アールヌーヴォー バタフライのネックレス(蝶、ダイヤモンド、銀、18金ゴールド)

豪華なダイヤモンドの蝶々(バタフライ) 1890-1900年頃のフランス製。
典型的なアールヌーボー様式のジュエリーで、モチーフは当時さまざまなジュエリーや工芸品のモチーフとなった蝶。
様式化された蝶(バタフライ)は、現実そのままの描写を避け、想像力と創造性を重視したアールヌーボー期らしい姿。
羽を広げて今にも飛んで行きそうです。
モノトーンで生き生きと描かれた蝶 細工にも19世紀末らしい、高い宝飾技術が伺えます。
「ダイヤモンドと銀」と言う色彩だけで、これほど瑞々しい蝶(チョウ)が描がかれているのは驚きです。
ダイヤモンドもふんだんに使われています。
頭部には3ミリx4ミリ、尾っぽには直径5ミリのダイヤモンドがセッティングされています。
ローズカットダイヤモンドと思えないほど光り輝く、透明度が高い石です。
尾のダイヤモンドも、豪華な指輪の中央に添えられるべき大きさ&クオリティーです。
その他も上下の触感、左右3つずつの羽、足の下など、合計18個の透明度の高いローズカットダイヤモンドが使われており、見応えがあります。
地金は銀で、チェーン部分は18Kゴールド。
チェーン、ペンダント含めてすべてオリジナルで一緒に作られた貴重なジュエリーです。

▼続きを読む
  • 幅:42mm 
    高さ:38mm 
    重量:12.5g
  • 販売価格:売り切れました。

アールヌーヴォー バタフライのネックレス(蝶、ダイヤモンド、銀、18金ゴールド)

  • アールヌーボーのジュエリーは、一つの芸術品を見ているように飽きがきません
  • 独創的なデザインですが意外に着けやすく、バランスもとりやすいです
  • 蝶の様々なパーツに埋め込まれたダイヤ。その技術とアイデアに感服します
  • 様式化された蝶の骨組み。地金のラインにアールヌーヴォーらしさがでています
  • この部分からイエローゴールド、よく見ますと下部のダイヤモンドの裏もYGです
  • アールヌーヴォー バタフライのネックレス(蝶、ダイヤモンド、銀、18金ゴールド)
  • アールヌーヴォー バタフライのネックレス(蝶、ダイヤモンド、銀、18金ゴールド)
  • アールヌーヴォー バタフライのネックレス(蝶、ダイヤモンド、銀、18金ゴールド)
  • アールヌーヴォー バタフライのネックレス(蝶、ダイヤモンド、銀、18金ゴールド)
  • アールヌーヴォー バタフライのネックレス(蝶、ダイヤモンド、銀、18金ゴールド)
  • アールヌーヴォー バタフライのネックレス(蝶、ダイヤモンド、銀、18金ゴールド)
  • アールヌーヴォー バタフライのネックレス(蝶、ダイヤモンド、銀、18金ゴールド)
  • アールヌーヴォー バタフライのネックレス(蝶、ダイヤモンド、銀、18金ゴールド)
  • アールヌーヴォー バタフライのネックレス(蝶、ダイヤモンド、銀、18金ゴールド)
  • アールヌーヴォー バタフライのネックレス(蝶、ダイヤモンド、銀、18金ゴールド)

小さな写真をクリックすると大きな写真が切り替わります。

 

アールヌーヴォー バタフライのネックレス(蝶、ダイヤモンド、銀、18金ゴールド)

売り切れました。
送料無料!

このジュエリーに似た商品をご希望の方は、メールマガジンのご登録をいただくと、サイト掲載前に新入荷商品としてお知らせいたします。是非ご登録ください。 ご登録は、メルマガ登録からどうぞ!

アンティークエピソード

バタフライ(蝶)をモチーフにしたアンティークジュエリー

蝶(バタフライ)の美しい姿は、古くから様々な美術品に描かれてきました。
特に19世紀後半のイギリスやフランスでは昆虫をジュエリーのモチーフにすることが流行し、その中で蝶はジュエリーのモチーフとしてもっとも多く登場します。
そしてバタフライの秀逸なジュエリーと言えば、やはりアールヌーボーのジュエリーです。
アールヌーヴォー様式で素晴らしい蝶のジュエリーが生み出されました。

多くの場合それは宝石で描かれましたが、中にはプリカジュールエナメルを効果的に使い、蝶(バタフライ)を表現した作品も作られます。

下記は、ジョルジュ・フーケ作の1901年製作のバタフライのブローチ。
あまりに美しい宝石のパレットです。
バタフライ蝶

下記は19世紀末、ルシアン・ゴートレ作のこちらはプリカジュールエナメルを大胆に用いたバタフライのブローチです。
バタフライ蝶

躍動的で色々な色を持つバタフライは、アールヌーボーのジュエラーが得意としていた宝飾技法を余すことなく発揮できる、格好の題材だったのでしょう。
バタフライ(蝶)をモチーフにしたアンティークジュエリーには、ダイヤモンドなど一色の宝石で統一されたジュエリーもありますが、他のアンティークジュエリーではあまり見られない、カラフルな色のパレットを楽しめるジュエリーもあります。
曲線を得意としたアールヌーボー様式の下「様式化された大胆なライン」が美しい蝶も見られます。
個性豊かなジュエリーを生み出した、アンティークジュエリーを語る上では欠かせないモチーフが蝶(バタフライ)なのです。

アンティークエピソード集のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×

Antique Jewelry シェルシュミディ[Cherche Midi]

シェルシュミディで取り扱うアンティークジュエリーは、全てオーナーが直接フランス、イギリスを主としたヨーロッパで買い付けてきたものです。

シェルシュミディ情報発信

メールマガジン
新着ジュエリー&セール情報をいち早くお届けします
オーナーブログ
シェルシュミディのオーナーブログ。買い付けの様子など
インスタグラム
新着ジュエリーをいち早く写真でご紹介
facebook
買い付けたジュエリーを現地からリアルタイムでご紹介
アンティークエピソード集
アンティークジュエリーを購入する上で知っておきたい知識
シェルシュミディ 住所:京都府京都市上京区仲之町276番地D4 電話:075-406-5462
© 2018 Cherche Midi, All Rights Reserved.