アンティークアメジストピアス(宮廷装飾、王政復古、合金)

大粒のアメジストをたっぷり使った贅沢なピアス 1820-30年頃、王政復古時代のフランス製。
当時の良質な美しいアメジストを使った贅沢なアメシストピアスです。
大きい方のアメジストは1.2ミリx1.5センチもあります。
合計4つのアメシストにはどれも美しいファセットがつけられています。
アメジストの品質は実にピンきりです。
現在ではアメシストはあまり高価なイメージがないかもしれませんが(現在のアメジストの大半は色を人工的に調整してしまっている宝石としてはほぼ無価値のものが多いので当然です)、天然無加工の品質の良い昔のアメジストはとても高い価値を持つ宝石の一つ。
このピススに使われているように濃すぎない薄すぎず、深い紫色が一様に見えるアメジストは最高のものです。
王政復古時代の華麗な宮廷装飾 全体はポンポンと呼ばれる合金でできています。
ポンポンとは金を含む合金で、金の比率が3分の1前後。
19世紀のフランスのアンティークジュエリーに見られる独特の技法です。
このポンポンに施された彫金細工が典型的な宮廷装飾です。
このピアスが作られた王政復古時代には、18世紀のブルボン王朝が一時的に復活し、優雅なロワイヤルスタイルのジュエリーが再び作られます。
アメジストが15-17つの小さな爪で留められているのですが、その形が様式化された葉の形になっていてとても優雅です。
その外周はやはりお花を様式化したような彫金で、アメジストをぐるっと囲んでいます。
この部分は裏から見ると分かりやすいですが、レポゼと言って裏からゴールドをレリーフ状に打ち出して作っているのです。
こうしたオーセンティックな宮廷装飾様式のアンティークジュエリーは、アンティークジュエリーの中でもとても数が少なく貴重です(作られた時代が本当に限られているので当然です)。
針部分は銀。
お揃いのブレスレットもあるのでぜひあわせてご覧ください。

  • 幅:18mm 
    高さ:34mm 
    重量:10.8g
  • 販売価格:売り切れました。

アンティークアメジストピアス(宮廷装飾、王政復古、合金)

世界にひとつだけの一点もの

  • 深く明るい紫色で艶も良い完璧なアメジスト。これだけの大きさは本当に贅沢
  • 全体は1.8センチx3.4センチとやや縦長ですが楕円シルエットが柔らかい雰囲気
  • アメジストを留める爪と台座にぎっしりと施された彫金が鮮やかで美しいです
  • アメジストは裏面にもファセットが付けられ、とても厚みがあるのが分かります
  • 上と下の間は輪っ子の留め具で留められています。揺れると下部が動く作り
  • アンティークアメジストピアス(宮廷装飾、王政復古、合金)
  • アンティークアメジストピアス(宮廷装飾、王政復古、合金)
  • アンティークアメジストピアス(宮廷装飾、王政復古、合金)
  • アンティークアメジストピアス(宮廷装飾、王政復古、合金)
  • アンティークアメジストピアス(宮廷装飾、王政復古、合金)
  • アンティークアメジストピアス(宮廷装飾、王政復古、合金)

上の写真をクリックするとアンティークアメジストピアス(宮廷装飾、王政復古、合金)の大きな写真が切り替わります。

アンティークアメジストピアス(宮廷装飾、王政復古、合金)

[通販価格:税込]:売り切れました。

アンティークエピソード[Antique episode]

アンティークアメジスト(アメシスト)について

現代ではアメジストはそこまで高価な宝石といったイメージがないかもしれませんが、かつてアメジストは19世紀末に、南米(ブラジル)でアメジストの鉱山が見つかるまでは、非常に希少な宝石でした。
ダイヤモンドやルビーといった貴石と同じ金銭価値で探されていた宝石でした。

その宝石としての歴史は古代エジプトにまで遡ります。
アメジストの語源も、ギリシャ神話の月の女神「ダイアナ」の女官「アメジスト」に由来し、そのいわれは下記のとおり。
ぶどう酒と酩酊の神「バッカス」は、お酒の上でのいたずらが過ぎて、全能の神ゼウスにひどく叱られてしまいます。
むしゃくしゃの収まらないバッカスは、偶然通りかかった美少女「アメジスト」を虎に襲わせようとします。
それをみた「ダイアナ」が「アメジスト」を石に変えて救ったという神話があります。
そのため古代ギリシャ人は、アメジストを着けていると酔っぱらわないと信じていました。
ヨーロッパでは冷静さを保つ力があると信じられています。
古くはレオナルド・ダヴィンチはアメジストが悪い考えを散らして、そして知性を刺激することが可能であったと書いています。

