アンティークダイヤモンドペンダントヘッド(プチペンダント、金細工)

小ささと細かさが愛らしいプチペンダント 1900年前後のフランス製。
9ミリx1.1センチ(通し輪を含まない長さ)ととても小さなペンダントですが、その小さな面積の中にぎっしりとした細工が施されています。
上部に直径1ミリほどのちっちゃなダイヤモンドが7つ、中心に3ミリ近くの大き目のダイヤモンドがひとつ、その下にさらに3つのダイヤモンドがセットされています。
線状に施されたミニチュアのような細かさの細工 モチーフ全面に細かな細工が、ぎっしりと施されています。
中心のダイヤモンドから放射線状に拡がる金線の上に施されたミル打ちは究極の細かさで、肉眼では見切れないほどです。
この線のように細いゴールドは糸鋸でゴールドを梳いたはずですが、この細さがまた素晴らしいです。
線と線の間にできた隙間のおかげで、小さいペンダントに空間の奥行きが出ています。
さらに中心のダイヤモンドを留める円筒の表面や、上部の外縁にも恐ろしく細かいミルグレインが打たれています。
上部のダイヤモンドが埋めこまれた部分は、お花のように扇状に広がり、またその外郭のラインが花びらのように丸みを帯びているのが素晴らしいです。
地金は18Kゴールド。
これほど小さくて細かいペンダントは、アンティークジュエリーでも非常に珍しいです。
ぜひお見逃しなく!
注:チェーンはついていません。

  • 幅:9mm 
    高さ:11mm 
    重量:0.7g
  • 販売価格:売り切れました。

アンティークダイヤモンドペンダントヘッド(プチペンダント、金細工)

世界にひとつだけの一点もの

  • 拡大してこの細かさ。全体の貝のようなシルエットも丸みがあり優美です
  • 小ささが華奢な首元を演出。細工が秀逸なので小さくても存在感&高級感あり
  • ローズカットしたダイヤモンドのセッティングも小さいだけに高度な技術を要します
  • 中心のダイヤモンドからゴールドを放射線状に伸ばしている凝った作り
  • 肉眼では見切れないミルですが、遠めに見たときもその雰囲気は伝わります
  • アンティークダイヤモンドペンダントヘッド(プチペンダント、金細工)
  • アンティークダイヤモンドペンダントヘッド(プチペンダント、金細工)
  • アンティークダイヤモンドペンダントヘッド(プチペンダント、金細工)
  • アンティークダイヤモンドペンダントヘッド(プチペンダント、金細工)
  • アンティークダイヤモンドペンダントヘッド(プチペンダント、金細工)

上の写真をクリックするとアンティークダイヤモンドペンダントヘッド(プチペンダント、金細工)の大きな写真が切り替わります。

アンティークダイヤモンドペンダントヘッド(プチペンダント、金細工)

[通販価格:税込]:売り切れました。

アンティークエピソード[Antique episode]

宝石としてのダイヤモンドの特徴

現在では世界中で使われる「ダイヤモンド」という言葉。
その語源は、ギリシャ語に遡ります。
天然の物質の中でもっとも硬いダイヤモンド。
ギリシャ人はダイヤモンドのあまりの硬さに、それを「征服されざるもの」「服従されることができない」という意味の「「アマダス(adamas)」というギリシャ語でこの石を呼びました。
それがラテン語で「アダマント(adamant)」、Aが外れてダイヤモンド(diamond)になったと言われています。

今回はダイヤモンドの宝石としての特徴について、いくつか書いてみたいと思います。
1)ダイヤモンドは熱に弱いのか?(熱への耐性について)
ダイヤモンドの特性として硬質だけれど、熱伝導は高い(つまり熱が伝わりやいといこと)と聞いたことがある方もいるでしょう。
原子の熱振動が伝わりやすい宝石なのです。
触ると冷たく感じるのはこのためです。
では夏場など気をつけなくてはいけないかというと、別にそんなレベルで弱いわけではありません。
熱に弱いといっても、800度くらいで燃えてしまうだけです。
日常生活の中で、例えば真夏の直射日光に当たったからといって問題はありません!

2)地球上もっとも硬い物体であるダイヤモンドは、絶対に割れることがないのか?
ダイヤモンドはモーリス硬度10。
世界で最も硬い宝石であり、地上で最も硬い物質です。
「じゃ、絶対壊れないに違いない!」と思いますよね。
いえ、壊れることはあります。
例えば普通はまずやらないと思いますが、ダイヤモンドと鉄を思い切りぶつけると、ダイヤモンドのほうが壊れる可能性は高いそうです。
衝撃や曲げる力に強いかどうかのことを「脆性」というのですが、この点においてダイヤモンドは鉄より弱いのです。
鉄とダイヤをゆっくりすり合わせて削るようにすると、ダイヤで鉄を削ることができますが、がちゃんとぶつけるとダイヤのほうが割れることが多いです。
硬い→絶対衝撃に強いということではないのです。
もっともダイヤモンドが非常に硬度の高い石であることは間違いなく、通常の使用ではまったく問題にないですが、バッグやポーチに直接ダイヤモンドのジュエリーを放り込むというようなことはお避けください。

3)ダイヤモンドの蛍光性
ダイヤモンドの中には蛍光性のある石もあります。
ダイヤが紫外線を浴びてどういう反応を示すかということで、ダイヤモンドの中には青い蛍光性を示すものがあるのです。
特に蛍光性のあるなしが価格と連動しているわけではありませんが、このダイヤモンドの蛍光性、地域によって受け止め方は様ざまです。

アンティークエピソード集 のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

1回のご注文・配送地1ヶ所につき、送料を740円(税込み/全国一律)を申し受けます。
ただし、1回のご注文金額が21,600円以上(税抜20,000円)の場合には送料を無料とさせていただきます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×