アンティーク真珠ネックレス(養殖真珠 1880-1900 オリジナル留め具)

古い時代の刻印が押された真珠のネックレス このネックレスは資料としてとても興味深い事例です。
その理由は留め具に押されている刻印で、旧式のゾウリムシの刻印がされています。
この刻印は1893年までに用いられていた刻印で、つまりこのネックレスは1900年以前に作られたと推定されます。
日本では「1920年以前のアンティーク真珠=すべて天然真珠」というのがまことしやかに言われていますが、事実としてこれは異なります。
私の感覚では1900年以降の特にこのようにある程度の粒の大きさのある特にネックレスにおいては、初期の頃の良質な養殖真珠が用いられているケースが非常に多いです。
更にこのネックレスはその少し前、つまり1900年以前に既に上質な超初期の養殖真珠が用いられていたと言うことを証明しています。
ヨーロッパのプロフェッショナルの中では、どうも1880年頃から部分的にヨーロッパにおいて真珠の養殖がはじまっていたのではないかと言われています。
おそらく日本のどこのお店でもこのネックレスは通常、天然真珠として売られると思います。
一つには古い時代の刻印が判別できること、そして何より真珠がまさに内側からイリッデンスが湧き出る素晴らしい粒揃いの真珠だからです。
色もほぼオフホワイト、オールノットでつながれた素晴らしい正真正銘のアンティーク真珠ネックレス。
昨今、1940年頃までの初期の養殖真珠は欧米で非常に評価(価格)があがってきています。
まして1900年ほどまで遡るこのレベルの真珠は、当時の粒が小さく不揃いな天然真珠よりむしろ評価としては高いほどです。

金細工の美しい旧式の留め具 アンティークパールネックレスの醍醐味の一つは、そのオリジナルの留め具です。
一般的に時代を遡れば遡るほど、小さく華奢な留め具になります。
その例に漏れず、小ぶりでアンティークらしさが良く出た留め具です。
楕円形の留め具はわずか5ミリx1.2センチ程。
その狭く薄い面積の中に、ぎっしりと彫金が施されていて、ぱっと見たときは小粒なダイヤモンド画埋め込まれているように見えます。
留め具部分は18金ゴールド。
小さなローズゴールドの爪を押すと(爪の部分だけゴールドの色が変えられているのも古い時代の留め具であることが分かります)、今でも良い状態で開閉ができます。
こうした細部の作りの良さこそまさにアンティークジュエリーの本質で、そのスムーズな動きにうっとりします。
長さは47センチとゆったりめ。
オリジナルのゴールドのセキュリティーチェーンもついた完品です。
セキュリティーチェーンの凸状のツマミ部分からも(6番目のお写真をご覧ください)、この部分も古い時代のものであることが分かります。
1880-1900年頃のフランス製。

  • 幅:470mm 
    重量:13g
  • 販売価格:売り切れました。

アンティーク真珠ネックレス(養殖真珠 1880-1900 オリジナル留め具)

世界にひとつだけの一点もの

  • グラデーションになった美しい粒、下部に向かってストンと落ちます
  • アンティーク真珠のネックレスとしては比較的長めなのが嬉しいところです
  • 最大の粒で直径7.5ミリ、最小の粒で直径3ミリ弱です
  • ほぼオフホワイトの美しい珠がオールノットでつながれています
  • 赤部分に刻印、留め具の縁にはミルが打たれてます
  • アンティーク真珠ネックレス(養殖真珠 1880-1900 オリジナル留め具)
  • アンティーク真珠ネックレス(養殖真珠 1880-1900 オリジナル留め具)
  • アンティーク真珠ネックレス(養殖真珠 1880-1900 オリジナル留め具)
  • アンティーク真珠ネックレス(養殖真珠 1880-1900 オリジナル留め具)
  • アンティーク真珠ネックレス(養殖真珠 1880-1900 オリジナル留め具)
  • アンティーク真珠ネックレス(養殖真珠 1880-1900 オリジナル留め具)
  • アンティーク真珠ネックレス(養殖真珠 1880-1900 オリジナル留め具)
  • アンティーク真珠ネックレス(養殖真珠 1880-1900 オリジナル留め具)
  • アンティーク真珠ネックレス(養殖真珠 1880-1900 オリジナル留め具)
  • アンティーク真珠ネックレス(養殖真珠 1880-1900 オリジナル留め具)

上の写真をクリックするとアンティーク真珠ネックレス(養殖真珠 1880-1900 オリジナル留め具)の大きな写真が切り替わります。

アンティーク真珠ネックレス(養殖真珠 1880-1900 オリジナル留め具)

[通販価格:税込]:売り切れました。

アンティークエピソード[Antique episode]

アンティークジュエリーにおける天然真珠の歴史

現代では宝石の王様はダイヤモンドのようになってしますが、それは長い宝飾史のなかでは比較的近代のことで(ダイヤモンドが流行し始めるのは15世紀のフランスからで、現代のような地位を確立するのはそのずっと後です)、それ以前の宝石の王様はずっと真珠でした。
2012年6月、フランスの研究者たちが人類最初の真珠が発見しました。
発見されたのは現在のアラブ首長国連邦のウム・アル・クウェイン(Umm Al Quwain)。
ディスカバリーニュースの発表では、紀元前5547年から5235年のものと思われるとのことです。
  面白いのはこの人類最古の真珠が海からではなくお墓から発見されたということ。
死者を埋葬するときにその顔、特に上唇の上に置かれることが多かったそうです。
この発見の前までは、世界最古の真珠は日本にあったというのが世界の研究者たちの共通認識であったため、この発見はそれを覆す大きな発見なのです。
ちなみに今回発見された真珠は約2ミリ、無傷の状態でした。
と考えられてきたことが伺えます。

