18世紀アンティークピアス(ダイヤモンド、真珠、銀製)

他を寄せ付けない、圧倒的な立体造形の美しさ フランス18世紀の、真珠とダイヤモンドのピアス。
地金は当時なのですべて銀。
裏面はヴェルメイユで、薄く金を銀の上から塗っています。
ダイヤモンドを12個、花輪のようにつなげたデザイン。
単なる細工の細かさでいえば、宝飾技術の発達する19世紀ジュエリーのほうがいわゆる「細やかなジュエリー」は見つかるのですが、このピアスには、他をよせつけない圧倒的な美しさがあります。
当時、銀の塊から、手彫りでこのごつごつした台座全体を彫りきった職人の絶対感性が、他にない立体造形の美しさを生み出しったのでしょう。
現在とは雲泥のクオリティーを持つダイヤモンドと真珠 ローズカットダイヤも深遠に艶やかに輝いています。
銀枠の中に埋もれるようにセッティングされ、かつ裏をクローズドされているのに、このように深く輝くダイヤモンドなど、現在のダイヤモンドではありえないことです。
真珠も片側の真珠の真珠層が一部剥げているとはいえ、数百年経て変色しないということは特筆すべきことです。
現在の真珠など数十年後にはそのほとんどが劣化してしまうのですから、どれほど驚異的なことか!
単なる装身具というには惜しい、250年以上のときの重みを伝えるジュエリーです。

  • 幅:16mm 
    高さ:38mm 
    重量:6.4g
  • 販売価格:売り切れました。

18世紀アンティークピアス(ダイヤモンド、真珠、銀製)

世界にひとつだけの一点もの

  • がっしりとしたシンプルな作り。3ミリと程よい厚さがあり立体的に美しいです
  • シルバーは経年によりいぶし銀のような落ち着きがあり、落ち着きのある味わい
  • 映しにくいですが、ダイヤは特に間接照明や暗がりで深遠に光ります
  • 針以外の金属部分は不動で、真珠だけが動くようにできています
  • 裏面はヴェルメイユ。一部剥げがありますが経た年月を思えば奇跡的に綺麗
  • 18世紀アンティークピアス(ダイヤモンド、真珠、銀製)
  • 18世紀アンティークピアス(ダイヤモンド、真珠、銀製)
  • 18世紀アンティークピアス(ダイヤモンド、真珠、銀製)
  • 18世紀アンティークピアス(ダイヤモンド、真珠、銀製)
  • 18世紀アンティークピアス(ダイヤモンド、真珠、銀製)
  • 18世紀アンティークピアス(ダイヤモンド、真珠、銀製)

上の写真をクリックすると18世紀アンティークピアス(ダイヤモンド、真珠、銀製)の大きな写真が切り替わります。

18世紀アンティークピアス(ダイヤモンド、真珠、銀製)

[通販価格:税込]:売り切れました。

アンティークエピソード[Antique episode]

18世紀アンティークジュエリーの特徴と魅力

アンティークジュエリーの中でも現在市場に流通するアンティークジュエリーの多くは、19世紀後期以降のものです。
18世紀のジュエリーというのは、イギリスのアンティークジュエリーでもフランスのアンティークジュエリーであってもきわめて流通量が少ないもの。
どれくらい少ないかというと、現地のアンティークショップに行っても、ほとんどのお店にも一点もないのが普通です。
実際、当ショップでも18世紀のジュエリーは片手で数えられるぐらいしか扱っていません。
出てくることは稀で、高いお金を払おうが払うまいが、滅多に見つけられないのが18世紀ジュエリーなのです。
18世紀といえば1700-1799年。
フランスの18世紀ジュエリーはその大半がフランス革命(1789-1799)に入る前に作られていますから、まさに250年以上前に作られた歴史的遺産なのです。
ブルボン王家の最盛期から、フランス革命によって王政が滅びた激動のフランス18世紀。
歴史的に見てもとても面白い時代ですし、ご存知のとおり文化的に素晴らしく洗練されて成熟した文化が生まれて、そして壊された時代です。

