オールドカットダイヤモンドブレスレット(60石、バングル、19世紀)

総計60石、圧巻のオールドダイヤモンド 19世紀のフランス製。
合計60石ほどの見事なオールドカットダイヤモンドを一面にセットした、ゴージャスなバングルブレスレット。
中心の直径4ミリ強のダイヤモンドをはじめ、どれも透明度に優れた、力のあるダイヤモンドを使っています。
ダイヤモンドの威力を感じさせるブレスです。
良く見ると一つ一つのダイヤモンドの奥行きや形が微妙に異なります。
天然の貴重なダイヤモンドをそれぞれ大事に手でカットした味わいがあります。
どのダイヤモンドも通常のジュエリーでは、主役を張れるレベルの素晴らしいダイヤモンドの集まりです。
豪華なのに嫌味にならないアンティークジュエリー これほど豪華にダイヤモンドを使ったジュエリーは、現代モノですと「いかにも」といった感じが出てしまいがちです。
こうした年月を経たダイヤモンドジュエリーの良いところは、ダイヤモンドが台座に深く入り、大きさの割りに控えめな印象を与える点。
(でも良く見るととても良いものであるということが伝わるところがポイントです)。
まだダイヤモンドを埋めこんでいるホワイトの地金は銀で、年月を経た程よい落ち着きを与えてくれます。
ここぞという時に使えます。
家族で代々伝えていっていただきたいダイヤモンドジュエリーです。
他の地金部分は18Kゴールド。
バングルの内寸は17-17.5センチ(サイズ直し不可)。

  • 幅:67mm 
    高さ:26mm 
    重量:38g
  • 販売価格:売り切れました。

オールドカットダイヤモンドブレスレット(60石、バングル、19世紀)

世界にひとつだけの一点もの

  • モチーフ部分は横幅7.5センチにも及び、手にしたときは一面ダイヤモンド尽くし
  • 高貴なデザインですが銀が入ったバングルなので意外にカジュアルにも向きます
  • 現在のブリリアントカットよりテーブルが大きい独特なオールドカットが素敵です
  • 銀も金も厚みがあり、重量38グラムと確かな重みがあります
  • 昔からの留め具もキッチリ留まり、さらにセキュリティーチェーンがついてます
  • オールドカットダイヤモンドブレスレット(60石、バングル、19世紀)
  • オールドカットダイヤモンドブレスレット(60石、バングル、19世紀)
  • オールドカットダイヤモンドブレスレット(60石、バングル、19世紀)
  • オールドカットダイヤモンドブレスレット(60石、バングル、19世紀)
  • オールドカットダイヤモンドブレスレット(60石、バングル、19世紀)
  • オールドカットダイヤモンドブレスレット(60石、バングル、19世紀)
  • オールドカットダイヤモンドブレスレット(60石、バングル、19世紀)

上の写真をクリックするとオールドカットダイヤモンドブレスレット(60石、バングル、19世紀)の大きな写真が切り替わります。

オールドカットダイヤモンドブレスレット(60石、バングル、19世紀)

[通販価格:税込]:売り切れました。

アンティークエピソード[Antique episode]

アンティークジュエリーのバングル

バングルとは本来、金、銀、ガラスなどで作られた飾り輪、腕輪のこと(足首飾りも含む)を指していました。
ですが今ではブレスレットのように手首にはめるジュエリー(=バングルブレスレット)というい意味で使う方が多いです。
バングルは西欧では、古くから好まれてきたジュエリーのひとつです。
フランスのアンティークジュエリーでは、古くから銀製やゴールド製のバングルが多く作られました。
アンティークバングルで特によく見る宝石はガーネットです。
全周にガーネットが敷き詰められたものもありますし、表から見える約半分に敷き詰められたものがあります。
珍しいアンティークバングルとしては、象牙などが使われたものもあります。
バングルは構造上どうしても留め具の部分に負荷がかかりますから、「耐久性」の面からも特にアンティークジュエリーでお探しになることをお薦めいたします。
ハンドメイドで作りこまれているため、現代ジュエリーでは壊れがちな留め具部分も100年以上たってもパチンときっちり閉まることが多いのです。
また万が一修理が必要な場合にも、アンティークバングルの場合には可能なことがほとんどです。
(現代のジュエリーは鋳型で作っているため、部分的に修理を施すと言うことが難しいです)。
大事に使っていただけたら何年も何十年も使い続けることができます。

ところで腕時計やバングルの長さについて、手首の長さに対してどれぐらいの尺のものが良いかお悩みになる方も多いようです。
時計の場合、手首の太さ(時計を着けられたいと思ってらっしゃる場所をメジャーで計ってみてください)からプラス1-1.5センチに調整することが多いです。
この場合は余裕はそれほど出ない状態でわりとピッタリとした装着感になります。
少し大きめに着けられたいときはプラス2センチ程などでも良いです。
またブレスやバングルの場合は、一般的に腕時計よりもう少し遊びが出たほうが綺麗ですので、もう少し大きめのものを着けると良いでしょう。

アンティークエピソード集 のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

1回のご注文・配送地1ヶ所につき、送料を740円(税込み/全国一律)を申し受けます。
ただし、1回のご注文金額が21,600円以上(税抜20,000円)の場合には送料を無料とさせていただきます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×