ノルマンディー鉛ガラスピアス(アランソンのダイヤモンド、金と銀)

「アランソンのダイヤモンド」と呼ばれる特別なアンティークの鉛ガラス 19世紀のフランス、ノルマンディー地方のアンティークジュエリーです。
催事の際に訪れてくださったお客様が必ず「この石は何ですか?ダイヤモンドですか?」とコメントくださるピアスです。
銀の台座に深く埋め込まれた透明石、風格が漂います。
この透明石は現代の言葉で表現しにくくフランスでも色々な言い方をされますが、簡単にいってしまうと「鉛分の多いガラス水晶」」です。
細かくはエピソードに書きましたがノルマンディー地域は歴史的に宝飾技術が高く、ノルマンディーのトップレベルの宝飾家たちは16世紀になるとパリの宮廷に呼ばれはじめます。
そして宮廷を中心に、パリにノルマンディー発祥のジュエリーが流行します。
その内の一つがこの「アランソンのダイヤモンド」と呼ばれる鉛を多分に含んだ水晶ガラスで、深い輝きは、ダイヤモンドのようにも見えます。
フランスノルマンディーの地方アンティークジュエリーで何度か、こうしたこうした良質な無色の鉛ガラスを美しく箔打ちしセットしたネックレスや十字架を見ることがあるのですが、その美しいこと。
そしてそれが本当に驚くほど高価で取引されています。
歴史を知れば知るほど価値の高い、そして珍しいジュエリーであることが分かります。
希少なノルマンディーの地方ジュエリー フランスアンティークジュエリーの中でも希少な「フランスの地方ジュエリー」です。
「アランソンのダイヤモンド」と呼ばれるこうした大粒の白色の鉛ガラス石はノルマンディー地方で、十字架やストマッカー等のジュエリーに用いられました。
技巧を凝らしたセッティングで、台座の外周に半円形のようなモチーフが連なります。
この装飾様式が非常に特徴があります。
アランソンのダイヤモンドのノルマンディーのジュエリーは、地元の美術館にも所蔵されています。
針部分とピアスキャッチは18金になっています。
ピアスキャッチはぐるぐると回転していくことで開閉できる、アンティークピアスでよく見られるタイプの仕組みで、針も留め具も適度のボリュームがあるため使いやすいです。
この仕組みのピアスはなくしにくいと言うことも利点です。

  • 幅:11mm 
    重量:2.6g
  • 販売価格:売り切れました。

ノルマンディー鉛ガラスピアス(アランソンのダイヤモンド、金と銀)

世界にひとつだけの一点もの

  • 石の大きさは直径9ミリ、銀の台座で包み込むようにぴったりセットされてます
  • 凛とした存在感、ボリュームがありますが貴石より嫌味にならず着けやすいです
  • 石部分の厚みが8ミリ、台座部分の箔打ちが地方ジュエリーの特徴です
  • 1石ずつ石の形にぴったり合わされた銀で包み込まれています
  • 針部分が18金、この部分も非常に堅牢です。捩ることで開閉できます
  • ノルマンディー鉛ガラスピアス(アランソンのダイヤモンド、金と銀)
  • ノルマンディー鉛ガラスピアス(アランソンのダイヤモンド、金と銀)
  • ノルマンディー鉛ガラスピアス(アランソンのダイヤモンド、金と銀)
  • ノルマンディー鉛ガラスピアス(アランソンのダイヤモンド、金と銀)
  • ノルマンディー鉛ガラスピアス(アランソンのダイヤモンド、金と銀)
  • ノルマンディー鉛ガラスピアス(アランソンのダイヤモンド、金と銀)
  • ノルマンディー鉛ガラスピアス(アランソンのダイヤモンド、金と銀)
  • ノルマンディー鉛ガラスピアス(アランソンのダイヤモンド、金と銀)

上の写真をクリックするとノルマンディー鉛ガラスピアス(アランソンのダイヤモンド、金と銀)の大きな写真が切り替わります。

ノルマンディー鉛ガラスピアス(アランソンのダイヤモンド、金と銀)

[通販価格:税込]:売り切れました。

アンティークエピソード[Antique episode]

アンティークのガラスジュエリー 「ペーストジュエリー(鉛ガラス)、ストラス、アランソンのダイヤモンド)」

ガラスは最も古い「宝石」のひとつです。
古くは紀元前3000年前のメソポタミアとコーカサスの遺跡から発見されています。
いわゆる貴石の代役としての役割も、少なくとも紀元前1500年前のエジプト文明の頃には既に確立されていました。
中世、カラーガラスは主に宗教的な目的に用いられました。
例えば聖骨箱や聖書に飾られました。
非宗教的な用途としては、例外的に子供のジュエリー、そして葬儀用のジュエリーにも使われました。

ペーストのジュエリーは17世紀に発展します。
ペーストガラスのジュエリーは、当初はダイヤモンドの代良品として生まれます。
17世紀、イギリスもフランスも宮廷ではダイヤモンドのパリュール(セットジュエリーのこと)が流行しますが、セットするだけのダイヤモンドを持ち合わせない者には大量に生産されていたペーストガラスがその代用となったのです。
下記は当店で販売済みのペーストガラスのピアス。
19世紀半ばの作品です。

ネグリジェネックレス

ペーストガラスは、鉛ガラスに鉛の酸化物を加えて作られました。
ペーストガラスは上手にカットされると、この頃に浸透しはじめるろうそくの明かりの下でまるで本物のダイヤモンドのような輝きを放ったのです。
このアンティークの鉛ガラスはその国や地域によって色々な言い方がされました。
英語ではペースト(ガラス)と呼ぶことが多いですが、フランスでも色々な言い方をされて「ピエールドリン(pierres du rhin)」ですとか。
またフランスでは特に鉛ガラスはノルマンディー地方で独特の発達を見せます。
この地域で作られた「「鉛分の多いガラス水晶」は地域の名前を取って「アランソンのダイヤモンド」と呼ばれることがあります。
下記は1827年のルーアン(ノルマンディーの中心都市)で作られたペンダントです。

ノルマンディーアンティークジュエリー

下記は19世紀のノルマンディーの十字架です。
両方とも白い鉛ガラス「アランソンのダイヤモンド」が銀の台座に包み込まれるようにセットされています。

ノルマンディーアンティークジュエリー

こうした良質な無色の鉛ガラスを美しく箔打ちしセットしたジュエリーは、時の貴族の間で一世風靡します。

18世紀以降、この鉛石をより小さなダイヤモンドのようなカットする技術が生み出されます。
フランスの宝飾職人のストラス(strass)は、鉛ガラスを改良し、ダイヤモンドに色をつける金属箔の彩色を考案します。
こうして生まれたペーストの改良品を職人の名前を取って「ストラス(strass)」と呼ばれるようになります。
以降、ノルマンディーのパリュール(セットジュエリーのこと)は尚一層のこと、パリの貴婦人たちの間で流行します。

アンティークのガラスジュエリー「ムラノガラス、パードヴェール」

アンティークのガラスジュエリー「サフィレット(Saphiret)とボヘミアの変色ガラス」

アンティークのガラスジュエリー「吹きガラス(ふきガラス)」

アンティークのガラスジュエリー「ブリストルグラス」

アンティークエピソード集 のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

1回のご注文・配送地1ヶ所につき、送料を740円(税込み/全国一律)を申し受けます。
ただし、1回のご注文金額が21,600円以上(税抜20,000円)の場合には送料を無料とさせていただきます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×