アンティークフィリグリーネックレス(18金ゴールド、ソートワール)

数が圧倒的に少ないゴールドのロングチェーンネックレス 1900年頃のフランス製。
約1メートルの18Kゴールドチェーンネックレス。
アンティークジュエリーがお好きな方はご存知だと思いますが、チェーン(特にゴールドのロングチェーン)は、探すのが困難で大変人気があります。
1900年頃のフランスではこうした18Kのモチーフの凝ったネックレスが作られましたから、こうしたロングチェーンネックレスはアンティークジュエリーとしてはそれなりの定番品ではあるのですが、何といっても需要に対して市場に出回る数が圧倒的に少ないです。
コアなファンの方がいることと、その見つけにくさから、通常のアンティークショップでは、だいたい50万円以上の値段をつけていることが多いです。
30万円以下でご提供できるのは、シェルシュミディがフランスに常時強いパイプを持っており、供給網に自信があるからに他なりません。
ベルエポック期の上品な網目(マーユ)こうしたゴールドのアンティークチェーンのほとんどは、1900年前後のベルエポック期のフランス及びイタリア製です。
細かな金細工に関しては、当時のイギリスよりフランスやイタリアに軍配があがります。
30以上のマーユと呼ばれる網目をひとつずつ、溶接して編んだゴールドネックレス。
網目の上品さも格別で、よく見ると格モチーフにミルグレインが施されています。
ルーペで見ないと良く見えないほど細かな細工を施していたのですから、人間業ではないですよね。
当時の卓越した金職人は、肉眼で見えないほど細かい細工を施すとき、触感を頼りにしていたそうです。
フランスの金の刻印あり。
注:開閉部分がないタイプのネックレスです 。
ロングチェーンなのでそのままかぶりますが、容易に二重にすることもできます。

  • 幅:1000mm 
    高さ:5mm 
    重量:17g
  • 販売価格:売り切れました。

アンティークフィリグリーネックレス(18金ゴールド、ソートワール)

世界にひとつだけの一点もの

  • ロングネックレスは1重にしたり2重にしたり、バリエーションが楽しめます
  • 装着時にチェーンに自然な流れができるのは、昔の手作業によるチェーンのみ
  • こうした網目(マーユ)を30個以上、手作業で繋げているのでモチが良いのです
  • 刻印が押されている大きな輪っ子の部分。開閉はしません
  • 良いチェーンはぐしゃっとしても、縺れません。アンティークならではの触感
  • アンティークフィリグリーネックレス(18金ゴールド、ソートワール)
  • アンティークフィリグリーネックレス(18金ゴールド、ソートワール)
  • アンティークフィリグリーネックレス(18金ゴールド、ソートワール)
  • アンティークフィリグリーネックレス(18金ゴールド、ソートワール)
  • アンティークフィリグリーネックレス(18金ゴールド、ソートワール)
  • アンティークフィリグリーネックレス(18金ゴールド、ソートワール)
  • アンティークフィリグリーネックレス(18金ゴールド、ソートワール)
  • アンティークフィリグリーネックレス(18金ゴールド、ソートワール)

上の写真をクリックするとアンティークフィリグリーネックレス(18金ゴールド、ソートワール)の大きな写真が切り替わります。

アンティークフィリグリーネックレス(18金ゴールド、ソートワール)

[通販価格:税込]:売り切れました。

アンティークエピソード[Antique episode]

アンティークロングチェーンネックレス(ソートワール)

アンティークジュエリーの中でもいつもとても問い合わせを多くアイテムにロングチェーンネックレスがあります。
このような特に150センチを超えてくるようなロングネックレスは、フランス語ではよくソートワール(sautoir)と呼ばれます。
時代や様式によりあらゆるデザインで作られたソートワール。
南仏プロヴァンスでは、ソートワールの「連の多さ」は社会的ステータスを表すと考えられていました。
そしてチェーンに十字架やメダル(メダイヨン)、時には時計を通したのです。
時計を通すときはあらかじめ胸の辺りにそれ用の小さなポケットも作られました。
下記は1900年頃の絵葉書で描かれた「アルルの女性たち」。
当時のソートワールの装いが分かる一枚です。

arlesiennes_postal

アンティークソートワールは金銀やプラチナで作られ、豪華なものにはダイヤモンドや真珠、オパールなどがはさまれたものもあります。
シェルシュミディでもこれまで、金細工が秀逸な王政復古の時代のソートワール、1880-1990年頃のゴールドのフィリグリーのソートワール。
1920年代のアールデコの時代のロングネックレスなどをご紹介してきました。
現代の装いにも1重でロングで使ったり、2重、3重にしたり非常に使い勝手がよくしかもエレガントジュエリーで、いつも出すたびにすぐに売り切れてしまいます。
いつも需要が供給に対して逼迫しているアンティークジュエリーでもっとご紹介したいのですが、ソートワールは相続の時に半分にされてしまったりとオリジナルの長さを保っているものが非常に少なくなってきています。
例えばよくこうしたアンティークチェーンでブレスレットが存在しますが、ブレスレットの場合(はじめからブレスレットとして作られたものもありますが)、2人娘がいた場合に長いネックレスを半分にして、ブレスレットにして相続されたといこともあるようです。

またロングチェーン(ソートワール)に合わせてお揃い作られたのがチェーン留めです。
アンティークチェーンが銀製であれば銀で、18金であれば18金で作られています。
小さなダイヤモンドや真珠などがセットされたチェーン留めも作らました。
モチーフはお花の形や動物、リボンの形をしたものなど様々です。
チェーン留めを色々な場所で留めることで、同じチェーンでも色々な表情を楽しめます。
例えばチェーン留めを下部に持ってきたり、横にもってきたり。
長いチェーンであれば1重にしたり2重にしたりしながら、チェーン留めの位置も変えてあげるといくつモノアレンジでアンティークチェーンを楽しむことができます。
チェーン留めもオリジナルのまま残ったロングチェーンはとても少なくなってきており希少です。

アンティークエピソード集 のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

1回のご注文・配送地1ヶ所につき、送料を740円(税込み/全国一律)を申し受けます。
ただし、1回のご注文金額が21,600円以上(税抜20,000円)の場合には送料を無料とさせていただきます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×