ガーネット アンティークスタッドピアス(19世紀 フランス)

珍しい色石のアンティークスタッドピアス シンプルな一つ石のスタッドタイプのアンティークピアスは、当店でも最もリクエストを多く頂くアイテムです。
アンティークピアスはデザインが豊富で、モチーフが長く垂れたドロップタイプのピアスも多いです。
これは現地のディーラーさんにも言われたことなのですが、日本女性の需要が特に強いのは、こうした耳たぶにピッタリフィットするタイプのスタッドタイプのピアスです。
華美になりすぎず、職場などに着けていただくのにぴったりだからでしょう。
しかしながらこうしたスタッドタイプのピアスは、アンティークピアスの中で少数派で、数としては出てこないです。
特に色石のスタッドピアスは、珍しいです。
シンプルでありながら、実は出会うことが少ないアンティークピアスです。 身に着けたときの美しさが格別 正面から見ますと、ガーネットをゴールドの枠が薄く覆っているだけで、ほぼガーネットしか見えないので、美しく映えます。
シックな赤色は肌色を明るく、そして上品に見せてくれます。
直径が約7ミリと決して大きくはないピアスですが、深紅のガーネットの色ゆえに存在感があります。
クローズドセッティングになっていて、ガーネットを丸く包み込んだ、ころんとしたゴールドの台座がいかにもアンティークらしいです。
またガーネットの下部の台座の側面には、さりげない彫金が施されていてこうしたところも味わいがあります。
オリジナルのキャッチはお花の形をしています。
くるくるとこのお花の台座を回転させることで、開閉が出来る仕組み。
9番目と10番目お写真は、現代のシリコン製のキャッチ(中の金色の部分は18カラットゴールドが入っています)をつけた写真です。
このピアスにサイズもピッタリのものを工房で見つけてもらいました。
オリジナルのキャッチと共にこちらの現代もののシリコンキャッチもお付けしますので、お使い分けください。
18カラットゴールド。
このように非常に軽量なゴールドのジュエリーの場合、刻印が押されないケースも多いですが、キャッチの裏面にフランスの18カラットゴールドの証である馬の刻印が押されています。
馬の刻印は、鷲の刻印より前の時代から存在した18カラットゴールドの刻印で、刻印だけで古い時代のものであることが分かります。
19世紀前ー中期のフランス製。

  • 幅:7mm 
    重量:1g
  • 販売価格:売り切れました。

ガーネット アンティークスタッドピアス(19世紀 フランス)

世界にひとつだけの一点もの

  • 隙間なくセットされたゴールドの台座。爪は飾りですがワンポイントで可愛いです
  • 1石のガーネットが耳元にあるのとないのでは大違いです
  • クローズドセッティングで後ろから光が入らないものの綺麗な艶が出た石です
  • 細かめに入ったファセットが光を浴びることでキラリとしいます
  • オリジナルの味わいあるキャッチ。裏面にフランス18金の刻印あり
  • ガーネット アンティークスタッドピアス(19世紀 フランス)
  • ガーネット アンティークスタッドピアス(19世紀 フランス)
  • ガーネット アンティークスタッドピアス(19世紀 フランス)
  • ガーネット アンティークスタッドピアス(19世紀 フランス)
  • ガーネット アンティークスタッドピアス(19世紀 フランス)
  • ガーネット アンティークスタッドピアス(19世紀 フランス)
  • ガーネット アンティークスタッドピアス(19世紀 フランス)
  • ガーネット アンティークスタッドピアス(19世紀 フランス)
  • ガーネット アンティークスタッドピアス(19世紀 フランス)
  • ガーネット アンティークスタッドピアス(19世紀 フランス)

上の写真をクリックするとガーネット アンティークスタッドピアス(19世紀 フランス)の大きな写真が切り替わります。

ガーネット アンティークスタッドピアス(19世紀 フランス)

[通販価格:税込]:売り切れました。

アンティークエピソード[Antique episode]

アンティークガーネットとその種類(アルマンディン、パイロープ、ロードライト等)

ガーネットは、アンティークジュエリーで最も重用されてきた宝石の一つです。
ガーネットには古くから色々な言い伝えがあります。
その中で最も古いのが、「ガーネットはノアの箱舟の灯として使われて、暗闇を照らした」という伝説。
ガーネットの深く赤い石は、古代から疫病に強い効力があると信じられてきました。
古代エジプト人及びローマ人は血液関係の病気の治療にガーネットを使ったそうです。
中世ヨーロッパではガーネットを持つと友情に恵まれ、権力の座につくとされ、支配者層に好まれました。
ガーネットには暗闇でも見通せる、ガーネットを身につけることで洞察力が増すと信じられてきたのです。
ガーネットがジュエリーの表舞台に出はじめたのは18世紀初頭からです。
下記は18世紀のガーネットを用いたフランス、ヴァンデ地方の指輪です。

アンティークガーネットの指輪(18世紀地方ジュエリー、ヴァンデ地方)

