アンティークダイヤモンドピアス(小ぶり、ホワイトゴールド)

小ぶりで使いやすいダイヤモンドのピアス 1910-20年頃のフランス製。
小ぶりで抜群に使いやすいダイヤモンドのピアスです。
全体は18Kホワイトゴールドで、針だけイエロー・ピンクゴールドになっています。
こうしたイエロー・ピンクゴールドとホワイトゴールドを、パーツによって使い分けているところもアンティークならだと思います。
キューレットまで見えるダイヤモンドがキラキラピアス自体は小ぶりなものの、ダイヤモンドは直径3ミリほどとピアスにしては大きめです。
透明度も色も良いダイヤモンド。
横から見るとダイヤ全体が、キューレットの部分まで見えるのに気づくことでしょう。
このデザインは、1900-30年頃のフランスで作られたダイヤの指輪にも似たようなものを見つけることができます。
こうした作りのために、光の入る部分が多くなるので、キラキラ。
キューレットまで見せることのできるのは、ダイヤモンドそのものに自信があるからです。
後ろから耳たぶに針を通して、前側で留める挟みこみ式タイプ。
バネの調節も済んでいるので、留めやすいです。
フランスの金の刻印あり。

  • 幅:9mm 
    高さ:16mm 
    重量:1g
  • 販売価格:売り切れました。

アンティークダイヤモンドピアス(小ぶり、ホワイトゴールド)

世界にひとつだけの一点もの

  • 1.5センチx1センチほどの小さなピアス。重さ1グラムでつけていて楽です
  • 全体はWGで、針の部分のみYG。写真以上にキラキラしたダイヤがキレイです
  • 小さなピアスなのに、ダイヤモンドは直径3ミリほどと意外に大きめです
  • 針部分にYGが入り、WGとYGの両方が入っているので洋服を選びません
  • 後ろから挟み込んで前で留めるタイプのピアス、軽めで付けやすいピアスです
  • アンティークダイヤモンドピアス(小ぶり、ホワイトゴールド)
  • アンティークダイヤモンドピアス(小ぶり、ホワイトゴールド)
  • アンティークダイヤモンドピアス(小ぶり、ホワイトゴールド)
  • アンティークダイヤモンドピアス(小ぶり、ホワイトゴールド)
  • アンティークダイヤモンドピアス(小ぶり、ホワイトゴールド)
  • アンティークダイヤモンドピアス(小ぶり、ホワイトゴールド)

上の写真をクリックするとアンティークダイヤモンドピアス(小ぶり、ホワイトゴールド)の大きな写真が切り替わります。

アンティークダイヤモンドピアス(小ぶり、ホワイトゴールド)

[通販価格:税込]:売り切れました。

アンティークエピソード[Antique episode]

伝説のダイヤモンド特集「アルコット」「ティファニー」「ボー・サンシー」

世界にはいくつか伝説となったダイヤモンドがあります。
そのいくつかをご紹介したいと思います。
1)まず「Arcots(アルコット)」。
元々ペアシェイプの2粒の大きなダイヤモンドでした。
その美しさから3カ国のロイヤルファミリーに所有されることになります。
インド、イギリス、アメリカ、サウジアラビアと旅することになります。
最初はインドの、アルコットという街のナワブによって所有され、この街の名前「Arcots」がこの稀有な美しさのダイヤモンドの名称となりました。
ナワブが1777年にイギリス王妃シャーロット(ジョージ3世の妻)に進呈をします。
その後、ジョージ4世が所有をし、王冠に用いられ、その後、ウィリアム四世の妻アデレードが持ちます。
その後、ウェストミンスターの侯爵に売却され、後年、パリの有名なジュエラーLaclocheによってティアラにされます。
1959年にササビーズのオークションで今度はハリーウィンストンに渡り、ここで30.99と18.85カラットに再カットされてしまい、ペアダイヤモンドでなくなってしまいます。
そして今度は指輪として別々に共にアメリカ人に売却されます。
大きいほうのArcots1は、その後ヴァンクリーフアーペルのネックレスにされて、1993年にクリスティーズのオークションで サウジアラビアの Sheik Ahmed Hassan Fitaihが落札しました。 2)全ての女性そして人類の憧れであるダイヤモンド。
多くの「有名ダイヤモンド」は現在でも意外に個人所有が多いのですが、企業や美術館が保管しているものもあります。
そうした「伝説のダイヤモンド」の一つが、ティファニー・ダイヤモンドがあります。
現在もNY5番街本店の入り口に展示されてる巨大なイエローダイヤモンドです。
このイエローダイヤモンドは、1877年に南アフリカのキンバリーで287.42カラットの原石で発見され、それからパリに渡ります。
1879年にティファニーの初代宝石鑑定士ジョージ・フレデリック・クンツ博士の立会いの下、128.54カラットの美しいクッションシェイプのブリリアントカットにパリでカットされましたカットされました。
通常のブリリアンカットは58面体であるのに対して、この「ティファニーダイヤモンド」には90面のカットが施されています。
3)「ボー・サンシー」。
ボーサンシーは、16世紀後半にダイヤモンド収集家ボー・サンシーがイスタンブールで見出したダイヤモンド。
彼の名前を取り「ボーサンシー」と呼ばれています。
後にフランスの国王アンリ4世が購しましたが、これは王妃のマリー・ド・メディシス(Marie de Medici)がこのダイヤモンドにたいそう惚れ込んだからと言われています。
マリードメディシスは後に息子のルイ13世の摂政になりますが、1610年の戴冠式にてこのボーサンシーのダイヤモンドを王冠に飾らせたことで歴史に名前が刻まれました。
35カラットもある素晴らしいダイヤモンドで、ペアシェイプのローズカットダイヤモンドです。
フランス王家の後は、イギリス、プロイセン王国などの歴代王室で所有されヨーロッパ王室400年の歴史を目の当たりにしてきた伝説のダイヤモンドです。
2012年、サザビーズがボー・サンシーの競売を公表。
2012年5月15日に競売に付され904万2500スイスフラン(約7億7000万円)で落札されたそうです。

アンティークエピソード集 のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

1回のご注文・配送地1ヶ所につき、送料を740円(税込み/全国一律)を申し受けます。
ただし、1回のご注文金額が21,600円以上(税抜20,000円)の場合には送料を無料とさせていただきます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×