イギリス ジョージ王朝レースブローチ、ペンダントトップ(ローズクォーツ、15金ゴールド)

通常のブローチよりずっと小ぶりなレースブローチ このレースブローチをロンドンで見つけたとき、ディーラーさんと話題になったのがジェーン・オースティンの長編小説「高慢と偏見(プライドと偏見、Pride and Prejudice)」。
近年ではイギリスの人気女優キーラ・ナイトレイ主演で映画化されましたので、ご存知の方も多いことでしょう。
まさにこの小説に出てくるレースをまとった女性たち。
そのレースの胸元を飾ったのがこのような通常のブローチより一回り小さなレースブローチです。
美しいピンク石はローズクォーツ。
ピンク色の宝石はアンティークジュエリーでもっとも判別の難しい宝石のひとつなのです(詳しくはエピソードをご覧ください)。
このブローチでもクォーツの裏に金箔を入れて色を強くしています。 16粒の天然真珠はハーフパール(半円真珠) ローズクォーツを16粒の天然真珠が囲い、ピンクと白の明るい色彩が目を引きます。
真珠はよく見ますとクリームを帯びた玉と、グレイ帯びた玉があり、それぞれ素晴らしい艶を放っています。
クローズドセッティングで分かりずらいのですが、ハーフパールになっています。
元々ブローチですが、パーツを付け加えてペンダントとしても使えるようにしました。
現状ブローチとペンダント、両方の用途で使えるようになっています。
ペンダントとしてしか使わないようでしたら、ブローチのパーツを完全に削リとることも可能です。
1820-1830年頃(ジョージアン後期)のイギリス製。
注:チェーンはついていません。

  • 幅:20mm 
    高さ:17mm 
    重量:3.7g
  • 販売価格:売り切れました。

イギリス ジョージ王朝レースブローチ、ペンダントトップ(ローズクォーツ、15金ゴールド)

世界にひとつだけの一点もの

  • ピンク色の宝石には他のジュエリーにない華やかさがあります
  • 真珠を1石ずつ留めるゴールドの爪は正面から見ると愛らしい装飾になります 
  • 大きさは1.7センチx2センチ、小ぶりな楕円形です
  • 天然真珠はいずれも直径3.5ミリ程、下部が台座ですっぽり覆われてます
  • ペンダント通しを追加でつけています
  • イギリス ジョージ王朝レースブローチ、ペンダントトップ(ローズクォーツ、15金ゴールド)
  • イギリス ジョージ王朝レースブローチ、ペンダントトップ(ローズクォーツ、15金ゴールド)
  • イギリス ジョージ王朝レースブローチ、ペンダントトップ(ローズクォーツ、15金ゴールド)
  • イギリス ジョージ王朝レースブローチ、ペンダントトップ(ローズクォーツ、15金ゴールド)
  • イギリス ジョージ王朝レースブローチ、ペンダントトップ(ローズクォーツ、15金ゴールド)
  • イギリス ジョージ王朝レースブローチ、ペンダントトップ(ローズクォーツ、15金ゴールド)
  • イギリス ジョージ王朝レースブローチ、ペンダントトップ(ローズクォーツ、15金ゴールド)
  • イギリス ジョージ王朝レースブローチ、ペンダントトップ(ローズクォーツ、15金ゴールド)
  • イギリス ジョージ王朝レースブローチ、ペンダントトップ(ローズクォーツ、15金ゴールド)

上の写真をクリックするとイギリス ジョージ王朝レースブローチ、ペンダントトップ(ローズクォーツ、15金ゴールド)の大きな写真が切り替わります。

イギリス ジョージ王朝レースブローチ、ペンダントトップ(ローズクォーツ、15金ゴールド)

[通販価格:税込]:売り切れました。

アンティークエピソード[Antique episode]

アンティークジュエリーで使われるピンク色の宝石(トパーズ、ローズクォーツ)

当店のお客様でもピンク色の宝石をお探しになられている方は多いです。
アンティークジュエリーで使われたピンク色の宝石と言うと、ピンクトパーズ、ローズクォーツ(紅水晶、薄いピンク色に色づいた水晶のこと)、そしてピンク色のガラスペーストであることが多いです。

