ダイヤモンド ミニサイズペンダントトップ

[ペンダントは小さく、ダイヤモンドはしっかり ダイヤモンドのミニペンダントトップです。
ペンダント全体の大きさが5ミリx1センチ(最上部の引き輪を含まず)と、とても小さいサイズのペンダントです。
ペンダント自体が小ぶりなのにダイヤモンドはしっかりとした大きさがあり、遠目にも目を引きます。
そして何と言ってもダイヤモンドのクオリティーが素晴らしい。
潤いを含み水が垂れてくるのではないかと思うほど、透明感があります。
これだけ潤うような艶に満ちたダイヤモンドはアンティークのダイヤモンドでも珍しいです。
小粒な作品ながら、宝石に力があり、むしろ全体が小さいからこそそのダイヤモンドの魅力が引き立った作品です。 オールドマインカットでペアシェイプ型になった珍しいカッティングのダイヤモンド ダイヤモンドのカッティングもアンティークならではの珍しいカッティングです。
ガードルのアウトラインが四角帯びたオールドマインカット(クッションシェイプ)に似ていますが、全体がペアシェイプの形に仕上げられています。
恐らくこの滴るような艶の美しいダイヤモンドがまず手に入り、そこからデザインやカッティングを考えてこのようなペンダントが出来上がったのでしょう。
円形とは異なるがゆえ、カッティングの難易度も相当だったと思いますが、いずれの断面もシャープで綺麗です。
裏面は他の多くのアンティークダイヤモンドに見られるように、キューレットの先端を大胆に切り落としています。
また裏面から見ますと、意外に石に厚みがあることが分かります。
これだけ立派なダイヤモンドですから、もっと大きなジュエリーに仕立てると言うことも可能であったと思いますが、敢えてこのようなとても小さなペンダントになっているところが魅力です。
オリジナルの引き輪がとても小さいので、最上部の大きな引き輪のみ当店で足しています。
地金は銀製ですが、裏面の肌や衣服に触れる表面だけイエローゴールドになっています。

19世紀後期のイギリス製。
注:チェーンはついていません。

  • 幅:5mm 
    高さ:10mm 
    重量:0.5g
  • 販売価格:売り切れました。

ダイヤモンド ミニサイズペンダントトップ

  • ペンダント自体は小ぶりですがダイヤモンドは大粒で存在感があります
  • 単品でペンダントとして用いる他、重ねづけも可能です
  • 銀の台座で包み込むようなセッティング。台座のスリットも美しい装飾です
  • 素晴らしい艶照りのダイヤモンド カッティング面も綺麗です
  • 裏面。肌に触れる部分はゴールドで縁取りされています
  • ダイヤモンド ミニサイズペンダントトップ
  • ダイヤモンド ミニサイズペンダントトップ
  • ダイヤモンド ミニサイズペンダントトップ
  • ダイヤモンド ミニサイズペンダントトップ
  • ダイヤモンド ミニサイズペンダントトップ
  • ダイヤモンド ミニサイズペンダントトップ
  • ダイヤモンド ミニサイズペンダントトップ
  • ダイヤモンド ミニサイズペンダントトップ

小さな写真をクリックすると大きな写真が切り替わります。

 

ダイヤモンド ミニサイズペンダントトップ

売り切れました。
送料無料!

このジュエリーに似た商品をご希望の方は、メールマガジンのご登録をいただくと、サイト掲載前に新入荷商品としてお知らせいたします。
ご登録は、メルマガ登録からどうぞ!

アンティークエピソード

クッションシェイプ(オールドマインカット)ダイヤモンドとは

アンティークダイヤモンドには、現代のブリリアンカットとは異なるアンティークジュエリー特有のダイヤモンドのカッティングがいくつか見られます。
その中の一つがクッションシェイプカット(クッションカット)です。
なぜ「クッション」と言うかというと、まるでクッションのような形だからです。

ラウンド・ブリリアンカット(円形)のオールドヨーロピアンカットとは異なるオールドカットの一つで、ガードルのアウトラインが丸と四角が混ざったようなシェイプのカットと言います。
「クッションシェープド・ブリリアント」とか「アンティーククッションカット」「オールドマインカット」とも呼ばれます。
日本では「オールドマインカット」と呼ぶ業者さんの方が多いかもしれません。

クッションシェイプダイヤモンドピアス(イエローゴールド、1900年頃)

円形とスクエアの混ざったような形のダイヤモンドカットです。
このクッションシェイプカット(オールドマインカット)のダイヤモンドは、クラウンに厚みがあるのが特徴です。

クッションシェイプダイヤモンドのアンティークピアス(大粒、お花)

厚みがあるゆえに、光を当てた時にダイナミックなシンチレーションを楽しむことが出来ます。

またクッションシェイプダイヤモンドの真ん中は、まるで穴が開いているように見えると思いますが、これはクッションシェイプカットがキューレットの先端をカットしているからです。

ビジュードプロヴァンス アルルの指輪(オールドマインカット クッショシェイプダイヤモンド)

まるで「座布団」のような形で、長いアンティークの歴史の中でも限られた時代にしか見えない希少なカッティングです。
フランスでは特に19世紀後期から1930年代までのダイヤモンドジュエリーの一部に見ることが出来ます。
クッションシェイプのダイヤモンドには質で厚みのある石が使われたことが多く、美しいダイヤモンドジュエリーが多いです。

アンティークエピソード集のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×

Antique Jewelry シェルシュミディ[Cherche Midi]

シェルシュミディで取り扱うアンティークジュエリーは、全てオーナーが直接フランス、イギリスを主としたヨーロッパで買い付けてきたものです。

シェルシュミディ情報発信

メールマガジン
新着ジュエリー&セール情報をいち早くお届けします
オーナーブログ
シェルシュミディのオーナーブログ。買い付けの様子など
インスタグラム
新着ジュエリーをいち早く写真でご紹介
facebook
買い付けたジュエリーを現地からリアルタイムでご紹介
アンティークエピソード集
アンティークジュエリーを購入する上で知っておきたい知識
シェルシュミディ 住所:京都府京都市上京区仲之町276番地D4 電話:075-406-5462
© 2018 Cherche Midi, All Rights Reserved.