ヴィンテージ・ディオールネックレス(クリスチャンディオール、1970年代)

シックでエレガント、ディーオールネックレス 1970年代のクリスチャンディオールのヴィンテージネックレス。
マットなゴールドメタルが、ヴィンテージらしい落ち着いた味わいです。
3本の捻った金属を束ねて、それを輪っ子でつなげています。
留め具のところが「CD(Christian Dior)」となっています。 ビジネスユースにも向くきっちり感 素材は金属の上にゴールドを施した、ゴールドプレート。
この頃の一流ブランドのアクセサリーは、ゴールドがしっかり塗られています。
ファッショナブルでありながら、しっかりとした素材感で、ビジネスシーンにも映えます。
見栄えがして、スーツなどに着用してもきっちり感がでるところが、さすがクリスチャン・ディオールです。
お揃いのブレスレットもぜひ一緒にご検討ください。
幅は3本のラインの合計が8mmで、根元の金具部分の太いところが12mmになります。                               

  • 幅:440mm 
    重量:56g
  • 販売価格:売り切れました。

ヴィンテージ・ディオールネックレス(クリスチャンディオール、1970年代)

世界にひとつだけの一点もの

  • 5センチ毎に留め具が入っていることで、首周りの曲線にきれいにフィットします
  • 44センチとスタンダードな長さ。きっちり感のでる浅めのチェーンです
  • チェーンには適度な厚みがあり、さすが一流メゾンらしい高級感があります
  • 留め具隣の金具に、Christian Diorcと入っています
  • 留め具のところは閉じると「CD」となります。留め具もきっちり閉まります
  • ヴィンテージ・ディオールネックレス(クリスチャンディオール、1970年代)
  • ヴィンテージ・ディオールネックレス(クリスチャンディオール、1970年代)
  • ヴィンテージ・ディオールネックレス(クリスチャンディオール、1970年代)
  • ヴィンテージ・ディオールネックレス(クリスチャンディオール、1970年代)
  • ヴィンテージ・ディオールネックレス(クリスチャンディオール、1970年代)
  • ヴィンテージ・ディオールネックレス(クリスチャンディオール、1970年代)

上の写真をクリックするとヴィンテージ・ディオールネックレス(クリスチャンディオール、1970年代)の大きな写真が切り替わります。

ヴィンテージ・ディオールネックレス(クリスチャンディオール、1970年代)

[通販価格:税込]:売り切れました。

アンティークエピソード[Antique episode]

ヴィンテージコスチュームジュエリー 「クリスチャン・ディオール(Christian Dior)」

日本でヴィンテージジュエリー、コスチュームジュエリーと言うと、ミリアムハスケルやトリファリのコスチュームを扱っているのでそのイメージが強いかと思います。
しかしフランスでは、VINTAGEといえば、1960-70年代前後に活躍したクチュリエたちのブランドメゾンのものを指します。 
その代表格がシャネル、クリスチャンディオール、イヴサンローラン、ランバン、ピエールカルダン等。
彼らの作ったジュエリーは、フランスでも大変な人気です。
もちろんジュエリーだけでなく、もとがクチュリエブランドですから、彼らのお洋服、バッグ、靴も大人気。
パリで開かれるヴィンテージのイベントはどれも大盛況、注目が集まっています。
世界屈指の一流メゾンChristian Diorの創始者であるクリスチャンディオールは、1905年生まれ。
フランスのノルマンディ地方グランビルで裕福な実業家の家に生まれます。
父親の薦めもあり当初は外交官を志して、フランスの超エリート校であるパリ政治学院に入学します。
しかし在学中に当時、台頭していたシュールレアリスムに魅せられ、友人と画廊を開設。
ダリやコクトーなど多くの芸術家と親交を深めます。
しかしその画廊は1930年代の恐慌に見舞われ失職してしまいます
その後、帽子のデザインスケッチが好評を博したのを機に服飾デザイナーに転向。
1938年にロベール・ピケのメゾンに入り指導を受け、41年にはリュシアン・ルロンの店に入ります。
1946年、木綿王マルセル・ブサックに援助を受け、現在のパリ・モンテーニュ街に「クリスチャン・ディオール」を設立します。
これがクリスチャンディオール・オートクチュールメゾンの始まりです。
1947年 最初のファッションショーを開催。
戦後のファッションの指針を示したディオールは47年から57年までの11年間、パリのオートクチュール界の頂点に君臨します。
ディオールは1957年 わずか53歳の若さで心臓発作により死去。
後継者には彼の右腕として活躍していた若干21歳のイヴ・サンローランが継承したというのは、有名な話ですね。
40過ぎでようやく成功を収めたクリスチャンディオール。
デザイナーとしては遅咲きで、またディオールは大変早死にをしたため、その栄華のときはわずか11年でした。
1947年、クリスチャンディオールを一躍有名にしたのは、当時「ニュールック」と名づけられファッション業界に衝撃を与えた新しいタイプの洋服デザインです。
「丸みを持ったなだらかな肩と細く絞ったウエスト、ペチコートで張らせた床上20pのフルスカート」というファッションは、20世紀前半のファッションと一線を画したものでした。
このディオールのニュールックにより(「ニュールック」という名前は、当時のハーパースバザールの編集長が名づけたもの)、女性のファッションは短いスカート&ビッグショルダーから、やわらかく丸みを帯びた肩と優雅なロングスカートへと変貌を遂げるのです。

ディオールの最盛期に、ディオールの「若き3プリンス」がいました。
若き日のギ・ラロッシュは、1950年代にディオールのメゾンでクチュリエとして働いていました。
また当時のクリスチャンディオールには、イヴサンローラン、ピエールカルダンもおり、この才能あふれる三人のクチュリエたちは「若き3プリンス」と呼ばれていました。

アンティークエピソード集 のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

1回のご注文・配送地1ヶ所につき、送料を740円(税込み/全国一律)を申し受けます。
ただし、1回のご注文金額が21,600円以上(税抜20,000円)の場合には送料を無料とさせていただきます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×