18世紀と言えば後期バロック、ロココ様式です。
パステル調の色合いや、曲線を多用しているところが特徴的です。

下記は18世紀の「girandole」と呼ばれるデザインのピアス。
アメジストx紫でシルバーセッティングです。

18世紀イヤリング

そして18世紀と言えばマリー・アントワネットを思い浮かべる方も多いことでしょう。
この時代のフランスではルイ16世紀の妃であるマリーアントワネットというファッションリーダの下で、多くの秀でた宝飾品が作られます。
(そしてその多くがフランス革命によってフランス国外へ流出してしまったことも有名な話です)
この時代に作られた主たるジュエリーに、ボタンやバックル、ストマッカー、髪飾り、コサージュピン、ピアス、ネックレス等があります。
ロココ様式では彩り豊かなジュエリー、そして大きめの宝石をセットすることが好まれました。
18世紀にエメラルドやサファイヤ、ルビーなど色のついた宝石がそれ以前の時代に比べて多くジュエリーのセットされるようになります。

ダイヤモンドに関しては、世界の大きな鉱山の発見は19世紀後期以降ですから、18世紀はまだまだ絶対量がとても少なく、制限の多かった時代です。
18世紀アンティークジュエリーのダイヤモンドは、ローズカットにされることが多くそのローズカットは19世紀のローズカットよりずっと平坦です。
この時代のダイヤモンドは黒い内包物が見られることが多いですが、その絶対的な迫力と力強さは何にも変えがたいです。

18世紀アンティークダイヤモンドピアス

「18世紀のジュエリー=地金は必ず銀」と思われている方が多いのですが、 18世紀の特にダイヤモンドジュエリーでは銀が用いられていることが多いですが、ゴールドのストマッカーなど例外もあります。
色石の周りもゴールドにされるのが標準的でした。

アンティークローズカットダイヤモンド十字架

またダイヤモンドのジュエリーでも、18世紀の末に向かって裏面がゴールドバックにされることが増えていきます。
そしてこのようなゴールドは、既に18Kゴールドが実用されていたのです。
しかしここで注意していただきたいのは、存在していたのはイエローゴールドのみという点です。
18世紀はホワイとゴールドもプラチナも存在しませんでした。
また指輪は裏がクローズドになっています。

宝石以外では、色とりどりのペーストガラスや無色の鉛ガラスが当時の貴族たちに好まれ、ガラスとは思えないほど美しくセットされたジュエリーが見られます。
こうしたジュエリーはガラスとは言え、非常に高額に取引されていますし気高く美しいジュエリーです。
色石部分にペーストガラスが使われた18世紀のピアス。

18世紀ペーストガラスピアス

エナメルも好まれた素材です。
18世紀末のブルーエナメルのお花がデザインされた指輪。
18世紀エナメル指輪

以上、フランス18世紀のジュエリーについてご紹介いたしましたが、この時代にイギリスはもちろん他国でもジュエリーは作られています。
特筆すべきはポルトガル及びスペインです。
下記は18世紀末ポルトガルのブルーエナメルとダイヤモンド、銀セッティングの指輪です。
18世紀指輪 スペインはこの時代にゴールドを支配していましたので、ゴールドを贅沢に使ったジュエリーが作られています。

こうした本物の18世紀のジュエリーは、数十年前ならともかく現在パリのアンティークショップを回っても見かけることがほとんどありません。
当店でもこれまで仕入れることのできた18世紀のジュエリーは大抵、懇意にしているディーラーの個人コレクションを売ってもらったものです。
今後、この時代のこうしたジュエリーはますます希少にご紹介しずらくなっていきそうです。

アンティークエピソード集 のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

1回のご注文・配送地1ヶ所につき、送料を740円(税込み/全国一律)を申し受けます。
ただし、1回のご注文金額が21,600円以上(税抜20,000円)の場合には送料を無料とさせていただきます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×