金の刺繍カンティーユの金細工ブレスレット(1820年頃、カラーゴールド、ゴールドメッシュ)

レースのような金の刺繍カンティーユ 1820年頃のフランス製。
糸のような金を細く編みこんだブレスレット。
こんなに細いゴールドの糸をメッシュの状態にしたジュエリーは見たことがございません。
王政復古時代の、洗練のきわみ。
8連の編みからなるブレス部分は、その薄さにまるで「レース」でも身に着けているような錯覚に陥ります。
あまりの繊細さに糸がほずれたりしないかと本気で心配になりますが、そこはゴールドでしっかり編みこまれたものなので、実は非常に堅牢なのです。
何度身に着けても、それがゴールドという硬い金属でできていることを忘れそしてまた思い出し、悦に浸ることになるでしょう。
3色のゴールドと金の刺繍カンティーユ メッシュの部分だけではありません。
この華やかなブレスレットの「すべて」がゴールドだけできているのです。
中心の迫力ある花のモチーフ箇所は、少し黄緑帯びたイエローゴールド、通常のイエローゴールド、ピンク帯びたイエローゴールドの3色のゴールドが巧みに使われています。
ここでまたしてもゴールドだけで出来ているということが頭から抜けてしまうのです。
頭では理解しながらも、感覚として信じられないような表現の豊かさ。
お花の箇所では裏側からゴールドを打ち出すレポゼの技術や「金の刺繍」と呼ばれるカンティーユ、ミルグレイン、エングレーヴィング(彫り)。
金細工のあらゆる、しかもいずれも最高峰の技術がこれだけ一同に介したジュエリーは他にありません。
技術だけでなくその類稀なセンスも傑出しています。
その流れるようなラインはゴールドで書かれた絵のようです、またメッシュや透かしからは彫刻的な空間美も感じさせます。
お花の脇からブレスを開閉ができるようになっていますが、それも目を凝らしてじっくり見ないと気づかないぐらい、巧く出来ています。
こちらのブレスを譲ってくださった現地のディーラーさんから、「同時代の同様の金細工で作られたジュエリー」が掲載された本を見せてもらったのですが、その中でもこうした3色のゴールドが使われたジュエリーは1つもありませんでした。
アンティークジュエリーのカタログにも勝る、珍しい作品。
王政復古はシェルシュミディで力を入れている時代の一つですので、まさに当店を代表するジュエリーになりました。
地金は18金ゴールド。
ブレスの全周は約16センチです(サイズ直し不可)。

  • 高さ:28mm 
    重量:13g
  • 販売価格:売り切れました。

金の刺繍カンティーユの金細工ブレスレット(1820年頃、カラーゴールド、ゴールドメッシュ)

世界にひとつだけの一点もの

  • お花のモチーフ部分が2.2センチx2.6センチ、透かしが入った芸術的な構図です
  • 幅2.8センチとゴージャスですが、メッシュなので案外着ける場所を選びません
  • この左の部分からブレスを開閉できます。細部まで貫徹された美意識の高さ
  • 1つのお花の中で花びらはピンク、その内側は黄緑ととても細かな配分です
  • 原稿を書いているときに気づきましたが、何と裏側にも一部ミルが打たれてます
  • 金の刺繍カンティーユの金細工ブレスレット(1820年頃、カラーゴールド、ゴールドメッシュ)
  • 金の刺繍カンティーユの金細工ブレスレット(1820年頃、カラーゴールド、ゴールドメッシュ)
  • 金の刺繍カンティーユの金細工ブレスレット(1820年頃、カラーゴールド、ゴールドメッシュ)
  • 金の刺繍カンティーユの金細工ブレスレット(1820年頃、カラーゴールド、ゴールドメッシュ)
  • 金の刺繍カンティーユの金細工ブレスレット(1820年頃、カラーゴールド、ゴールドメッシュ)
  • 金の刺繍カンティーユの金細工ブレスレット(1820年頃、カラーゴールド、ゴールドメッシュ)
  • 金の刺繍カンティーユの金細工ブレスレット(1820年頃、カラーゴールド、ゴールドメッシュ)
  • 金の刺繍カンティーユの金細工ブレスレット(1820年頃、カラーゴールド、ゴールドメッシュ)

上の写真をクリックすると金の刺繍カンティーユの金細工ブレスレット(1820年頃、カラーゴールド、ゴールドメッシュ)の大きな写真が切り替わります。

金の刺繍カンティーユの金細工ブレスレット(1820年頃、カラーゴールド、ゴールドメッシュ)

[通販価格:税込]:売り切れました。

アンティークエピソード[Antique episode]

アンティークジュエリーの金細工「カンティーユ」「レポゼ」

アンティークジュエリーの大きな醍醐味の一つはやはりその手の込んだ繊細な金細工の数々でしょう。
あまりに緻密な細工であるため、時として肉眼では見切れないほどの細かさです。
肉眼で見切れないほどの金細工を当時、どのようにして職人さんは製作していたのでしょう?
それは手の感覚だったと言います。
熟練した職人さんは最後は手の感覚で、金細工を仕上げていったと言います。
さて金細工といっても色々な種類がありますが、アンティークジュエリーに見られる細工を大まかにご紹介しますと。
まずはフィリグリー(金や銀を糸のように細くして縒って模様をつくる金細工)、レポゼ(打ち出しの技法、金を表面から装飾するのではなく、裏面から打ち出すことで模様を作っていく方法)、カンティーユ技法(細い金線を蝋付けしく技法、線条細工)、グラニュレーション(粒金細工)があります。
今回は「カンティーユ」と「レポゼ」について、詳しくご説明します。 

カンティーユ技法 カンティーユ(Cannetille)とは「金の刺繍」と言う意味で、細かい金の粒で装飾する技法のことです。
小さな金の粒を、一粒ごと熱をかけて留めてゆく、アンティークジュエリーで使われた金細工の中でも特に繊細な技法です。
金という素材が今以上に希少であった時代に少ない金で見栄えのある作品を作るために使われた手法です。
フランスでは19世紀初頭の王政復古の時代のジュエリー、イギリスでも同時期のジョージアンの時代に見ることが多い技法です。
下記は当店で販売済みのフランス王政復古の時代のカンティーユのブレスレットです。

金の刺繍カンティーユの金細工ブレスレット(1820年頃、カラーゴールド、ゴールドメッシュ)

美しく特徴的な金細工ですのでとても探されていますが、カンティーユ技法の用いられたアンティークジュエリーはフィリグリー細工以上に数が少ないです。

レポゼ
レポゼとは金細工の一種で、「打出し技法」、レリーフ状に打ち出す鍛金技術のことです。
古典的な打ち出しの技法で、もっとも古い金属加工法のひとつと言われています。
元々は古代メソポタミア文明の宝飾品にその歴史は遡ります。
後にレポゼを復活させて有名になったのが、あのカステラーニ一族です。
まずへこみ台にあて、地金裏面を矢坊主で叩き出します。
それから表面もヤニ台に当て、鏨で細工することで、まるで鋳型を取って裏抜きしたような肉盛りされたようなボリュームが出ます。
立体的にすることでボリュームがあるように見えるので、金が現在以上に貴重であった昔に使われた技法です。

アンティークエピソード集 のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

1回のご注文・配送地1ヶ所につき、送料を740円(税込み/全国一律)を申し受けます。
ただし、1回のご注文金額が21,600円以上(税抜20,000円)の場合には送料を無料とさせていただきます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×