ローズカットアンティークダイヤモンド指輪(19世紀、フランス、18金)

ローズカットダイヤ尽くしの指輪 総計なんと10個のローズカットダイヤが使われた19世紀後期のフランスの指輪。
中心の4つのダイヤはそれぞれ直径2.5ミリほど、その前後の6つのダイヤはそれぞれ直径1.5ミリほど。
合計0.4カラットものローズカットが配置された、ダイヤが現在とは比べ物にならないほど貴重だった19世紀の後期において、何と贅沢な指輪でしょう。
この大きさのローズカットは例外的 これだけ大きいローズカットダイヤモンドは珍しいです。
といいますのもローズカットはブリリアンカットと違いファセット面が少ないので、同じ品質のダイヤであれば当時であればオールドヨーロピアンカットにしたほうが輝きはでるのです。
逆にいうとローズカットでしかも裏に金箔を張っていない状態で、これだけ輝きがでているダイヤというのは、ダイヤ自体が非常に高品質であるということです。
とても贅沢な使い方です。
フランスの金の刻印あり。
地金は18金ピンクゴールドとイエローゴールドの間のような色です。指輪サイズは17.5号(サイズ直しは有料で可能)。
サイズが大きめで横長のシンプルなデザインなので、男性がされても素敵だと思います。

  • 重量:2.8g
  • 販売価格:売り切れました。

ローズカットアンティークダイヤモンド指輪(19世紀、フランス、18金)

世界にひとつだけの一点もの

  • まさにダイヤモンド尽くし。ダイヤの大きさも形も微妙に異なり、昔らしい味わい
  • 石は豪華ですが、華美過ぎないすっきりとしたデザイン。男性にも似合いそうです
  • イエローゴールドとピンクゴールドの間のような色は、日本人に合いやすいです
  • 小さいダイヤの台座にはホワイトゴールドが使われています
  • ゴールドがたっぷり使われているのでずっしりとした重みがあります
  • ローズカットアンティークダイヤモンド指輪(19世紀、フランス、18金)
  • ローズカットアンティークダイヤモンド指輪(19世紀、フランス、18金)
  • ローズカットアンティークダイヤモンド指輪(19世紀、フランス、18金)
  • ローズカットアンティークダイヤモンド指輪(19世紀、フランス、18金)
  • ローズカットアンティークダイヤモンド指輪(19世紀、フランス、18金)
  • ローズカットアンティークダイヤモンド指輪(19世紀、フランス、18金)
  • ローズカットアンティークダイヤモンド指輪(19世紀、フランス、18金)
  • ローズカットアンティークダイヤモンド指輪(19世紀、フランス、18金)

上の写真をクリックするとローズカットアンティークダイヤモンド指輪(19世紀、フランス、18金)の大きな写真が切り替わります。

ローズカットアンティークダイヤモンド指輪(19世紀、フランス、18金)

[通販価格:税込]:売り切れました。

アンティークエピソード[Antique episode]