ピンク色の宝石は「鑑別泣かせ」の一面を持ちます。
なぜならアンティークジュエリーのピンク系の宝石のジュエリーは特に19世紀までのものは、ほぼ例外なくクローズドセッティングになっているからです。
そして多くの場合その裏面に、高カラットのイエローゴールドが映りこむセッティングになっています。
場合によっては後ろの台座と宝石の間に金箔(フォイルバック)を挟み、よりビビットなピンク色に見せていることも多いため、その石本来の色が分かりにくいのです。
なぜこのようなことをしたかと言いますと、天然のままで「濃い色のピンク色」の宝石が少ないためです。

ピンク色の宝石のブームはフランスのアンティークジュエリーでは2回流行が来ます。
まずロココの時代。
18世紀から王政復古の時代にかけてピンクトパーズやローズクォーツ(水晶)、あるいは時にはピンクガラスペーストで美しいピンク色のジュエリーが作られました。
下記は18世紀のピンクガラスペーストのイヤリングです。

18世紀ピンクガラスイヤリング

下記は当店にて販売済みの王政復古の時代のピンクトパーズの襟飾りです。

ネピンクトパーズ胸飾り

下記も同時代のピンクトパーズを使ったジュエリー(当店にて販売済み)。
裏面に明るいイエローゴールドの色が映りこみ、本来の石より明るいピンクの色が出ています。

アンティークピンクトパーズブローチ

そして二度目の流行はアールヌーボーが流行した19世紀末です。
この時代にはクォーツの中でこのような淡いやさしいピンクカラーのクォーツ(ローズクォーツ)が比較的よく用いられました。
天然のローズクォーツは当時であっても産出量が少なく、貴重なものでした。
下記はこの時代に製作されたローズクォーツのネックレスです(当店にて販売済み)。

アンティークネグリジェネックレス



天然のローズクォーツの中で内部に微細な金紅石(ルチル)の針状結晶をインクルージョンとして持つものを「ルチル(クォーツ)」を用いたものを見つけることがあります。
アンティークジュエリーにおいて非常に希少で、高価に取引されます。
ルチルクォーツはピンクのほか、黄色や黒など様々な色の水晶で存在しますが、アンティークジュエリーで特に高く評価されたのがピンク色のルチルになります。

以前にパリで一度、ピンクルチルクォーツの素晴らしいアンティーク指輪を見たことがありましたが、高価すぎて手が出せませんでした。
写真を撮っておらずご紹介できず恐縮ですが、下記は2001年製作のカルティエのルチルクォーツのリングです。
アンティークではありませんが、ルチルクォーツのイメージを掴んでいただけると思います。

ルチルクォーツ

その他、アンティークジュエリーで出会うピンク色の宝石はピンクサファイヤ、ピンクトルマリンあたりが考えられます。
下記は当店にて販売済みのピンクサファイヤのネックレス。

アンティークピンクサファイヤネックレス

ピンクサファイアは、ピンク色をしたコランダムのことです。
コランダムで赤色のものをルビーと呼んでいますので、ルビーにとても近い宝石です。
ピンクサファイアの発色原理はルビーと同じです。
コランダムは本来は無色の鉱物ですが、結晶を構成しているアルミニウム原子の一部がクロム原子と入れ替わっていることによって赤みを帯びてきます。
一般的なルビーの場合、アルミニウム原子が数百個に一個の割合でクロム原子と入れ替わっています。
これに対し、ピンクサファイアは約千個に一個の割合で入れ替わっています。
つまりとても珍しい宝石なのです。
現在流通しているピンクサファイアは人工的に色の調整を行っているものがほとんどですので注意が必要ですが、昔のピンクサファイアはもちろんそうした人口処理がなされていません。

下記のピンク石はトルマリン。
1920年頃、カルティエ製作のピンクトルマリンとダイヤモンドのペンダント時計です。
トルマリンはそれほど高価なイメージが現代ではないかもしれませんが、無処理のピンク色のトルマリンは希少でアンティークジュエリーでも時々見ることがありますがかなり高価です。

ピンクトルマリン時計

アンティークエピソード集 のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

1回のご注文・配送地1ヶ所につき、送料を740円(税込み/全国一律)を申し受けます。
ただし、1回のご注文金額が21,600円以上(税抜20,000円)の場合には送料を無料とさせていただきます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×