その紫色のためロイヤルファミリーに愛された宝石で、アメジストを愛した人物には古くはクレオパトラ、エカチェリーナ2世がいます。
下記はかつてエカチェリーナ2世が所蔵していたアメジストのイヤリングです。

アメジストのイヤリング"

アンティークアメジストと言えばロシア、ロシア皇族を抜きに語れません。
かつて最上級のアメジストはロシアで採れました。
アンティーク市場でも古い時代のロシア産のアメジストなどは、アンティークジュエリーにおいて驚くほど高価に取引がされています。
ロシアンアメジストの中でも特に濃い色のアメジストは「サイベリアン・アメジスト(シベリア産)」と呼ばれることがあります。
下記はサイベリアンアメジストとデマントイドガーネットのネックレス。
1908-1917年の間にモスクワで製作されたとされています。

サイベリアンアメジスト

ちなみにロシアンアメジストが必ずしも濃い色だけなのではなく、ラベンダーのような色合いの薄いアメジストも存在します。

下記は19世紀後期、ロシア製作のアメジストとダイヤモンドのブローチですが、淡いロシア産ライラックカラーのアメジストが使われています。

ライラックアメジスト"

特にロシア女帝キャサリン大女王(Catherine the Great of Russia 1729-1796年)のアメジストに対する情熱は有名で、ウラル山脈の奥地まで数千人の炭鉱を派遣しました。
またロシアの鬼才ファベルジェは、アメジストをメイン石に据えたロイヤルジュエリーをいくつも手がけています。

アメジストは多くのロシアのロイヤルファミリーに愛されたほか、英ロイヤルファミリーにも愛され、アメジストはロイヤルクラウンにも度々登場します。
下記は1947、カルティエ パリ製作のドラップリーネックレス。
ハート型のアメジストが印象的なこちらのネックレスは、ウィンザー公爵(エドワード8世)がカルティエにオーダーした作品です。
ゴールド、プラチナ、ブリリアンカット、バゲットカットダイヤモンド、カボションカット・トルコ石。

カルティエアメジストドラップリー"
N.Welsh collection Cartier. Photo French Vogue

アメジストの紫色の発色原因は、微量に含有された鉄イオンによります。
色は淡いライラック色から濃紫色まで幅広いです。
色帯構造やムラのあるアメジストも多いですが、色が深く一様に見られるアメジストほど良質とされています。
一方で色の淡いアメジストも天然無加工で綺麗な色の石は、やはりとても評価がが高いです。
アメジストの結晶は、火山岩や堆積岩の低温熱水鉱脈から産出されます。
六方晶系に属した六角錐の集まりで発掘されますが、大きな結晶で発見されるのはごく稀ですので、天然の昔のアメジストで大粒のものはそれだけ貴重といえます。

アンティークのアメジストは(現代のアメジストと比べて)濃い色をしているか、淡い色をしているかどちらかのことが多い」と言われています。
標準的なアメジストの色は逆に少ないです。
これはなぜかといいますとアメジストの紫色の要因は、微量に含有された鉄イオンによるものなのですが、この紫色は加熱処理することによって色を調整することが可能だからです。
勘の良い方ならもう分かるでしょう。
現代では、色の調整がされたアメジストが非常に多いのです。
低品質なアメジストに熱処理や放射線処理を施して、色を変える事が日常的に行われています。
アンティークジュエリーで見られる天然無加工のアメジストと現代の人口処理が施されたアメジストはまるで別の宝石のように異なる価値になってしまいました。
「非加熱の天然宝石」と言ったことに関しては、ルビーなどに関しては意識される方も多いと思いますが、アメジストではあまり意識していない方も多いのではないでしょうか。
本来の天然無加工のアメジストを手に入れたいのであれば、やはりアンティークジュエリーででお探しになることをお薦めしたい宝石の一つです。

またアメジストは2月の誕生石ですが、これは聖人ウァレンティヌス(が常にアメジストを着用していたと言ういわれに由来しています。

アンティークエピソード集 のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

1回のご注文・配送地1ヶ所につき、送料を740円(税込み/全国一律)を申し受けます。
ただし、1回のご注文金額が21,600円以上(税抜20,000円)の場合には送料を無料とさせていただきます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×