アンティークサフィレットピアス(1920年頃、チェコ)

直径7ミリの美しく大粒のサフィレットピアス 1920年頃のチェコ製。
直径7ミリほどの純然なアンティークサフィレットとしてはかなり大きめのサフィレットピアスです。
当店では以前にサフィレットのピアス3点仕入れており、中でも最も粒の大きかったこのピアスを当店の参考資料として、取り置きしておりました。
こうしたレベルのアンティークのサフィレットピアスは今後見つけるのが困難なためです。
しかしアンティークディーラーとしては、良いものを世の中に流通することが使命だと思いますので、思い切ってUPすることにりました!
淡いピンク色〜青色の美しい色の変化 サフィレットのクオリティーは千差万別です。
現在になってもいまだにサフィレットの作られ方は謎に包まれたところが多く、そのため市場にはさまざまなレベルのサフィレットが出ています。
しかし真に19世紀〜20世紀初頭にヨーロッパで作られたサフィレットを日本の市場で見ることは稀です。
サフィレットの良し悪しを区別するには、良いものを見るしかありません。
このサフィレットは、アンティークサフィレットの紛れのない美しさがあり、それはサフィレットを初めて見る人にも「良いものである」ということが理解できるはずです。
ボヘミアの大地を思わせるようなダークピンクに、光の当たり具合によって水色が浮かびあがる、素晴らしい色の変化。
他の硬質な宝石にはない「温かさ、ぬくもり」を感じさせます。
地金は銀。

  • 高さ:30mm 
    重量:3.2g
  • 販売価格:売り切れました。

アンティークサフィレットピアス(1920年頃、チェコ)

世界にひとつだけの一点もの

  • サフィレットの上部にセットされたマルカジットもアンティークな雰囲気で素敵
  • 縦3センチと縦長。アールデコ期らしいシンプルな飽きのこないデザインです
  • 光を浴びることで水色が浮かび上がってきます
  • サフィレットがダイヤのように美しくかっとされているのが裏から見ても分かります
  • 5ミリ弱のかなり厚みのあるサフィレットを贅沢に使っています
  • アンティークサフィレットピアス(1920年頃、チェコ)
  • アンティークサフィレットピアス(1920年頃、チェコ)
  • アンティークサフィレットピアス(1920年頃、チェコ)
  • アンティークサフィレットピアス(1920年頃、チェコ)
  • アンティークサフィレットピアス(1920年頃、チェコ)
  • アンティークサフィレットピアス(1920年頃、チェコ)
  • アンティークサフィレットピアス(1920年頃、チェコ)
  • アンティークサフィレットピアス(1920年頃、チェコ)

上の写真をクリックするとアンティークサフィレットピアス(1920年頃、チェコ)の大きな写真が切り替わります。

アンティークサフィレットピアス(1920年頃、チェコ)

[通販価格:税込]:売り切れました。

アンティークエピソード[Antique episode]

アンティークのガラスジュエリー「サフィレット(Saphiret)とボヘミアの変色ガラス」

ガラスは最も古い「宝石」のひとつです。
古くは紀元前3000年前のメソポタミアとコーカサスの遺跡から発見されています。
いわゆる貴石の代役としての役割も、少なくとも紀元前1500年前のエジプト文明の頃には既に確立されていました。
中世、カラーガラスは主に宗教的な目的に用いられました。
例えば聖骨箱や聖書に飾られました。
非宗教的な用途としては、例外的に子供のジュエリー、そして葬儀用のジュエリーにも使われました。

アンティークやヴィンテージのコスチュームジュエリーの素材として重宝された変色ガラス。
ボヘミア(特に現在のチェコにあたる地域)はハプスブルク文化のお膝元であり、特に20世紀初頭、良質な銀製品、ボヘミアンガーネットのジュエリー、サフィレットのような変色ガラスを生み出しました。
サフィレットはチェコのヤブロネッツ地方で、1860年〜1930年頃作られた変色ガラスです。
下記は当店で販売済みのアンティーク変色ガラスブレスレット(1920年頃、アールデコ)。

アンティークサフィレットの指輪(ひし形、ラヴェンダー、ダークピンク)

ではそのヤブロネッツ地方とはどんなところなのでしょう?

地理的には、プラハの北東、プラハから車で約1時間半ほどポーランドンドの国境から約1時間の山間に位置しています。
冬はスキーの拠点として有名ですが、16世紀半ばよりガラスの街としてヨーロッパ中に知られていました。
他にもイタリアのムラノ(Murano)などが、ガラスの生産地として有名ですが、17世紀まで繁栄を誇っていたヴェネチアに代わり、一大ガラスの生産地になります。
ボヘミアンガラスは19世紀には、117カ国に輸出されていたそうですからその規模には驚かされます。
ボヘミアでは大小さまざまな生産者がビーズ製作に関わり、人口は100年の間に15倍へと膨れ上がったそうです。

フランスアンティークやヴィンテージにも、ボヘミアンガラスが使われたものがあります。
その内の一つがサフィレット。
19世紀中頃からチェコのヤブロネッツ地方で作られた変色ガラスです。
サフィレットは砒素を混ぜて作るので危険があり、また各工房でそのレシピは門外不出で現在では製造されていない貴重なものです。

下記は当店で販売済みのサフィレットのリング。

アンティークサフィレットの指輪(ひし形、ラヴェンダー、ダークピンク)

サフィレットはラベンダーがかった淡いピンク色をしており、角度によってブルーやグリーン、茶色のシラーを放ちます。
サフィリーン(フランス語ではこう読みます)、サファリーンと呼ばれることもあります。

サフィレットの作られ方がいまだに明らかになっていないということは、ご存知の方も多いでしょう。
一説には「砒素が入っているため、こうした色の変化が生まれた」という話があります。
しかし砒素が入っているから(成分によって)、こうした微妙な色の変化ができたというわけではないようです。
当店の知り合いの方で研究熱心なディーラーさんがいらっしゃり、ヴィンテージサフィレットの成分検査を行った方がいます(作り方はわからずとも含有成分は現在の技術で検査することが可能)。
しかしその方がおっしゃるに、「特に驚くほど特別な成分は入っていなかった」そうです。

サフィレットの秘密はその成分にあるのではなく、(その成分を使った)作られ方が特別だったのでしょう。
そしてそれはかなり凝った(あるいは変わった)方法で、そのため現在でもその作られ方が謎に包まれているのだと思います。
正確な製造方法は判明していませんが、サファイア色をベースに金などの混合物で、その魅惑的な色を出しているようです。

アンティークのガラスジュエリー「ムラノガラス、パードヴェール」

アンティークのガラスジュエリー「ペーストジュエリー(鉛ガラス)、ストラス、アランソンのダイヤモンド」

アンティークのガラスジュエリー「吹きガラス(ふきガラス)」

アンティークのガラスジュエリー「ブリストルグラス」

アンティークエピソード集 のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

1回のご注文・配送地1ヶ所につき、送料を740円(税込み/全国一律)を申し受けます。
ただし、1回のご注文金額が21,600円以上(税抜20,000円)の場合には送料を無料とさせていただきます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×