アンティークジュエリーにおいて、ガーネットほど様々なジュエリーに様々な方法で用いられた色石はありません。
ガーネットの硬度は6.5-7.5と比較的高くカラーバリエーションも豊かなガーネットは、あるときは指輪、ピアス、ブレスレット、そしてカメオやインタリオなどにされてきました。
(デマントイドガーネットの硬度がおよそ6.5、ロードライトガーネットの硬度が7.5です)
宝石としては十分な硬度がありながら、ダイヤモンドやコランダム程までは硬くなく、彫り物も可能ということで、ガーネットは細工もののジュエリーにも重用されました。
下記はガーネットにインタリオが施された指輪です。

アンティークインタりオ指輪(ガーネット、天然真珠、イニシャル)

なぜガーネットと言う一つの宝石で硬度に幅があるのかと言えば、「ガーネット」と言う名称が複数の石のグループの総称で、その中に4つの異なるグループが存在するからです。
その4つとは下記になります。

1)ワインレッドに代表されるガーネットがアルマンディンガーネット
現在では、良質なアルマンダインガーネットは滅多に見ることがありません。

アンティークガーネットブレスレット(1900年頃、18Kゴールド)

2)ルビーに似た鮮やかな赤色のガーネットがパイロープガーネット
パイロープとはギリシャ語で「火の目」という意味です。
チェコスロバキア西部(元オーストリア領)にあるボヘミア地方では中世よりこのような火の目のような深紅色のパイロープが採掘されていました。

アンティークガーネットネックレス(パイロープガーネット、ペンダントネックレス、ヴェルメイユ)

3)紫赤ー褐赤色のロードライトガーネット
アンティークジュエリーで見られるガーネットの中で最も多いのがロードライトガーネットです。
ロードライトとは、「バラの花のような」という意味で、この意味の通り、やや紫がかった赤色をもつガーネットです。
バラに近い、紫がかった印象的な赤色のものが高い評価を受けています。
また、透明度も非常に重要視されています。
主な産出国は、タンザニア、マダガスカル、スリランカなどです。
特にスリランカ産は、バラの花を想わせる良質な石が産出されたことで知られています。

アンティークガーネット十字架ペンダント(クロス、ヴェルメイユ、南仏)

4)美しいオレンジ色のスペサルティンガーネット
この種のガーネットはアンティークジュエリーではほとんど見ることがありません。

現在では色の調整が行われていますから(アンティークガーネットで見られたような良質のガーネットが現在では枯渇しているため)、これほどカラーバリエーションがあるのはやはり昔の天然無加工だからです。
18世紀には特にピンク色のガーネットが、19世紀には明るい赤色の華やかなガーネットがもてはやされました。
シックな色調が魅力的なピンク色のアンティークガーネットは、その大部分が18世紀のヨーロッパで採られました。
この時代であってもピンク色のガーネットはとても産出量が少なく、小さくカットされて大切に使われました。
柔らかいピンクの色は、当時の照明のろうそくの下で、ダイヤモンドの煌めきと同じような光り方をするものが好まれたそうです。
下記はジュエリー自体は19世紀初頭に作られていますが、その色調から判断してピンク色を帯びたガーネットそのものは、もっと古い時代のものと推定できます。

19世紀十字架クロスペンダント(ピンク紫ガーネット)

赤色の他のアンティークガーネットとしては、緑色のガーネットが有名です。
グリーンガーネットは、聖書にも記載のある最も古い宝石の一つです。
「燃える石炭」とも呼ばれ聖書の中ではノアの箱舟の道しるべの明かりとして使われたグリーンガーネット。
強力な守護の力を持つと信じられ、魔除けとして使われたり、医薬的効能を持っていると信じられてきました。
グリーンガーネットには主に2種類あります。
翡翠と良く似たグロッシュラーガーネットと、ガーネットコレクターの垂涎のデマンドガーネットです。
下記はグリーングロッシュラーガーネットの指輪です。

グリーングロッシュラーアンティークガーネット指輪(ダイヤモンド、クロスオーバーリング)

ヨーロッパのガーネットの産地というと、ボヘミア(現在のチェコ共和国あたり)のイメージが強いと思いますが、フランスでもガーネットは産出されました。
中でも「ペルピニャンのガーネット」は、その質の高さで有名で、色調の明るい赤色がその特徴です。

ペルピニャンガーネットのアンティークブローチ(バーブローチ、クローズド、1840年頃)

ペルピニャンは、ピレネー山脈ぞいの、フランス南西部の地中海沿岸の町です。
科学的にはペルピニャン産か否かを鑑別できる術はなく、特にアンティークガーネットの場合、そこまで細かい産地の特定は困難です。
現在市場に出回っているガーネットのほとんどはフランス産でもボヘミアのものでもなく、タイ産がほとんどです。

ヨーロッパには、そんなガーネットを記念日に贈る習慣もあります。
まず結婚18周年。
ガーネットの宝石言葉は貞操。
そこから変わらぬ愛を届けるという意味で、この習慣が生まれたのでしょう。
そして初めての記念日。
またヨーロッパでは、最初に子供に与える宝石としてガーネットが贈られることが昔から多いです。
これはガーネットの持つ勤勉な力、人生に忠実であってほしいという両親の願いからでしょう。

アンティークエピソード集 のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

1回のご注文・配送地1ヶ所につき、送料を740円(税込み/全国一律)を申し受けます。
ただし、1回のご注文金額が21,600円以上(税抜20,000円)の場合には送料を無料とさせていただきます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×