古い時代のジュエリーを読み解くのには古い時代の文献の他、絵画が大きなヒントを与えてくれることが多いです。
ご存知の方も多いと思いますが、真珠について知られる歴史的な逸話に「クレオパトラの真珠」があります。
エジプトのクレオパトラは、ローマから来た将軍アントニウスと饗宴の豪華さを競った宴会を開きます。
当日クレオパトラが出した食事は確かに豪華なものではありましたが、これまでアントニウスが毎夜行ってきた宴会と特にかわったものでありませんでした。
アントニウスは、この賭けは自分の勝ちだと確信します。
しかしそのとき、クレオパトラは自らの耳から大きな真珠のイアリングの片方をはずし、最上の葡萄からできたビネガーに入れて(そのビネガーは強く激しく、真珠をたちまち溶かすことができる液でした)、それを飲み干し、賭けに勝つのです。
その真珠の価値は当時、百万オンス(1オンス=28.35グラム)にも相当するものでした。
言葉に詰まったアントニオの前で、クレオパトラはさらにもう片方の真珠のイヤリングをはずし、別の器に入れようとした。
しかしこの賭けの審判を引受けた将軍ルキウス・ブランクスは、女王の手を押しとどめ、この勝負はアントニウスの負けだと宣言します。
日本も真珠とのかかわりが強い国のひとつです。
あまり知られていませんが、奈良の正倉院には今から1200年以上前の奈良時代の真珠が4000個以上保存されています。
その大半は聖武天皇の冠に使用されていたもの。
「御冠残欠」として残されています。
また。正倉院(しょうそういん)にはその他にも真珠でかざった刀や、念珠などがおさめられています。
人の命を「玉の緒」と言い、「魂」「霊」を「たま」と発音していることからも、日本において真珠も不思議な霊力を持った玉なのです。

アメリカ大陸も天然真珠との結びつきが深く、アメリカの先住民は古くから真珠を装飾品としてきました。
1492年のコロンブスによるアメリカ大陸発見以降、カリフォルニア半島先端のラパスを中心として、大規模な天然真珠の採取がはじまります。
ここでとれたものは、ヨーロッパに運ばれヨーロッパの王族貴族のジュエリーになりました。
しかしあまりに採取しすぎたため、アメリか大陸での天然真珠は一時枯渇してしまいます。
しかし2度目の採取ブームがおきます。
1857年にニュージャージーで取れた天然の淡水真珠がティファニー社に高額で買い取られると、一攫千金を狙って多くの人が押し寄せ、これが「パールラッシュ」と呼ばれています。
天然真珠の歴史の中で有名なものに、ペルシャ湾で採れる真珠があります。
現在のイランとアラビア半島にはさまれたペルシャ湾は、約4000年前、四大文明のひとつメソポタミア文明が栄えていました。

このあたりは遠浅の海で、チグリスユーフラテス川からの栄養物が堆積されて、良質なアコヤガイが生息することで昔から有名です。
この地域で取れた天然真珠を特に「オリエントパール」と呼ばれることがあり、古くからヨーロッパの王侯貴族が高く評価してきました。

現代では想像しにくいですが、真珠の特にネックレスは男性にも重用されました。
その証拠に多くの時の王や王子は、必ずその肖像画の中で身につけています。
かつての皇族関係者の正式な肖像画で、真珠のネックレスや帽子や衣類にまったく真珠を身に付けていないものは探すのが困難なほどです。
これはヨーロッパだけではありません。
インドのマハラジャはその権力の証のために、多くのジュエリーを身に着けたことで知られていますが、19世紀マハラジャが特に愛したのがやはり真珠でした。
肖像画を見るとよく分かりますが19世紀中ごろまでの真珠は必ずオフホワイトかクリーム色です。
絵画で描かれたもっとも有名な「真珠」と言えば、1665年頃に描かれたヨハネス・フェルメールによって描かれた「真珠の耳飾りの少女(The girl with the pearl earring, by Vermeer. 1665)」でしょう。
この絵にはミステリアスなところが多く、例えば注文を受けて描かれたのか、誰から注文を受けたのか、この少女が誰なのかということも不明です。
そのため、これまでこの絵画のことを題材にした小説や映画もいくつか作られていますね。
「青いターバンの少女」と呼ばれることもあり、少女のしているターバンの青色もとても印象的ですが、この絵がこれだけ人の心をひきつけているのは、やはりこの耳元の真珠によるところも大きいでしょう。
真珠はそれだけ当時も特別なもので、この絵画においてこれは真珠でなくてはこれだけの魅力は出なかったことでしょう。
真珠について想いを馳せることの出来る芸術品の一つですね。

アンティークエピソード集 のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

1回のご注文・配送地1ヶ所につき、送料を740円(税込み/全国一律)を申し受けます。
ただし、1回のご注文金額が21,600円以上(税抜20,000円)の場合には送料を無料とさせていただきます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×