アンティークダイヤモンドピアス(縦ライン、ナイフエッジ)

ナイフエッジの見事なダイヤモンドピアス 1910年頃のフランス製。
ほっそりとした縦ラインのシルエットに、ため息が出そうなダイヤモンドピアス。
ナイフエッジと呼ばれる宝飾技術が用いられています。
正面から見ると線のように細いラインは、横から見たときはモチーフとモチーフをつなげているゴールドにそれなりの幅があることが分かります。
正面から見たときは細いラインで、そして側面で堅牢さを出すようにできています。
このゴールドの部分は、全体がイエローゴールドで、上部の非常に薄い部分だけをホワイトゴールドに切り替えています。
このため、正面から見るとダイヤモンドの台座も含めて、白い地金だけが見えるようになっています。
この細さと薄さで、ホワイトゴールドに巧みに切り替えているところが、作れそうで作れないこの流れるような美しいラインの秘訣のひとつです。
20世紀初頭ならでなはの、宝飾史上稀に見る、素晴らしい技術とセンスの結晶の賜物です。
大きさの異なる美しい3つのダイヤモンドのグラデーション そしてダイヤモンドの美しさが、非常に目立つピアスです。
このピアスが作られた20世紀初頭は、史上もっとも優れたダイヤモンドがヨーロッパに集結していた時代です。
19世紀後期までの黒い内包物が入ったダイヤモンドと一変し、クリアで強く透明に輝くダイヤモンドが(もちろんこの時代のジュエリーにおいても極秘と握りの一流の宝飾品に関しては)、使われました。
3つのダイヤモンドの大きさが異なり(上から直径2.5ミリ、2ミリ、4ミリ)、しかもダイヤモンドの大きさにあわせて台座の大きさも同じように変えているところが素晴らしいです。
そして左右のバランスがほぼ完璧に同じところも、このピアスの完璧な美しさの理由のひとつです。
それぞれの台座には思いの他、高さがつけられており、立体的。
横から見たときにも美しいという効果のほか、ダイヤモンドにあらゆる角度から燦々と光が当たるようにもなっているのです。
地金は18Kゴールド。

  • 幅:5.5mm 
    高さ:35mm 
    重量:2.8g
  • 販売価格:売り切れました。

アンティークダイヤモンドピアス(縦ライン、ナイフエッジ)

世界にひとつだけの一点もの

  • 糸のように細いシルエット。アンティークでもこれほど洗練されてるのは稀
  • モチーフ部分だけの長さが2.8センチ。流れるような縦ラインで、大人っぽい魅力
  • 無色透明でクリアで輝きが強い、この時代も最高級のダイヤ。輝きが違います
  • 横から見るとゴールドにきちんと幅があり、しっかりとした作りなのが分かります
  • 針部分のしなやかな曲線が、着けたときのシルエットを美しくしています
  • アンティークダイヤモンドピアス(縦ライン、ナイフエッジ)
  • アンティークダイヤモンドピアス(縦ライン、ナイフエッジ)
  • アンティークダイヤモンドピアス(縦ライン、ナイフエッジ)
  • アンティークダイヤモンドピアス(縦ライン、ナイフエッジ)
  • アンティークダイヤモンドピアス(縦ライン、ナイフエッジ)
  • アンティークダイヤモンドピアス(縦ライン、ナイフエッジ)
  • アンティークダイヤモンドピアス(縦ライン、ナイフエッジ)

上の写真をクリックするとアンティークダイヤモンドピアス(縦ライン、ナイフエッジ)の大きな写真が切り替わります。

アンティークダイヤモンドピアス(縦ライン、ナイフエッジ)

[通販価格:税込]:売り切れました。

アンティークエピソード[Antique episode]

アンティークジュエリーの宝飾技術「ナイフエッジ技法」

ナイフエッジとはナイフに例えた細工のことで、刃の面が鋭く細く、手を当てる側が太くなっていることからこう呼ばれます。
出来るだけ金属の部分を目立たなくした作りです。
ナイフの刃を上にして立てた状態の物で、正面からは細い線のようにしか見えないので、その上にセットされた宝石が宙に浮かんでいるように見えます。

下記は当店で販売済みのダイヤモンドのピアス。
正面から見たときはこのように線のように細いラインしか見えません。

アンティークダイヤモンドピアス(縦ライン、ナイフエッジ)

同じピアスを横から見たとき。
横で幅を持たせて堅牢さを出しているのが分かります。

アンティークダイヤモンドピアス(縦ライン、ナイフエッジ)

ヤスリで擦って表からは、細い線にしか見えないようにしています。
手作りだからこそ出来る技ですし、見た目より強度が高められているという高度な作りです。
アンティークジュエリーでもものすごく古い時代のジュエリーには見られず、19世紀末から20世紀初頭の「イギリスではエドワーディアン」、「フランスではベルエポック時代」のジュエリーに見られる宝飾技術です。
ナイフエッジの魅力は一言で言うと「繊細でシャープなライン」。
20世紀初頭のモダンエイジにふさわしい洗練されたジュエリーが生み出されました。
この時代の特にネグリジェネックレスのように「美しい縦ラインが決め手のジュエリー」では、特に効果的にナイフエッジが用いられました。

アンティークネグリジェネックレス(ダイヤモンド、リボン、蝶結び)

ゴールドに比べて粘り気があり破壊されずに引き伸ばされる性質を持つプラチナとの相性もよく(こうしたプラチナの特徴を「延性がある」と言います)、20世紀初頭のダイヤモンドxプラチナのジュエリーでもよく見られる宝飾技術です。
下記はベルエポック時代のダイヤモンドxプラチナのペンダントネックレス。 ゴールドにプラチナを張ったこの時代特有の貴金属の用い方xナイフエッジが見られます。
特に正面から見ら時にダイヤモンドへの遮りが最小限になり、ダイヤモンドの透き通った美しさを最大限に活かすことができます。

花綱ダイヤモンドネックレス(ガーランド、ベルエポック、プラチナ、オリジナルチェーン付き)

ベルエポック時代の後、アールデコのジュエリーの一部にも見られます。

アンティークエピソード集 のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

1回のご注文・配送地1ヶ所につき、送料を740円(税込み/全国一律)を申し受けます。
ただし、1回のご注文金額が21,600円以上(税抜20,000円)の場合には送料を無料とさせていただきます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×