ジョージアン後期 インペリアルトパーズペンダントトップ(オーバル)

ゴールデンシェリー色の、まさにインペリアルトパーズの模範的な色です トパーズの中でもっとも希少価値があるのが「インペリアルトパーズ」と呼ばれる色のトパーズです。
前回の買い付けでとても良い出自から複数のトパーズのジュエリーを譲っていただきました。
その内の1点です。
トパーズと言いますと現代ではもう少し褐色、茶色を帯びた色を想像される方も多いようですが、確かにそうした色のトパーズも存在しますが、こうしたシェリー酒のようなトパーズが最良でインペリアルトパーズと呼ばれています。
7ミリx1.2センチという大粒のインペリアルトパーズ。
まさにゴールデンシェリー色で、滑らかな艶がある非の打ち所のない色のトパーズです。
表面はファセットを浅めに、裏面に深いカットを入れて、表面から見たときはその艶やかな石の面にファセットが映りこみ綺麗です。
もっとも厚みのあるところでは4ミリ程あり、表面積だけでなく厚みもあるところが奥行きのある美しさにつながっています。 ジョージアン王朝時代後期ならではのカンティーユ金細工 美しいイエロートパーズを鮮やかに引き立てているのは、イエローゴールドによる金細工です。
金の刺繍と呼ばれたカンティーユ細工が見事なペンダントです。
カンティーユは、小さな金の粒を一粒ごと熱をかけて留めていく技法です。
これは他の金細工であるフィリグリーや彫金と比べても、難しく(これだけ小さなゴールドの粒をロウ付けしていくのはとても繊細な作業なのです)、19世紀初頭(1800-1830年代頃まで)以外のジュエリーでは見られない金細工技法です。
トパーズの周りを一重、二重とカンティーユによる装飾が施され、段階的に高さも付けらたルーペで見ても見飽きることのない金細工の世界です。
透かしが入っていて、ゴールドを線状で用いた部分はフィリグリー細工が取り入れられていて、線と面によるゴールドの背景が素晴らしいです。
フィリグリー細工の表面には、ミルグレインが打たれていますが、これが裏面にもぎっしりと施されているのには驚きました。
身に付ける人が着脱する時以外には目にしないような場所まで完璧に仕上げた美意識には、脱帽します。
1820年頃のイギリス製。
15カラットゴールド。
注:チェーンはついていません。

  • 幅:17mm 
    高さ:24mm 
    重量:2.3g
  • 販売価格:売り切れました。

ジョージアン後期 インペリアルトパーズペンダントトップ(オーバル)

世界にひとつだけの一点もの

  • ハイカラットのゴールドに美しいインペリアルトパーズの色が映えます
  • ペンダントそのものの大きさは横が1.7センチ、縦が2.4センチ(引き輪含まず)
  • トパーズはゴールドで全周を包み込まれ、縁のギザギザが良い装飾です
  • 部分的に少し赤みを帯びた色が差込む様はシェリー酒を傾けているようです
  • 裏面までミルグレインが施されています。トパーズの厚みも分かります
  • ジョージアン後期 インペリアルトパーズペンダントトップ(オーバル)
  • ジョージアン後期 インペリアルトパーズペンダントトップ(オーバル)
  • ジョージアン後期 インペリアルトパーズペンダントトップ(オーバル)
  • ジョージアン後期 インペリアルトパーズペンダントトップ(オーバル)
  • ジョージアン後期 インペリアルトパーズペンダントトップ(オーバル)
  • ジョージアン後期 インペリアルトパーズペンダントトップ(オーバル)
  • ジョージアン後期 インペリアルトパーズペンダントトップ(オーバル)

上の写真をクリックするとジョージアン後期 インペリアルトパーズペンダントトップ(オーバル)の大きな写真が切り替わります。

ジョージアン後期 インペリアルトパーズペンダントトップ(オーバル)

[通販価格:税込]:売り切れました。

アンティークエピソード[Antique episode]

トパーズのアンティークジュエリー(ピンクトパーズ、インペリアルトパーズ)

トパーズは古代の人々にも崇められ、西洋では古くから「美と健康の宝石」と信じられてきました。
しかし「トパーズ」と言う言葉は古くは黄色系の宝石全般を指すことが多く、今日の本来のトパーズのみが「トパーズ」と呼ばれるようになったのは18世紀中ごろになってからです。
(例えば16世紀には、イエローサファイヤがトパーズと呼ばれることもありました。)

トパーズの語源はサンスクリット語の「tapas 火」に由来し、太陽の加護を受けた、気高さを象徴する宝石として、また闇夜への恐怖を吹き飛ばし、悪を退ける力を持つとされ、古くから身を守る護符として用いられてきました。
トパーズを見につけると、周囲に惑わされる事なく、常に冷静に毅然としていられる力が身に着くと信じられてきました。
産出地である紅海の島の周辺が霧深く、島を探すのが困難だったからとされています。

トパーズ(topaz) は硬度8の硬い鉱物系宝石です。
日本名を「黄玉(おうぎょく)」というように、黄色の宝石を代表していますが、フッ素やアルミニウムを含み、様々な色のトパーズが存在します。
自然界で一番多く存在するのは黄色ではなく無色に近いトパーズ、色がほとんどない水色のトパーズです。
続いて黄色、茶色系のトパーズ。
その他、青色、緑色、ピンク等の豊富なカラーバラエティを持ちます。
もっとも希少性が高いのが、イエロートパーズ、ピンクトパーズ、レッドトパーズです。

とりわけコレクターの関心を引くのは「インペリアルトパーズ」と呼ばれる色のトパーズです。
インペリアルトパーズの色を何と表現するかは難しいですが、西欧では「ゴールデンシェリーの色、あるいはマルメロゼリー(花梨ゼリー)の色に黄色もしくはピンク色が透けたような色」と表現されます。
言葉では表現が難しいですが、下記はインペリアルトパーズの一つの典型的な色です。
こうした無加工のナチュラルなインペリアルトパーズは非常に価値があります。


インペリアルトパーズのペンダントトップ

ヨーロッパでトパーズが人気を博したのは18世紀にブラジルの鉱山が見つかってからで、1800年頃からイエロートパーズおよびピンクトパーズが、大流行します。
トパーズは17世紀の末からオープンセッティングにされたものもありますが、多くのアンティークトパーズはクローズドセッティングにされています。
これは、裏面に箔(フォイルバック)を入れて色を調整するのが目的であったことが多く、それは特に複数のトパーズを1つのジュエリーで色あわせする際に有効でした。

ピンクトパーズは自然無加工でも存在しえますが、その多くは無色に近いピンクで、自然のままで綺麗なピンク色のトパーズは非常に少ないです。
そのため色の薄いピンクトパーズはクローズドセッティングで裏面に赤い箔を入れることで色が濃く見えるようにセットされることが多くありました。

下記は当店で扱いのナチュラルピンクトパーズのペンダント。

1820年頃のイギリス製。
イエロートパーズ、ピンクトパーズがジュエリー界を席捲していました。

3カラーゴールドピンクトパーズペンダントトップ

アンティークエピソード集 のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

1回のご注文・配送地1ヶ所につき、送料を740円(税込み/全国一律)を申し受けます。
ただし、1回のご注文金額が21,600円以上(税抜20,000円)の場合には送料を無料とさせていただきます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×