ダイヤモンドの評価基準4Cとアンティークジュエリー

「ダイヤモンドの4C」という言葉を聞いたことのある人も多いのではないでしょうか?
4Cとは現在の宝石業界で使用されている、ダイヤモンドのクオリティーを客観的に計る判断基準のことです。
(1)キャラット(Carat):
カラットとは重量のことです。
1カラット=0.2グラムです。
よく「△ミリぐらいのダイヤは何カラットでしょう?」と尋ねられる方がいらっしゃいますが、この質問に正確な回答はありません。
というのも基本的にカラットは「大きさ」ではなく「重量」なのです。
カットにより、同じ最長直径3ミリのダイヤなどでもカラットは異なります。
特にアンティークジュエリーのローズカットの場合、表面積からカラットを予測することは不可能です。
(2)カラー(Color):
現在カラーは23段階評価されています。
一般に無色のもののほうが価値が高いとされ、まったくの無色がD、もっとも黄色味が強いものをZで23で評価しています。
簡単に言うとDEFがまったくの無色、GからJがほぼ無色、KからMが僅かな黄色味、NからRが非常に薄い黄色、SからZが薄い黄色、Z以上がファンシーイエローと呼ばれる強い黄色となります。
比較はマスターストーンと呼ばれるいわゆるサンプルの石との肉眼での比較で行いますので、特にアンティークジュエリーのように石を台座からはずせないダイヤモンドの場合、正確に測ることは難しいです。
また現代では多くのダイヤモンドに人工的処理で色が調整されていますので、本来の色を計っているかは疑問です。
(3)クラリティー(Clarity):
透明度はもちろん高ければ高いほど、ダイヤモンドとしての価値が高いとされています。
インクルージョン(内包物)やひび割れがどの程度あるかが、その判断基準となります。
クラリティグレイドは熟練した鑑定士が10倍の宝石顕微鏡を用いて判断し、その評価は11段階に分かれます。
もっとも評価が高いのがFL(FlawLess)で内包物がない状態、ついでIF(Internally Flawless)はちょっと磨けばFLになりそうなぐらい内包物がないダイヤ。
ついでVVS1、VVS2(Very Very Slightly included)ごくごくわずかな内包物が含まれる状態。
VS1、VS2(Very Slightly icluded)、ごくわずかに内包物が含まれる状態。
次いでSI1、SI2(Slightly included)、わずかに内包物が含まれる状態。
F:肉眼で分かるレベルの内包物が含まれる状態。
I1、I2、I3(Included):さらにはっきり肉眼で分かるレベルの内包物となっています。
ただし現代では放射線処理などで内包物をクリアにするといった人口処理が行われています。
一方アンティークダイヤモンドについてはそうした技術がまだ存在しない無加工の状態です。
仮に同じ石があったとして、人工的処理がされているといないではまったく違う結果が出るでしょう。
(4)カット(Cut): ダイヤモンドの石の価値を計る4Cのうちのひとつが、カット(cut)です。
カットのグレードには、Excellent、Very Good、Good、 Fair、Poorの段階があります。
この評価は通常10倍双眼顕微鏡を用いて、熟練した鑑定士の感覚にしたがって判断します。
ところが、このダイヤモンドのカットの評価は、現在のブリリアントカットダイヤに関する評価基準です。
もっとも光線を反射・屈折してダイヤを美しく見せてくれるアイデリアルカット(理想的なカット)を基準にして、それにどれだけ近いかで判断を行うものなので、当然アンティークダイヤに多いローズカット、オールドヨーロピアンカットなどの昔のカットでは、4Cのカットの評価そのものが行えません。

4Cは近代になって、宝飾業界が商売を行う上で定めたツール。
ダイヤモンドを売る基準として設けたひとつの制度ですので、アンティークダイヤモンドのことまでは考えられていないのです。
以上、どれもCという英単語から始まるため、4Cと呼ばれています。
ところでこの4C、裸石(ルース)の状態でないと測定できません。
よって最初からセッティングされた状態で存在するアンティークジュエリーの場合、4Cを計ることはできません。
特にカッティングに関してはオリジナルのダイヤモンドを傷つけるリスクを犯して裸石にできたとしても、ブリリアンカットに対するカッティング評価なので、昔のダイヤモンドには適用できません。

通常アンティークダイヤモンドの場合は、その宝石が間違いなく天然のダイヤモンドであるという鑑別を行うにとどまっています。
アンティークダイヤモンドの場合、現在のような人口処理を施しておらず、天然ダイヤモンドの中でも良質のものが使われていることが多いです。
カッティングが未熟であったり経年による磨耗などで、ひび割れやキズなどのあるものもありますが、小粒なものであってもダイヤモンドの石そのものは良質です。
鑑定書というのが4Cという現代の評価基準に基づくものであるためアンティークダイヤモンドでは残念ながら基本的に「鑑定書」は出せません。
当店ではそのアンティークジュエリーで用いられているダイヤモンドが本当に天然のダイヤモンドかを判別する鑑別までを行っています。
ご希望の方は別料金にはなりますが、第三者機関による「鑑別書」をお出しすることも可能です。

現在ではダイヤモンド市場には、本来そのままでは宝石として通用しないクオリティのダイヤモンドも人口処理を施すことでジュエリーにされてしまっています。
販促のために作り出された4Cの評価基準に頼る現代のダイヤモンドに慣れてきたお客様が、アンティークダイヤモンドに触れるようになったら、現代のダイヤモンドがまるでおもちゃのように見えるようになったとよくおっしゃいます。
4Cは参考程度にするのは良いと思いますが、是非ご自身の感性でそのダイヤモンドか美しいかどうか判別されることも大事にされてください。

アンティークエピソード集 のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

1回のご注文・配送地1ヶ所につき、送料を740円(税込み/全国一律)を申し受けます。
ただし、1回のご注文金額が21,600円以上(税抜20,000円)の場合には送料を無料とさせていただきます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×