンティークジュエリーには及ばないにしても、現代と比べれば宝石の品質も良いことが多く、価値が認められつつあります。
こうした主に一流ブランドのヴィンテージジュエリーは「エステートジュエリー」と呼ばれて取引されることが多いです。

下記は1949年、ヴァンクリーフアーペル製作のパウダーケースです。
イエローゴールドで表面は籐細工をイメージしています。
ダイヤモンドに緑石はカリブレカットされたエメラルド、中を開けると鏡があります。
20世紀初頭からこの時代にかけてはジュエリーのみならずこうした至極贅沢な女性の喫煙や化粧にまつわる小物が作られました。

ヴァンクリーフアーペルケース

下記もヴァンクリーフアーペル。

ヴァンクリーフアーペルバレリーナ

1943年製作、バレリーナのブローチ。

2作品とも2010年のクリスティーズのオークションに出品されていた作品で、当時の推定価格も非常に高価ですが、それでも今では(2015年現在)この時の数倍の価格がつくでしょう。

アンティークエピソード集 のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

1回のご注文・配送地1ヶ所につき、送料を740円(税込み/全国一律)を申し受けます。
ただし、1回のご注文金額が21,600円以上(税抜20,000円)の場合には送料を無料とさせていただきます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×