アンティークアメジストピアス(カボションカット、18金ゴールド)

上品でふわりとしたカボションカットのアメジストピアス 19世紀中−後期のフランス製。
カボションカットされたアメジストは、アンティークジュエリーにおいても、非常に珍しいです。
丸いアメジストが、ふんわりと優しいイメージ。
直径1センチのアメジストは、紫色が濃すぎず上品な色です。
表はカボションで、裏はファセットカットになっています。
表からみたときもファセットによる光の反射があり、それが程よいアクセントになっています。
良質な素材を活かしたシンプルデザイン カボションカットした大粒で良質のアメジストを、18Kゴールドで留めたシンプルデザイン。
余分な装飾がないすっきりとしたデザインなのに、見るほど惹かれて、飽きが来ないのはなぜでしょう。
昔のジュエリーは、シンプルなデザインに見えるほど、高度な技術でキッチリ作りこまれているからです。
このピアスのアメジストを全体を、18Kでくるむようにしてぴったり留めるのは、実は手が込んでいて、珍しい留め方です。
また本体と針の接合も余分なものがなくスッキリしているのですが、これは接合としてとても高度。
また着け外しをスムーズにさせるため、針が上下に軽く動き、角度が変わるようにできています。
これもぐらぐらと動くのではなく、ゆっくり押すことで確実に動かせル絶妙な作り。
どうやって作っているのだろうという、高度な宝飾技術に感動します。

  • 幅:13mm 
    高さ:19mm 
    重量:3.7g
  • 販売価格:売り切れました。

アンティークアメジストピアス(カボションカット、18金ゴールド)

  • カボションカットしたアメジストの裏側からファセットが透けるところまで計算済み
  • 着けたときにこれほど美しいピアスは、アンティークピアスでも滅多にないもの
  • 丸いフェイスと、そこからすっと伸びた針。高度な技術でシンプルなデザイン
  • 光を浴びるとアメジストの紫が、裏側へ映りこみます。程よい厚みのアメジスト
  • 針の留め部分が高度。針は軽く上下することで微妙に角度が変わります
  • アンティークアメジストピアス(カボションカット、18金ゴールド)
  • アンティークアメジストピアス(カボションカット、18金ゴールド)
  • アンティークアメジストピアス(カボションカット、18金ゴールド)
  • アンティークアメジストピアス(カボションカット、18金ゴールド)
  • アンティークアメジストピアス(カボションカット、18金ゴールド)
  • アンティークアメジストピアス(カボションカット、18金ゴールド)

小さな写真をクリックすると大きな写真が切り替わります。

 

アンティークアメジストピアス(カボションカット、18金ゴールド)

売り切れました。
送料無料!

このジュエリーに似た商品をご希望の方は、メールマガジンのご登録をいただくと、サイト掲載前に新入荷商品としてお知らせいたします。
ご登録は、メルマガ登録からどうぞ!

アンティークエピソード

アンティークジュエリーで見られる宝石のカボションカット

唐突ですが、宝石の価値っていったい何でしょうか?
昔からダイヤモンドやサファイアなどの宝石は、多くの人を惹き付けてけてきた魅力があります。
その一つの基準は、宝石は「希少価値」があるから貴重といえます。
しかし多くの人間がその価値を理解して、それを手に入れる手段を手に入れ始めるのとすればするほど、上質の宝石は枯渇が進んでしまうのです。
現在ではほとんどの宝石は、天然のままではなく、加熱処理や放射線を当てるなどの人工処理が施されています。
「天然宝石」と唄っていながら、天然のままの状態の宝石はとても少ないです。
アンティークジュエリーに使われている石は、まだ上質の石が豊富にあった時代だけに、今のような高度な人工処理などする必要はありませんでした。

下記のピアスのガーネットは、カボションカットがなされていますね。

カボションガーネットのアンティーククラスターピアス(真珠)

カボションカットとは宝石のカット法の一つで、紀元前からあるカット方法です。
石を丸い山形に整えて研磨し、光の反射ではなく石そのものの光沢、つやと美しさを活かすカット技法です。
多数の面をカットしたファセットカットにはない、アンティークジュエリーならではの雰囲気が魅力があります。
語源ははラテン語の頭(カボ)からきています、
翡翠などの半透明な宝石やトルコ石などの不透明な宝石に施すことが多いですが、透明な石に対してもスター効果、遊色効果、などの光学的効果を求めて施されることがあります。
オパールは半透明の遊色効果を持つ石ですので、カボションカットが好まれる代表的な宝石のひとつです。
下記は当店で販売済みの翡翠の指輪で、やはり翡翠はカボションカットにされています。

アンティーク翡翠指輪(ひすい、ダイヤモンド、クラスターリング)

下記はカボションカットされたオパールの指輪です。

大粒オパールのアンティークリング(オーストラリア産カボションカットオパール)

光の反射に頼らない分、資質の良い宝石が必要になります。
アンティークジュエリーではブルーサファイアなどの透明石でカボションカットにされたものも数は少ないですが見つけることができます。
下記は珍しいエメラルドのカボションカットです。

カボションカットエメラルドのアールデコ指輪(1920-1930、フランス)

しかしカボションに出来る宝石はそれが透明石であればなお更、きわめて質の良い宝石が必要になります。
現在では人口処理なしのままではまず不可能です。

アンティークエピソード集のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×

Antique Jewelry シェルシュミディ[Cherche Midi]

シェルシュミディで取り扱うアンティークジュエリーは、全てオーナーが直接フランス、イギリスを主としたヨーロッパで買い付けてきたものです。

シェルシュミディ情報発信

メールマガジン
新着ジュエリー&セール情報をいち早くお届けします
オーナーブログ
シェルシュミディのオーナーブログ。買い付けの様子など
インスタグラム
新着ジュエリーをいち早く写真でご紹介
facebook
買い付けたジュエリーを現地からリアルタイムでご紹介
アンティークエピソード集
アンティークジュエリーを購入する上で知っておきたい知識
シェルシュミディ 住所:京都府京都市上京区仲之町276番地D4 電話:075-406-5462
© 2018 Cherche Midi, All Rights Reserved.